京都・洛北

2017.04.19

京都・洛北 京都桜事情2017 ~高野川 4.9~

Takanogawa1704171

平成29年4月9日の高野川です。この日は沿川のソメイヨシノが満開、見頃となっていました。

Takanogawa1704172

ここが満開になったのは、たぶんこの一日か二日前くらいなのかな。ピークはほんの少し過ぎていた様ですが、十分に綺麗でした。

Takanogawa1704173

ここは以前より中洲が減って、川の中ほどまでには行けなくなったのですが、それでも階段が川岸にまであるところがあって、水面ぎりぎりのところから桜が見られるのが面白いところです。

Takanogawa1704175

沿川はほとんどがこんな感じの狭い道で、以前は宴会とは無縁の場所だったのですが、いつの間にやらところどころに平場が出来ており、花見の喧噪が見られる様になっていました。せっかくの静かな場所だったのにと残念な気がしますね。

Takanogawa1704176

それでも加茂川や出町デルタに比べれば知れたもので、まだまだ花を見ながらの散策スポットとしての値打ちが無くなった訳ではありません。今年はもう葉桜になっているでしょうけど、また来年この道を歩くのを楽しみにしているところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.01

京都・洛北 春のバルーン・クロッカス ~ 京都府立植物園~

Resize2244

京都府立植物園の球根ガーデンでは、沢山のクロッカスが咲いていました。毎年見る光景ですが、如何にも春が来た事を思わせる華やかさです。

Resize2249

これだけ沢山あって萎れた花が無いというのは、毎日手入れをされているのかな。だとすれば、結構な手間が掛かっているのでしょうね。

Resize2250

クロッカスの花も見ようによれば気球の様に見えます。あたかも、春の空に浮かび上がろうとするバルーンの様に見えません事。

Resize2251

このクロッカスもそろそろ盛りを過ぎてくる頃かな。代わってチューリップが花芽を出しているかも知れませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.03.31

京都・洛北 京都桜事情2017 ~京都府立植物園 3.25~

Kyotofuritusyokubutuen1703311

この日はあまりに桜が咲いていなかったので、早咲きの花を求めて京都府立植物園を訪れてきました。ここでは前週に咲きかけていたカラミザクラが満開となっていました。

Kyotofuritusyokubutuen1703312

カラミザクラは漢字で書くと唐実桜、中国原産のサクランボが成る木です。サクランボが成る頃、もう一度見に来ようかな。

Kyotofuritusyokubutuen1703313

こちらは東海桜です。やはりカラミザクラを原木とする栽培種だそうで、咲く時期も似ているのも当然なのかな。

Kyotofuritusyokubutuen1703315

少し意外だったのは、東海桜と言う以上東海地方で栽培されたものと思っていたのですが、九州の久留米地方で作出されたものだそうです。どういういきさつで命名されたものか、ちょっと知りたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.23

京都・洛北 早春の草花展2017 ~京都府立植物園~

Kyotofuritusykubutuen1703251

今年も京都府立植物園で早春の草花展が開催されました。今年で12回目になり、すっかり春の風物詩となった観のあるイベントです。

Kyotofuritusykubutuen1703252

既に展示は20日で終了しており、レポートが遅れてしまったのですが、せめて雰囲気だけでもお届けします。

Kyotofuritusykubutuen1703253

今年のテーマは春の景色という事だったのですが、例年とは展示の様子が少し違っていました。各部屋ごとにテーマがあるというのではなく、入り口から出口まで流れとして見せるという感じでした。中にはこんな里山の景色を模した展示もありましたよ。

Kyotofuritusykubutuen1703255

それに全体として和のテイストが強いのも印象に残りました。例年の様に鮮やかな花で埋められているのも良いのですが、菜の花などなじみの深い植物が主役を占めているというのも悪くは無かったです。また来年、どんな工夫を見せてくれるのか、楽しみになるイベントでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.22

京都・洛北 京都梅・桜事情2017 ~京都府立植物園 3.18~

Kyotofuritusykubutuen1703231

平成29年3月18日の京都府立植物園です。この日は梅が見頃を迎えていました。

Kyotofuritusykubutuen1703232

植物園の梅林は2カ所あり、北山門前の方が新しいのかな。その北山門前ではまだ満開には至っておらず、ここでも今年の花の進行の遅さを感じました。

Kyotofuritusykubutuen1703233

桜は河津桜が満開になっていました。他にはカラミ桜が少し咲き、おかめ桜が三分咲き程度だったくらいで、他の早咲き系の桜はまだ咲いていなかったです。

Kyotofuritusykubutuen1703235

ここのサンシュユは真如堂よりも早く満開になっており、霞の様な黄色い花を沢山咲かせていました。春の到来を告げる美しい色彩です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.11

京都・洛北 京都桜コレクション ~上賀茂神社~

Kamigamojinjya1703051

上賀茂神社には3本の八重紅枝垂れ桜があります。それぞれ葵祭にちなんだ名前が付けられており、これは斎王桜、その名にふさわしい豪華な桜ですね。(写真は全て昨年に撮影したものです。)

Kamigamojinjya1703052

こちらは風流桜、葵祭の行列にある風流傘に見立てたものでしょう。こういう形に剪定するのも難しいんじゃないかな。

Kamigamojinjya1703053

そして、二の鳥居の中にあるのがみあれ桜。葵祭の前儀である御阿礼神事にちなんだ命名です。

上賀茂神社にはこの3本の八重紅枝垂れ桜の他に、白の一重である御所桜があります。これは早咲きの桜で、平野神社の魁桜に次ぐ早さなのかな。古木であり、風格のある桜ですよ。またソメイヨシノもあり、ここも長く桜を楽しめるポイントですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.26

京都・洛北 京都梅事情2017 ~下鴨神社 2.25~

Simogamojinjya1702261

平成29年2月25日の下鴨神社です。この日は光琳の梅が見頃を迎えていました。

Simogamojinjya1702262

開花は1月中頃と早かったのですが、その後の低温続きで進行が遅れ、2月下旬になってようやく咲き揃いました。咲き始めから1ヶ月以上掛かった事になりますが、梅の場合はそう珍しくはないです。

Simogamojinjya1702265

光琳の梅は一重の緋梅です。非常に鮮やかな梅で、尾形光琳がこの梅を題材にして、紅白梅図屏風を描いた事からこの名があります。

Simogamojinjya1702263

まだ枝先はつぼみのままなので、遠目にはもう少し華やかになるかもしれません。近くに寄ると早くに咲いた花が萎んでしまっているのが判るかもしれませんけどね。それを含めて、たぶん、今週末頃まで見頃は続くと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.25

京都・洛北 京都桜コレクション ~高野川~

Takanogawa1702261

高野川は鴨川の支川、出町柳で加茂川と合流して鴨川となります。その高野川の東岸には見事な桜並木が続きます。(写真は全て昨年撮影したものです。)

Takanogawa1702262

この桜並木は高野橋まで続き、さらにその上流松ヶ崎橋まで断続的に続いています。川の中を歩くだけでなく、川端通を車で走りながらでも楽しめるのも良いところですね。

Takanogawa1702263

最近は樹齢のせいか、弱っている木が目立つ様な気がします。ところどころ若木が植えられたりしていますが、上手く弱った木を更新しながら、この桜並木を保って欲しいものだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.19

京都・洛北 京都桜コレクション ~京都府立植物園~

Kyotofuritusyokubutuen1702181

先週末は京都に行く事が出来なかったので、今週は過去に撮った写真から構成して、桜コレクションをお届けします。まずは、チューリップとのコラボレーションが見事な京都府立植物園からです。

Kyotofuritusyokubutuen1702182

ここは何よりも桜の種類が豊富なのが特徴ですね。最近はとみに力を入れていて、従来の桜苑の他にも数多くの桜が植えられています。まだ若木が多いですが、数年後には見事な花を咲かせる様になる事でしょう。楽しみな事ですね。

Kyotofuritusyokubutuen1702183

桜と同時期に咲くのがチューリップです。そこかしこに植えられていますが、とりわけ見事なのが正門前と北山門近くの球根ガーデンです。特に北山門前は最近力を入れている様で、色とりどりの花を見る事が出来ますよ。植物園を訪れる事があったら、桜だけでなくチューリップも見逃さない様にして下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.18

京都・洛北 雪の降りたるは2017 ~実光院 2.11~

Jikouin1702171

雪の大原の最後は、実光院を訪れました。実光院は勝林院の僧坊の一つで、応永年間に復興されたと言われます。

Jikouin1702172

勝林院の僧坊には、実光院の他にも普賢院、理覚院などがあったのですが、明治以後無住となり、実光院に統合される形で、旧普賢院の地に再興されました。客殿の西側に見る事が出来る庭は、旧理覚院の庭園です。

Jikouin1702173

その庭園は、長く荒廃していたのですが、歴代住職の手によって整備され、現在の回遊式庭園として公開されるに至りました。四季折々の植物が植えられており、この日は雪の下でしたが、普段なら一両、十両、百両、千両、万両などが見られたはずです。

Jikouin1702175

その一角にあるのが茶室の理覚庵。昭和50年に建てられたもので、用材はすべて実光院の所有する山林から切り出したものだそうです。

Jikouin1702176

実光院には、冬の間中咲き続ける不断桜があり、この日も花を付けていました。写真はたぶんソメイヨシノで、雪の華を咲かせている姿です。雪はこんなふうに、美しいと感じられる程度に降るのが良いですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧