京都・洛南

2017.10.15

京都・洛南 そうだ京都、行こう2017・秋 ~東寺~

Index_01

今年の「そうだ京都、行こう」の秋のキャンペーンが始まっています。今回選ばれたのは東寺、2011年の春以来6回目になるのかな。以前の5回は春、初夏、冬に選ばれており、秋は初めてです。私もちょっと意外で、東寺って紅葉の名所だったかしらんと首をひねっているところです。もっとも、私が秋に行ったことが無いだけで、もみじは確かに多いですから、きっと綺麗な紅葉が見られるのでしょう。ただ、ポスターの様な光景が見られるかどうかは良く判らないのですけどね。

それにしても、以前に比べると「そうだ京都、行こう」のキャンペーンが減っていますね。前は初夏や夏、更には冬にまであったのに、今年は春と秋だけです。それだけ需要が減っているのかな。それとも、余りにも混みすぎて敬遠されているのだったりして。なにしろどこに行っても外国語が氾濫しており、ここはどこの国かと思う事がしばしばですからね。京都観光も曲がり角を迎えているのかも知れません。

それはともかく、東寺の紅葉は一度見に行きたいと思っています。市内の、それも南部ですから、きっとタイミングは遅いのでしょうね。たぶん、11月末から12月初めにかけてでしょうか。境内はとても広いので、それほど混み合う事は無いと思うのは甘いかな。

東寺に行かれるなら、紅葉を見るだけでなく、ぜひ拝観もされる事をお勧めします。特に講堂の立体曼荼羅は必見、国宝だらけの仏像群に圧倒される事は疑いないです。拝観料は800円と少し高めですが、それだけの値打ちがある事は間違いないですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.10.08

京都・洛南 御香宮神幸祭2017

Gokounomiya1710081

平成29年10月8日、伏見にある御香宮神社の神幸祭が行われました。この神幸祭は毎年10月の初旬に9日間に渡って行われる大規模なもので、洛南の大祭とも呼ばれています。

Gokounomiya1710085

元は徳川秀忠が千姫の誕生を祝して奉納した神輿を担いで氏子の町内を回るのが本来の姿でした。この神輿は日本で最も重いとも言われるもので、総重量は2トンを超すという巨大なものです。ただ、あまりにも重すぎて運用が難しくなり、昭和37年より2基の神輿を新調し、千姫神輿に代えて運行される様になりました。

Gokounomiya1710082

昭和61年にはさらにもう一基が追加され、現在では3班体制で運営されています。この3基の神輿が時間差を付けて氏子域を回るのですが、大手町だけでなく向島や六地蔵を含む伏見九郷という広大な地域をカバーするのですから大変です。朝九時に出かけて帰ってくるのが夜の七時だそうですから、その苦労の程も知れるというものですね。

Gokounomiya1710083

実は私はまだ見たことが無いのですが、この神輿を先導する獅子舞が居るのだそうです。文政四年に時の伏見奉行から奉納されたものだそうですが、これも相当に巨大なものだそうですね。どういうタイミングで行けば見られるのか判らないのですが、一度は見ておきたいものです。

Gokounomiya1710086

神輿の渡御で見せ場となるのが神輿振りです。神輿を振ることによって神の神威を高め、豊作を祈るという意味があるそうですが、担ぎ手にとっても心意気を示す場面でしょうね。この神輿の場合は道中で5カ所で行うという説明がありましたが、それに先立ち拝殿でも行われました。その様子を動画にてご覧下さい。

見ていて気づくのは先棒を担いでいる人は、次々と入れ替わっている事ですね。どこの神輿でも同じなのですが、やはり先棒を担ぐ人は負担がそれだけ大きいという事なのでしょうか。次に表門前で行われた神輿振りをご覧下さい。

こちらは万歳の姿勢で神輿を揺らすというもので、見た目はこちらの方が大変そうです。でも、力は均等に掛かっている様なので、先棒だけがきつくなるという事はなさそうにも見えます。まあ、こちらは見ているだけですから、好きな事が言えるのですけどね。

今年は今日で終わりですが、来年は初日と八日目の夜に行われる花傘の総参宮や、獅子舞なども見てみたいです。ただ、以前はホームページにあった予定表が無くなったのが残念かな。やっぱり何があるか判らないと不便なので、ぜひ復活させて欲しいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.08.06

京都・洛南 蓮2017 ~東寺 8.5~

Touji1708061

大きな台風が近づいていますね。先日来各地で大雨による災害が出ていますが、これ以上被害が広がらないように祈るばかりです。

さて、平成29年8月5日の京都は、その台風の影響もあってか朝から不安定な天気でした。真夏の日差しになったかと思えばにわか雨が降ってきたりと、クルクル変わる天気に振り回された気分でした。

Touji1708062

そんな日に訪れたのは東寺、蓮の花を見るためです。ここは比較的見頃が遅いのですが、今年も8月に入ってからも見頃が続いていました。

Touji1708063

ここでは一重と八重の蓮を見る事が出来ます。南側には一重が多く、北側の堀には八重が多く咲いています。

Touji1708066

少し面白いと思ったのは枝垂れ柳とのコラボレーションで、ありそうでなかなか無いですね。柳の緑のおかげで、少しは涼しく見えません事。

Touji1708065

でも、さすがに盛りは過ぎつつあり、つぼみの数はそう多くは残っていなかったです。まだ暫くは咲き続けるでしょうけど、見に行こうと思われるのなら早めに行かれる事をお勧めします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.02

京都・洛南 紫陽花2017 ~藤森神社 7.1~

Fujinomorijinjya1707031

平成29年7月1日の藤森神社です。この日は紫陽花が見頃を迎えていました。

Fujinomorijinjya1707032

藤森神社の紫陽花苑は、延べ1500坪の敷地に3500株の紫陽花が植えられています。紫陽花苑は大きく二つに別れており、南の正面の鳥居側にあるのが第一紫陽花苑、本殿の背後にあるのが第二紫陽花苑です。

Fujinomorijinjya1707033

拝観料は200円と格安ですね。これで維持できるのかと思ってしまいますが、足らない分は神社の努力で補っておられるのでしょう。

Fujinomorijinjya1707035

この日は第一紫陽花苑の方はまずまずの見頃でしたが、第二紫陽花苑の方はあまり咲いておらず、残念でした。この違いはなんでしょう、日当たり具合とかから来るものなのかしらん。

Fujinomorijinjya1707036

今年の紫陽花苑の公開は今日まででした。開花が例年より遅かったらしく、まだまだ見頃なのに勿体ない気がしますが、そもそも6月の行事なので仕方がないのでしょう。また来年、綺麗な花を見に来たいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.24

京都・洛南 クリスマスイルミネーション ~京セラ本社~

Kyosera1612241

今日はクリスマスイブ、それに相応しいイルミネーションをお届けします。それが京セラ本社イルミネーション、本社ビル前に植えられたケヤキ並木が青く輝き、本社ビルが巨大なツリーに変身しています。

Kyosera1612242

このイルミネーションが始められたのは1998年との事ですから、今年で18年目を迎える訳ですね。少し交通の便が悪いので訪れたのは初めてですが、もっと早く来ておけば良かったです。

Kyosera1612243

高速道路に面しているのでもっと喧しいかと思っていたのですがそんな事はなく、静かな音楽が心地よい空間でした。

Kyosera1612245

出来ればビルの上から見られれば良かったのだけれど、それはセキュリティ上無理なのでしょうね。ビルの前にはいくつか銅像が置かれていて、これは風の又三郎とありました。

Kyosera1612246

駅から少し遠く、わざわざ行く価値があるかというと難しいところなのですが、たどり着いた時は感激する事請け合いですよ。イルミネーションは明日までなので、興味のある方はお出かけ下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.12

京都・洛南 蓮2016 ~東寺 7.10~

Touji1607121

平成28年7月10日の東寺です。この日は蓮が満開になっていました。

Touji1607122

いつもは東門から入るのですが、この日は南大門から入ってみました。正面に見えるのは金堂、東寺の本堂ですね。安土桃山時代の再建で、屋根の中央の切り上げが印象的です。東寺における数多くの国宝の一つです。

Touji1607123

蓮が咲いているのは、宝蔵を取り巻く堀の中です。ほとんど水面も見えないほど蓮が茂った中に、一面に蓮が咲いている様は、一見の価値ありですよ。

Touji1607125

咲いているのは八重が多いですが、一重も咲いています。まだつぼみも沢山あったので、もう暫くは楽しめると思いますよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016.06.13

京都・洛南 紫陽花2016 ~藤森神社 6.11~

Fujinomorijinjya1606131

藤森神社で紫陽花苑の公開が始まっています。6月2日からの開苑だったそうですから、かなり早いですね。

Fujinomorijinjya1606132

藤森神社には二つの紫陽花苑があり、参道沿いにあるのが第一紫陽花苑です。この日は第一紫陽花苑の方が見頃となっていました。

Fujinomorijinjya1606133

咲き具合はこんな感じで、なかなかのものです。ここの紫陽花は良く育っており、花に埋もれる様な感覚で歩く事になります。難点はヤブ蚊が多い事で、虫除けスプレーは必須ですね。

Fujinomorijinjya1606135

第二紫陽花苑は本殿の裏手にあるのですが、少し寂しい感じの咲き方でした。こちらは盛りまではもう少し掛かるのかな。

Fujinomorijinjya1606136

公開の期間は、今後の開花状況によって決まるそうです。暫くは大丈夫でしょうけど、第一紫陽花苑の咲き方からすると、案外早く終わるかも知れません。見に行かれる方は、少し早めに出かけられた方が良いかも、です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016.05.24

京都・洛南 紫陽花名所案内 ~藤森神社~

Fujinomorijinjya1605261

京都市内の紫陽花名所として、まず名前が挙がるのが藤森神社でしょうか。参道沿いの第一紫陽花苑と本殿裏側の第二紫陽花苑からなり、約3500株の紫陽花が出迎えてくれます(写真は全て昨年撮影したものです)。

Fujinomorijinjya1605262

これは第二紫陽花苑の様子で、元は笹藪だったところだそうです。昭和63年に藪を切り開いて紫陽花苑として整備されたそうで、28年の歳月を経て見事な紫陽花苑となりました。

Fujinomorijinjya1605263

紫陽花苑が開かれるのは6月に入ってからで、詳細はまだホームページにも出ていませんね。暫くは様子見なのかしらん。見頃はたぶん6月中頃で、紫陽花祭りとして併せて行われる奉納行事も見所ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.14

京都・洛南 蓮2015 ~東寺 8.14~

Touji1508151

平成27年8月14日の東寺です。今日はまだ蓮が見頃を保っていました。

Touji1508152

今年は蓮も早くから咲き出したところが多く、東寺も終わっているかと思っていたのですが、まだ残っていましたね。

Touji1508153

花は北側の堀に多く残り、南側に行くほど終わっていました。これって、品種の違いから来ているのかしらん。それとも日当たりの加減なのかな。

Touji1508155

東寺の蓮はまだ綺麗だったけれど、そろそろ終盤と言って良いでしょうね。まだ見ていない人は、急がれた方が良いかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.22

京都・洛南 紫陽花2015 ~藤森神社 6.20~

Fujinomorijinjya1506221

先日紹介した藤森神社で、紫陽花が見頃を迎えています。今年はどの花も進行が早いので見頃は過ぎたかなと思っていたのですが、そんな事は無かったですね。

Fujinomorijinjya1506222

ただ、花数はそんなに多いとは言えず、それなりの咲き方だったのは少し残念かな。一面に咲き乱れた様子を期待していくと、裏切られる事になります。花そのものは状態がとても良く、美しかったですけどね。

Fujinomorijinjya1506223

紫陽花苑は第一と第二に別れており、300円の拝観料で両方を見る事が出来ます。この日は前日にテレビで紹介された事もあってか、かなりの人出で賑わっていました。観光バスで団体客も来ていましたね。

Fujinomorijinjya1506225

テレビで聞いた話に依ると、出来たのは昭和63年の事で、京都市内の紫陽花苑としては最も古いのだとか。本殿裏の第二紫陽花苑は元は笹藪で立ち入る事が出来ない場所だったそうですが、そこを切り開いて整備されたのだそうです。最近整備された真如堂の紫陽花園の経緯と少し似ていますね。

Fujinomorijinjya1506226

藤森神社では6月28日まで紫陽花祭りとして、週末ごとに奉納が行われます。この日は京都居合道会による居合道の奉納が行われていました。真剣で物を切るところは初めて見たのですが、日本刀と言うのは凄い切れ味ですね。昔の人はよくもまああんな物を持って立ち会いが出来たものだと思います。私だったら、間違いなく一目散に逃げますよ。

最後は日本でも数人しか出来ないという10本切りという大技も見せて頂き、貴重な体験をさせて頂きました。メインは紫陽花だったけれど、奉納演舞でも満足させてもらったひとときでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)