京都・洛東

2018.07.12

京都・洛東 姿を現した御影堂 ~知恩院~

Tionin1807111

円山公園から知恩院の北門を一歩入ると、巨大な三門が姿を現します。徳川家が威信を掛けて築いた日本でも最大級と言われる木造の門で、その端正な姿と相まって平成14年に国宝に指定されています。

Tionin1807112

その三門を抜けた先にある大きな石段が男坂。下から見上げると壁の様ですが、上から見下ろすと崖を下るようで、結構怖く感じてしまいます。

Tionin1807113

男坂を登り切ったところにあるのが御影堂。浄土真宗では同じ字を書いて「ごえいどう」と読みますが、浄土宗では「みえいどう」と読みます。この違いは謎ですね。平成24年から平成の大修理が行われてきましたが、ようやく外回りの修理が終わり、仮屋根が撤去されていました。

Tionin1807115

久しぶりに見た御影堂は、やはり巨大なものですね。どうするのかなと興味があった最上部の葺き残しの瓦は、ちゃんと再現されていました。そりゃまあ仮にも国宝の修理ですものね、復元出来るところは復元するとしたものでしょう。すると、忘れ傘も元どおりに置かれているのかな。  

Tionin1807116

面白いのが裏から見ると半分瓦が古いままで、再用できるものは再用しているのだそうです。ただし、あまり目立たない裏側に使ったのだとか。

修復はこのあと縁周りや内部の荘厳類の設置を残しており、来年に竣工する予定です。拝観が再開されたら、また見に行かなくてはいけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.11

京都・洛東 梅雨明け前の境内 ~東福寺~

Toufukuji1807111

天得院の桔梗を見た後、東福寺の境内を散策して来ました。もみじの緑もすっかり深くなっていましたが、真夏の日に焼かれていない分、まだまだ新鮮さを残しています。

Toufukuji1807112

東福寺は別名伽藍面と言われます。その巨大な伽藍群の中でも飛び抜けているのが法堂です。なぜこんなに大きな御堂が必要だったかと言えば、中に大仏を納めるはずだったからです。大仏は計画だけで終わったのですが、盧舎那殿と書かれた扁額がその名残を止めています。

Toufukuji1807113

その法堂の東側の水路では、まだ半夏生が咲いていました。何とか法堂全体と絡ませたかったのですが、さすがに大きすぎて入らなかったのは残念です。

Toufukuji1807115

東福寺にも蓮は咲いています。蓮池はまだつぼみが上がった程度だったのですが、本坊周りや通天橋入り口では、鉢植えの蓮が咲いていました。

Toufukuji1807116

蓮もそろそろ本格化する頃かな。名所と言われる場所では、綺麗な花が沢山見られる事でしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.09

京都・洛東 枝垂れ柳の川 ~白川~

Sirakawa1807101

先週末は京都に大雨特別警報が出ていたため、京都巡りは自粛しました。なので、今週は過去に撮った写真からの構成となります。

さて、白川と言えば祇園白川が有名ですが、当然その上流はあります。比叡山の麓に流れを発し、途中で琵琶湖疎水と合流して、平安神宮の橋の下流で再び白川として分流したあと、祇園白川を経て鴨川に合流しています。なので、下流の流れは実質琵琶湖の水と言っても良いのかもしれません。

Sirakawa1807102

そして、三条通から東大路通の間は、両岸にしだれ柳が植えられ、独特の景観を持っています。それに様々な形の石橋が架かり、この地域特有の風情を感じさせます。

Sirakawa1807103

これは比叡山の千日回峰行を終えた行者が、市内に入るときに最初に渡る橋として知られる行者橋です。こうした特別な橋が、日常の通路として使われているのが、この地域の凄いところでしょうか。

Sirakawa1807105

左側は華頂学園、右側は商店街や住宅街といった何気ない界隈なのですが、こうして川だけを見ていると特別な景色を持っていますね。

Sirakawa1807106

特別と言えば、三条白川橋のたもとに、京都市内で最古という道標がありました。延宝6年の建立とありますから今から340年前の事、徳川家綱の治世の頃です。「是よりひだり ちおんゐん ぎおん きよ水みち」とあり、東海道を歩いて来た旅人に東山界隈を案内していたのですね。三条大橋から市内へと行く前に、祇園へ、清水寺へと向かった旅人も多かったのかな。そんな事を想像させてくれる石碑です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.07.06

京都・洛東 桔梗2018 ~智積院~

Tisyakuin1807101

東山で桔梗の寺と言えば智積院もそうですね。ここは寺紋が桔梗という事もあってか、桔梗の花には力を入れられています。

Tisyakuin1807102

ここの桔梗を見に来る様になって10年以上が経ちますが、その間に結構盛衰があって、最初は地植えで見事な花列か出来ていました。しかし、何年かすると急速に衰え、一度は植え替えられたものの、すぐに駄目になってしまいます。結局、今はプランター植えになっており、元のような元気な姿に戻っています。こうしみると、桔梗というのも、強いようで結構手間の掛かる花の様ですね。

Tisyakuin1807105

今はむしろ紫陽花の寺としての方が有名になって来ているのかもしれませんね。この日も最盛期は過ぎたとは言え、依然として一面に花は残っていました。

Tisyakuin1807103

金堂の北側では、むしろ盛りだったかな。紫陽花は本当に息の長い花ですね。

Tisyakuin1807106

智積院の桔梗はまだこれからが本番かな。そうこうしているうちに、蓮も咲き出すでしょうね。ただ、今年の蓮はあまり元気がなさそうなのが気掛かりです。今年も綺麗な花が見られると良いのだけどな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.07.05

京都・洛東 桔梗を愛でる特別公開 ~天得院~

Tentokuin1807081

今年も桔梗の季節となり、東福寺の塔頭天得院で、桔梗を愛でる特別公開が行われています。

Tentokuin1807082

それほど広くは無い庭園ですが、桔梗が沢山植わっている光景は、いつ見ても野の風情に溢れていますね。

Tentokuin1807083

同じ桔梗の庭でも廬山寺は添え木をし、まっすぐに伸びるように手入れをされていますが、天得院の場合は桔梗の伸びるがままに放置されているかの様に見えます。

Tentokuin1807085

でも、よく見るとそれなりに手は入れられてあり、やはり勝手放題に伸びている訳ではなさそうですね。自然の様に見える様に工夫されているというのが正しいのかな。

Tentokuin1807086

今年の公開は7月10日までです。拝観料は500円、他に冷たい善哉が800円、和パフェが1000円で頂けますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.06.30

夏越しの大祓2018 ~八坂神社 6.30~

Nagosinoooharai1806301

今日、6月30日は夏越しの大祓、半年間に貯まった汚れを落とす日です。多くの神社で茅の輪が造られ、そこを潜って穢れを落とすという行事が行われますが、今年は八坂神社に行って来ました。

Nagosinoooharai1806302

茅の輪は舞殿の南側正面にしつらえられており、誰でも潜る事が出来ます。ここが他の神社と少し違うのは、三回潜るのは同じなのですが、その度に唱える言葉が違います。(横に作法として書かれています。)

最初が、

「みな月の なごしの払いする人は 千年の命 のぶというなり」

という言葉で、これは結構あちこちでみる言葉ですね。

これは覚えていたのですが次が大変です。

「思う事 みなつきねとて 麻の葉を きりにきりても 祓いつるかな」

という言葉で、正直覚えられませんでした。調べてみると、紫式部の歌だそうですね。判らない人はスマホで撮って、画面を見ながら回ると良いかも、です。

最後が、

「蘇民将来、蘇民将来」

で、これをくり返すのだそうです。私はこれだけはくり返し唱えました。

Nagosinoooharai1806303

そして、この日食べるお菓子が水無月です。今年は鍵善良房さんで買って来ました。

Nagosinoooharai1806305

ここの水無月は普通のういろうと、黒糖の入ったういろうの2種類です。どちらもあっさりした甘さでいてコクがあり、とても美味しかったですよ。価格は一個280円とそんなに高くありません。

さて、今年もはや半年が過ぎ、半年分のお祓いも終わりました。また、明日から気持ちも新たに、残りの半年を頑張るといたしましょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.06.25

京都・洛東 沙羅の花2018 ~南禅寺 6.22~

Nanzenji1806251

先週は久々に平日に休みを取って、京都巡りをして来ました。最近はいつも混雑ている京都ですが、平日の午前中だとまだそんなに人出も多くなく、静かな情緒を楽しむ事が出来ました。

Nanzenji1806252

さて、三週連続して訪れている南禅寺ですが、ようやく望んでいた景色と出会う事が出来ました。それがこれで、沙羅の花の落花ですね。諸行無常の理を現すとされる風情を感じる事が出来ます。

Nanzenji1806253

寺でもそれは判っているらしく、わざとこの落花を残して掃除をされています。なかなか粋な計らいと言えましょうが、ただ、あまり気づいていない人が多いのが残念ですね。

Nanzenji1806255

沙羅の花で有名なのは妙心寺の東林院ですが、風情ではさすがに負けますか。でも、無料で自由に見られるのは南禅寺ならではです。

Nanzenji1806256

法堂前の沙羅はこんな感じです。下に苔でも生えていたら、もっと風情があるのだろうけどな。でも、三週間通い詰めただけの成果はありましたよ。まだ、花もつぼみも残っていましたので、もう暫くはこの景色は見られるはずですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.06.23

京都・洛東 初夏の庭 ~建仁寺 6.16~

Kenninji1806231

半夏生の庭を見た後は、建仁寺に入りました。すでに拝観時間終了に近くなっていたため、拝観者は少なくなっています。

Kenninji1806232

建仁寺に入いるのはいつ以来になるのかな。久しぶりに見る大雄苑は、相変わらず雄大でした。

Kenninji1806233

法堂の双龍図も、見るたびに迫力を感じますね。最初の頃は新しすぎて馴染みを感じなかったのですが、今では創建当初からここにあったかの様に感じてしまいます。

Kenninji1806235

方丈の裏手にある庭が潮音庭。四方正面の庭で、どこから見ても絵になるように作られています。

Kenninji1806236

でも、風神雷神図が見えるこの位置が実質的な正面かな。昼間の時間なら人が多すぎてとてもこんな写真は撮れないのですが、拝観終了の5時ぎりぎりまで粘って撮らせてもらいました。建仁寺ならではの贅沢な景色ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.06.22

京都・洛東 初夏の特別拝観 半夏生の庭 ~両足院 6.16~

Royusokuin1806221

平成30年6月16日の両足院です。2週前に訪れた時はまだ咲き始めたばかりの半夏生でしたが、この日は見事に咲き誇っていました。

Royusokuin1806222

ここを訪れる楽しみの一つが、臨池亭で供されるお茶の接待です。美しい庭を見ながらの喫茶は、ここならではのごちそうですよ。

Royusokuin1806223

この日のお茶は裏千家の奉仕でした。茶菓子はいつもの特製の饅頭です。描かれているのは、この寺の開山である龍山徳見和尚の出身である千葉氏の家紋、月に星の模様です。

Royusokuin1806225

この灯籠も月に星の模様かと思ったのですが、違いますか。ここは夜間拝観はありませんが、一度は夜に白く輝く半夏生の花を見てみたいものです。

Royusokuin1806226

特別公開は7月12日までですが、半夏生の見頃はそろそろ過ぎて来る頃かな。行こうと思われている方は急がれた方が良いかも、ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.21

京都務・洛東 沙羅の花2018 ~真如堂 6.19~

Sinnyodou18201

天授庵から真如堂へとやってきました。ここも前週に引き続きの訪問です。

Sinnyodou18202

目的は南禅寺と同じく沙羅の花でした。ここも沢山のつぼみがあったので、どうなったか確かめたかったのです。

Sinnyodou18203

結果としては、期待に違わず見事な咲きっぷりでした。全部で20輪程度は咲いていたかな。残念なのは落花がなかった事で、掃除されてしまった様ですね。

Sinnyodou18205

紫陽花苑もまだまだ見頃でした。というより、盛りを迎えていたと言うべきなのかな。いわゆる「普通の」紫陽花が咲いていて、ますます華やかになっていましたよ。

Sinnyodou18206

これで苦沙弥和尚は手抜きをされたとの事ですが、私には判りません。見る人が見ると判るそうですけどね。今年はさらに手入れをするとの事ですので、来年がどうなるのか今から楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧