京都・洛中

2018.12.18

京都・洛中 イルミネーションが無くなりました ~セントアンドリュース教会~

St_andrews_1612181

京都ホテルオークラの次は、三条御幸町下がるのセントアンドリュース教会に来るというのが例年の流れでした。で、実際に来てみたら、あれ、イルミネーションが無いよ。

St_andrews_1612183

毎年この時期にはきらびやかに飾れていたのに、いったいどうしちゃったんでしょうね。経費削減なのかしらん。肩すかしをくらった気分でしたが、ないものは仕方が無い。まあ、大きなクリスマスツリーは飾られており、とりあえずの季節感は感じられたので次に向かう事にします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018.12.17

京都・洛中 クリスマスイルミネーション2018 ~京都ホテルオークラ~

Kyotohotelokura1812171

気がつけば12月も半ばとなり、クリスマスイブまであと一週間となりました。京都の町もイルミネーションで飾られ、華やかさを増しています。そんな中で今年最初に訪れたのがホテル京都オークラ。毎年この時期にはホテル周辺が綺麗に彩られています。

Kyotohotelokura1812172

中でも半地下に植えられたこの木のイルミネーションは人気があるようですね。時間と共に青、白、緑、赤と色彩が変わって行き、美しい姿を見せてくれます。

Kyotohotelokura1812173

ちょっと寂しいのは数年前まであった巨大ツリーが無い事で、どうして止めてしまったのでしょうね。経費削減なのか、あるいは安全対策なのか、ちょっとした名物だったのに残念な事です。

Kyotohotelokura1812175

半地下を見下ろす手すりには、小型のツリーが置かれています。周囲を飾る青いLEDと中央の黄色いランタンの対比が、冬の冷たさの中に暖かさを感じさせてくれて良い感じですね。

Kyotohotelokura1812176

この館外のイルミネーションは2月14日まで見る事ができます。またクリスマス当日は、ロビーでコンサートを見る事も出来るそうですよ。無料というのがありがたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.15

京都・洛中 京都紅葉事情2018 ~北野天満宮 12.8~

Kitanotenmangu1812151

今年の紅葉巡りも今回でおしまい、掉尾を飾るのは北野天満宮です。

Kitanotenmangu1812152

北野天満宮のもみじ苑の公開は、当初は12月2日までの予定だったのですが、紅葉が思ったほど進まなかったのか途中から9日まで延長されました。私が訪れたのは最終日の前日だった事になりますが、まずまずの見頃でした。

Kitanotenmangu1812153

ここはライトアップも行われるのですが、日中の拝観は午後四時でいったん打ち切られる様です。その後日没と共に再開され、午後八時までの公開という変則的な入場方式が取られています。それを利用して四時過ぎまで粘って撮ったのこの写真。この鶯橋は人気の場所で、常に橋の上に人が居るのですよ。そこで四時を回るまで待って、誰も来なくなったところを狙って撮ってきました。

Kitanotenmangu1812155

色合いはオレンジ色であまり良いとは言えないですね。でも、ここは毎年大体こんなもの、御土居の上には赤く色付いたもみじもあります。赤いもみじと本殿とのからみを狙うなら、もう少し早く来るべきだったのかも知れませんね。

Kitanotenmangu1812156

今年は夏の異常な暑さや9月の台風など、紅葉にとってはあまり良くない年かと思われていました。でも、終わってみればそれなりに悪くない年でした。最高とまでは言えませんけど、まずまず綺麗な紅葉を楽しませて頂きました。紅葉は何が幸いして何が災いするのかは良く判りませんね。来年は平穏に秋を迎え、また美しい紅葉に出会えたらと願っているところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.12.14

京都・洛中 京都紅葉事情2018 ~御霊神社 12.8~

Goryoujinjya18201

相国寺から北へ移動して御霊神社へやって来ました。ここでは紅葉がまさに見頃となっていました。

Goryoujinjya18202

ここはこれだけ綺麗な紅葉があると言うのに、誰も見に来る人が居ないのが不思議という穴場スポットです。さっきまで居た糺の森とは大違い、誰にも邪魔されずに静かに紅葉を楽しむ事が出来ました。

Goryoujinjya18203

まあ、境内は広いとは言えず、もみじの数も少ないですけどね、紅葉は毎年裏切られる事が無いほど綺麗です。

Goryoujinjya18205

もう少し早い時期なら、本殿裏にあるもみじの紅葉が綺麗です。同じ場所にあるのになぜか紅葉する時期がずれるのですよね。日の当たり方が微妙に違うのかな。

Goryoujinjya18206

こちらは11月24日に撮影した銀杏の絨毯です。七五三で訪れた小さな子供たちが、大喜びではしゃいでいたっけ。この時、本殿裏のもみじも見頃を迎えようとしているところでした。狭いながらも色々と楽しめる、それが晩秋の御霊神社です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.13

京都・洛中 京都紅葉事情2018 ~相国寺 12.8~

Syoukokuji1812131

下鴨神社から相国寺へとやって来ました。ここは数日来るのが遅かった様ですね。

Syoukokuji1812132

主要なもみじは葉をほとんど落とし、名残の紅葉となっていました。雨が降る前だったらもう少し見栄えがしただろうにな。

Syoukokuji1812133

その代わり敷紅葉はきれいでしたよ。いつも見事な紅葉を見せてくれるもみじが台風で枝が折れ、満足な紅葉が見られなかったのを補って余りある光景でした。

Syoukokuji1812135

名残の紅葉も探せばまだ残っており、この木などはまさに見頃でした。黄葉するもみじというのもまた綺麗なものですね。

Syoukokuji1812136

早くも西に傾いた日を受け、逆光に輝くもみじもありました。全体としては寂しかったけれど、晩秋の風情は確かに感じる事は出来ました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.12.12

京都・洛北 京都紅葉事情2018 ~下鴨神社 12.8~

Simogamojinjya1812181

京都で最も紅葉が遅い下鴨神社です。この日も見頃を迎えたもみじが待っていてくれました。

Simogamojinjya1812182

ただ、今年は少し紅葉するのが早かった様ですね。この木などははすでに散り始めており、青空が透けて見えていました。

Simogamojinjya1812183

空がよく見えたのは、台風の被害の影響もあったでしょうね。沢山の高木が倒れ、また枝が折れてしまって見通しが随分と良くなっていました。この傷が癒えるまでに何年掛かるのでしょうか。

Simogamojinjya1812185

でもそうした被害があったにも関わらず、紅葉は綺麗なものでした。この森特有の高木と背の低いもみじとの競演は今年も健在でした。

Simogamojinjya1812186

それにしても下鴨神社の参拝者は随分と増えましたね。紅葉見物の人も多かったでしょうけど、純粋に参拝に来た人も相当数居た様です。結婚式も何組か行われていましたしね。そして今週末は糺の森で森の手作り市が開かれます。またさらに多くの人で賑わうことでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.01

京都・洛中 京都紅葉事情2018 ~妙覚寺 11.24~

Mypukakuji1811291

妙顕寺の次は妙覚寺へとやってきました。ここでは法姿園の紅葉がほぼ見頃となっていました。

Mypukakuji1811292

法姿園の紅葉を見るのは9年ぶりの事、暫くは祖師堂の修復工事で拝観停止になっていたのですが、数年前から再開された様です。

Mypukakuji1811293

以前は拝観に事前予約が必要だったのですが、今はいつでも入れる様になっています。その代わり、以前は500円で抹茶付きだったのが、入るだけで800円になっていました。この落差って一体何?

Mypukakuji1811295

法姿園の紅葉はあと数日すればピークを迎える感じでした。今日あたりでもまだ見頃を保っていたかもしれません。

Mypukakuji1811296

法姿園は法華経の教え、「諸法実相」を表した庭の様です。「諸法実相」とはあるがままに素晴らしいという意味で、この庭ももみじをただ植えただけのものです。実際には手入れはされているのでしょうけど、もみじの自然な姿を見せる様に出来た庭園ですね。他にはなかなか無い、美しい紅葉を見せてもらう事が出来ました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.11.30

京都・洛中 京都紅葉事情2018 ~妙顕寺 11.24~

Myoukenji1811301

真如堂の次に目指していたのは妙顕寺です。連休中でもさほど混まない穴場はないかしらんと考えていた時に、Milkさんのブログで教えてもらったのがここでした。

Myoukenji1811302

紅葉はピークまではあと少しといったところでしたが、まずまずの景色を見せてくれていました。たぶん、今日あたりが最高潮だったんじゃないかな。

Myoukenji1811303

そんな中で、境内の片隅で黄色く染まったもみじがありました。早くも西に傾いた秋の陽を浴びて綺麗でしたよ。

Myoukenji1811305

そのもみじ越しに見た本堂です。こういう景色も新鮮な感じがして良いものですね。

Myoukenji1811306

堂内では、一室まるごと庭にした部屋がありました。何とも思い切った事をするものですね。こうした事をするのも妙顕寺ならではなのかな。また一つここを訪れる見所が増えましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.12

京都・洛中 10月の京都 ~リンドウ・廬山寺~

Rozanji1810111

秋の山野草として人気の高い花がリンドウです。でも、京都で見られる場所は意外と少なく、曼殊院や蓮華寺など数カ所に限られます。中でも比較的見応えがあるのが廬山寺ですね。

桔梗で知られる廬山寺の源氏庭ですが、10月も半ばとなると桔梗は刈り取られ、代わってリンドウが咲き始めます。桔梗の様に庭一面に咲く訳ではないのですが、比較的縁側に近い位置にあり、また背丈も高いので目に付きやすいです。

桔梗もそうですが、リンドウは野の花なのに意外とこの作り込まれた庭に似合い、調和しているのが良いですね。リンドウ目当てで来る人は少ないでしょうけど、今の時期にこの寺を訪れられる事があったら、ぜひ注目して行って下さい。リンドウの青い色が苔の緑や白砂に良く映えて、とても綺麗ですよ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.09

京都・洛中 10月の京都 ~時代祭~

Jidaimaturi1810121

せっかくの好天に恵まれたのに、体調不良のため連休中は外出ならず。仕方が無いので、今週は過去に撮った写真からの構成となります。

10月の京都は祭りが多く開催されますが、中でも極めつけは時代祭でしょうか。平安神宮の祭礼で、明治維新から延暦時代までを八つの時代に分け、各時代の風俗に扮した20の行列が都大路を練り歩きます。

開催日は毎年10月22日と決まっており、同日の夜に開催される鞍馬の火祭と共に観覧する事を楽しみに入洛する人も多いと聞きます。しかし、火祭の方は今年は中止なのだとか。先月京都を襲った台風21号による鞍馬地区の被害が甚大で、叡電もまた鞍馬駅まで開通していない事もその要因の一つの様です。どこまでも尾を引く災害の影響ですね。

観覧は沿道のどこからでも出来ますが、風情を求めるなら京都御苑がお勧めです。建礼門前大通りは有料観覧席となりますが、そこを外れれば無料です。ただ、行列が長いので、出来れば折りたたみの椅子を持って行くのが吉かも、です。

後は天気次第かな。もし雨が降った場合は翌日に順延となりますので、遠くから来られる方は日程に余裕を見ておいた方が良いでしょう。今年は雨が多いですが、出来ればすっきりとした秋晴れの下で観覧出来ると良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧