京都・洛西

2018.10.01

京都・洛西 彼岸花2018 ~嵯峨野 9.22~

Sagano1810011

雨続きだった今年の9月にあって、久しぶりに秋晴れとなった9月22日の嵯峨野です。この日は彼岸花が見頃を迎えていました。

Sagano1810012

この赤い花には青空が良く似合いますね。花も久しぶりに日の光を浴びて伸びをしているかの様です。

Sagano1810013

雨風のせいでしょうか、稲が倒れている田がいくつもありました。こうなってしまっては、機械刈りは無理なのでしょうね。手で刈り取るとなると大変なんだろうな。なお、真ん中で飛んでいる鳥の様なものは、鷹の形をした空飛ぶ案山子です。

Sagano1810015

稲刈りの終わったあぜ道では、雑草に負けず彼岸花が群落となって咲いていました。市内の社寺ではせっかく植えた彼岸花が何年かすると消えてしまう事もあるのですが、野外では旺盛な繁殖力を見せます。これって、何が違うのでしょうね。ここで生きてきた年季が違うという事なのかしらん。

Sagano1810016

写真を撮っていると、道行く親子が線香花火みたいな花だねと話しながら歩いて行きました。なるほど、言われてみれば、確かにそう見えなくもないですね。秋に灯された、少し儚げな花火かな。ちょっと大きいですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.04

京都・洛西 9月の京都 ~彼岸花 嵯峨野~

Sagano1809051

京都の彼岸花の名所として大原と並ぶのが嵯峨野歴史的風土特別保存地区です。位置としては広沢池と大沢池の間になり、昔ながらの田園風景の中に咲く彼岸花を見る事が出来ます。彼岸花は地区内の至る所で咲いていますが、どちらかと言えば大沢池に近いほど多いかな。

交通手段としてはやはりバスになります。大覚寺前から大沢池の裏側を通って行けば、10分程で田園風景の中に出る事が出来ます。後は足の向くままに歩いて行けば、そこかしこで彼岸花を見る事が出来ます。秋の野道をのんびりと歩いて回るのも良いものですよ。

あるいはレンタサイクルを借りて行くのも一つの手です。嵐電の嵐山駅にあるらんぷらレンタサイクルなら2時間まで500円で借りる事が出来ます。2時間もあれば、広い特別保存地区でも楽に一周出来ますよ。

ここも年によって見頃の時期が前後しますが、やはり彼岸前後が一番多いかな。稲刈りの遅い年には、黄色く染まった田園風景の中に、赤い彼岸花の列を見る事が出来ます。これぞ日本の秋という様な景色が素敵ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.27

京都・洛西 愛宕古道街道灯し2018

Kaidoutomosi1808271

化野念仏寺の千灯供養に合わせる様にして行われるのが愛宕古道街道灯しです。1996年に始まった行事で、鳥居本の地蔵盆の一環として行われているそうです。

Kaidoutomosi1808272

灯籠を作っているのは京都嵯峨芸術大学の学生と、地元の小学生たちです。手作り感満載ながら、地元ならではの題材ばかりで、嵯峨野の夜を美しく彩っています。

Kaidoutomosi1808273

このあたりは京都嵯峨芸術大学製かな。師走の嵐山花灯路にも似たような灯籠が飾られていますよね。未来の芸術家たちが作った灯りです。

Kaidoutomosi1808275

こちらはたぶん小学生が作った灯籠なのでしょう。大文字や渡月橋など、地元の子供たちが選んだ絵柄が並びます。

Kaidoutomosi1808276

街道灯しは千灯供養の参拝者の足下を照らす意味もあるのでしょうね、この灯りのおかげで念仏寺への行き帰りが明るくなって有り難いです。

道ばたからは虫の声も聞こえ、季節の移り変わりを感じた一時でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.25

京都・洛西 化野念仏寺 千灯供養2018

Adasinonenbutuji1808251

平成30年8月24日、化野念仏寺で千灯供養が行われました。京都の夏に終わりを告げる行事の一つです。

Adasinonenbutuji1808252

化野念仏寺に祀られたおびただしい石仏は、かつてこの地で風葬にされた人たちを弔うためのものでした。いつしかそれが地に埋もれてしまっていたのですが、明治の中頃に念仏寺の境内に集められ、現在の様な姿になったとされます。

Adasinonenbutuji1808253

千灯供養は、そんな無縁仏を供養するために、寺の信者や地元の人々によって始められたもので、次第に広く知られる様になり、より多くの人々を集める様になりました。

Adasinonenbutuji1808255

そして今では外国人向けのガイドブックにも取り上げられているのでしょうね、こうした外国の方々の姿も見られます。宗教は違っていても、亡くなった人たちを弔う気持ちには変わりは無いという事かな。

Adasinonenbutuji1808256

千灯供養は毎年8月23日と24日に行われます。丁度地蔵盆の時期と重なっており、地元の子供たちにとっては行事の一部なのでしょうか、次々にロウソクを供えては拝んでいる姿が印象的でした。

Adasinonenbutuji1808257

今年は平日で、かつ台風の影響もあってか、例年よりも参拝者の数が少なめでした。その減った分のロウソクを地元の有志や子供たちが埋めていた形でしたね。来年は土曜日に重なるため、もっと多くの人出がある事でしょう。

無縁仏を弔う灯りが美しい景色を現出する、静かな洛西の風物詩です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.07.13

京都・洛西 大映通り商店街

Daieidori1807021

太秦広隆寺駅から西に延びる道に大映通りがあります。かつてこの付近にあった大映京都撮影所にちなんだ通り名です。

Daieidori1807022

大映通りは三条通りに並行して通る道で、嵐電の駅で言えば太秦広隆寺駅と帷子ノ辻駅の間を繋いでいます。元はと言えば、毎月5日、15日、26日に夜店が出る夜店通りと呼ばれていたのですが、その後様々な商店が出店するに及び、大映通り商店街が形成されたのでした。

Daieidori1807023

2013年には、通りのシンボルとして大魔神像が置かれました。大魔神と言っても知っているのは私の世代以上の人でしょうけど、昭和41年に公開されて大ヒットした映画の主人公で、普段は穏やかな顔をした土の魔神が、ひとたび怒り出すと憤怒の表情に変わり、悪人を退治するというストーリーでした。今風に言うとゴーレームの様なものかしらん。

Daieidori1807025

この通りを歩いてすぐに気がつくのが、道の両端に描かれた白黒の破線と、規則的に敷かれた石積みの横線です。つまりは道そのものが映画フィルムになっているのですね。大映の撮影所は既にありませんが、近くには東映太秦映画村があり、映画好きの人は一緒に訪れてみるのも一興ですよ。商店街としても色々な店があるし、中には映画関係の店もありますからね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.07.04

京都・洛西 弥勒菩薩半跏思惟像の寺 ~広隆寺~

Kouryuji1807031

広隆寺は603年に創建されたという、京都最古の寺です。嵐電にも太秦広隆寺という駅があり、門前に嵐電が通る事でも知られます。私も一日一鉄を真似して撮ってみましたが、難しいものですね。撮り鉄としてはまるで駄目です。

Kouryuji1807032

広隆寺を建てたのは秦河勝。大陸から渡来し、このあたり一帯を支配していた秦氏の出身ですね。太秦という珍しい地名も秦氏に由来します。

Kouryuji1807033

広隆寺は、秦河勝が聖徳太子から仏像を賜って建てたとされます。その仏像が弥勒菩薩半跏思惟像。彫刻としては国宝第一号で、教科書にも載っていたので知っている人も多いことでしょう。

Kouryuji1807035

細身の美しい仏様で、物思いに耽っている様な姿はいつまで見ていても飽きる事はありません。宝物殿には他にも沢山の優れた仏像が展示されているのですが、弥勒菩薩半跏思惟像は別格ですね。

Kouryuji1807036

ここに来るのは学生時代以来2度目なのですが、まるで覚えていませんでした。そもそもこんなに広かったかしらん。弥勒菩薩半跏思惟像だけが目当てだったから、他は目に入らなかったのかな。でも、変わらぬ美しさを持った仏様に再会出来て、幸せなひとときでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.07.03

京都・洛西 沙羅の花2018 ~鹿王院~

Rokuouin1807031

嵐電で嵐山駅の二つ手前に鹿王院駅があります。その名の通り、臨済宗の古刹、鹿王院がある駅です。

Rokuouin1807032

鹿王院は足利義満が自らの長寿を願って建てた寺。現世利益を願って建てた寺というのは、ちょっと珍しいんじゃないかしらん。

Rokuouin1807033

鹿王院は、知る人ぞ知る沙羅の寺。沙羅の木は庭の奥にあるのですが、この日は客殿の廊下に、水盆に落花が入れて置いてありました。

Rokuouin1807035

沙羅の花とはつまりは夏椿の事で、本物の沙羅の花とは違います。しかし、インドの沙羅の木は日本では育たないので、葉が似ている夏椿を沙羅に見立てたと言われます。あるいは、一日で散ってしまうので、諸行無常の風情を持つからだとも。

Rokuouin1807036

まだそれほど痛んでいない花が、地面一面に散らばった様子は、確かに諸行無常を感じさせますね。平家物語の一節もさもあらんという気がしてきます。この季節ならではの景色ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.13

京都イルミネーション情報 ~ローム~

Rohme1712101

京都市内で最も有名で、大規模なイルミネーションと言えばロームのイルミネーションでしょうか。一時期の中断を挟みながらも1995年から続くこのイベントは、すっかり京都の風物詩となっています。

そのイルミネーションで象徴的なのが、佐井通のメタサコイア並木です。まだ枯れきっていないメタセコイアがライトアップされる様は、幻想的ですらありますよ。ただ、今年はもしかしたら既に葉が散っているかもしれませんね。

イルミネーションは中堂寺南通や名倉公園でも行われており、芝生広場では光のアンサンブルとして、立体的に動く様に見えるイルミネーションが施されています。また、土日祝日にはホリデーイベントとして、アカペラショーやパフォーマンスショーが行われます。このホリデーイベントは昨年から実施される様になったのですが、人出が一気に増えて大変賑わう様になりました。子供連れには特に人気がある様ですね。

難を言えば交通の便が少し悪いことで、市バスに頼るほかない事かな。バス停の西大路五条から歩いて5分程度ですが、市内中心部からだと意外とバスの路線や本数が限られてしまいます。いっそ京都駅に出て、そこから乗り換えた方が早いかもしれません。

ロームのイルミネーションは12月25日までです。イベントの詳細等はロームのホームページにてご確認下さい。

位置図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.04

京都・洛西 紅葉コレクション ~仁和寺~

Ninnaji1711011

(写真は平成27年11月21日撮影)

仁和寺は御室の名で知られる真言宗御室派の総本山です。創建は仁和4年(888年)の事で、元号から取って仁和寺と名付けられました。開基は宇多天皇で、その出家後に御室と称した一坊に住まわれた事から、御室御所の別称があります。

Ninnaji1711012

代々の門跡寺院であり、金堂などの諸堂とは別に御殿と呼ばれる一群の建物を持つことが特徴で、かつての寝殿造を彷彿とさせてくれます。中でも見事なのは宸殿から見た北庭で、池の向こうに築山と茶室、さらにその背後に五重塔を配した景色は素晴らしいの一言です。また、春の御室桜でも有名ですよね。

Ninnaji1711013

紅葉は境内一円で見ることが出来ます。見頃になるのは11月中頃から下旬にかけてでしょうか。見所は金堂に向かう階段付近、五重塔周辺などで、拝観料が要らない事がうれしいですね。また、御殿の中も紅葉を見ることが出来ますが、こちらは500円の拝観料が必要となります。


アクセス

市バスまたはJRバス 御室仁和寺すぐ

京福電鉄 御室仁和寺駅 徒歩3分


位置図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.07.08

京都・洛西 蓮2017 ~天龍寺 7.1~

Tenryuji1707071

平成29年7月1日の天龍寺です。この日は蓮が咲き始めたところでした。

Tenryuji1707072

実を申せば、本当に行きたかったのは沙羅の花が散る鹿王院でした。ところが、うっかり車内アナウンスを聞き逃してしまい、気がついた時は終点の嵐山に着いた後でした。我ながらつまらぬミスをしたものです。

Tenryuji1707073

そこで急遽予定を変更して、天龍寺の放生池に来て見たのですが、さすがに午後遅くになっていたため、ほとんどの花は閉じてしまっていました。それでも何も無いよりかは、遙かにましでしたけどね。

Tenryuji1707075

蓮の花は4日で散ると聞きます。そのうち、2日目の花は午前中に咲き、昼過ぎには閉じてしまうそうですが、この花などはまさにそれでしょうか。この日の蓮はほとんどがそうだったので、たぶん二日前に咲き出したばかりだったのでしょう。

Tenryuji1707076

天龍寺の蓮はまだまだこれからです。放生池一杯に咲き揃った景色を、また見に行きたいものですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧