京都・洛東

2017.12.05

京都・洛東 京都紅葉事情2017 ~真如堂 12.3~

Sinnyodou1712051

黒谷から真如堂へとやって来ました。ここも紅葉はほぼ終わりと聞いていたのですが、実際に来てみると参道南側を中心にまだ名残の紅葉が残っていました。

Sinnyodou1712052

最初に惹きつけられたのが山門前の紅葉で、逆光に透かしたもみじが実に鮮やかでした。この紅葉が無ければ、真如堂は素通りしていたかもしれないですね。

Sinnyodou1712053

境内の本堂前などのもみじはすっかり葉を落として冬木立になっていたのですが、本堂裏手に回るとまだ名残の紅葉が残っていました。特に朝日に照らされた敷紅葉が綺麗でしたよ。

Sinnyodou1712055

この日一番鮮やかだったのは、三重塔南側にあるこのもみじでした。これぞ名残の紅葉という冴えた色で、この木に出会えただけでも来て良かったです。

Sinnyodou1712056

盛りの頃よりもずっと寂しくなった名残の紅葉でしたが、その分人出も少なくなっており、ゆっくりと楽しむ事が出来ました。真如堂の次は、市内でも最も紅葉が遅いと言われる下鴨神社へと向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.04

京都・洛東 京都紅葉事情2017 ~黒谷 12.3~

Kurodani1712031

平成29年12月3日、最後の紅葉を求めて京都市内を巡ってきました。最初に訪れたのは金戒光明寺の紫雲の庭、池泉回遊式と枯山水が融合した庭園です。

枯山水の部分は写真のように大きく三つの石組みに分かれており、それぞれ法然上人の生涯を表しています。例えば一番手前の石組みは上人の幼少時代を表しており、一番大きな石が上人の父母、小さな石が勢至丸と呼ばれていた頃の上人を象徴しています。

Kurodani1712032

紅葉は残念ながら盛りを過ぎていました。ここは盛りになるのが遅いと思っていたのですけどね、やはり今年の紅葉は進行が早かった様です。

Kurodani1712033

それでも庭の奥の方に行くと、黄葉したもみじが残っていたのは幸いでした。あまり冴えた色では無かったけれど、こうした控えめな色づき方もまた悪くはないものです。

Kurodani1712035

紫雲の庭は普段は非公開であり、方丈と御影堂とセットになった特別公開でした。特別公開では寺宝である伊藤若冲の群鶏図屏風なども公開されており、じっくりと名作を鑑賞する事が出来ました。公開はこの日までであり、ぎりぎり間に合ったのは幸いでした。

Kurodani1712036

紫雲の庭では、最近の京都の庭でよく見るようになった可愛い系の置物がやっぱりありました。このカエルなんかもインスタ映えするんじゃないかしらん。特別公開の時にしか見られないのは残念ですけどね。

次は隣の真如堂へと移動します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.03

京都・洛東 京都紅葉事情2017 ~高台寺から円山公園 11.25~

Gessinin1712031

圓徳院を出ると向かいにあるのが月真院です。ここは非公開の寺ですが、山門を潜ることは出来ます。そこから見ると、本堂の背後にあるもみじが見事に紅葉してしました。このもみじは毎年見に来ているのですが、東山にあって知られざる紅葉の一つかなという気がします。

Kourinin17120312031

こちらは同じく高台寺の塔頭である岡林院(こうりんいん)の参道です。奥にある丸窓が印象的ですが、この時期は境内から延びたもみじの枝が鮮やかに紅葉し、その丸窓を彩ってくれます。

Daiunin1712031

岡林院からねねの道を円山公園側に歩いたところにあるのが大雲院。この寺名よりも祇園閣の方が有名でしょうか。この寺にももみじは何本かあり、寺の外からでも見ることが出来ます。中でも祇園閣と絡めたこのもみじは観光客の良い被写体になっていました。

Maruyamakouen1712031

円山公園の紅葉はもう遅いかと思っていましたが、まだ盛りを保っていました。この日見たのは池の周辺だけですが、綺麗な色に染まっていましたよ。

Maruyamakouen1712032

今日は市内を中心に見てきましたが、どのポイントもほぼ終盤を迎えていました。振り返ってみれば、11月の連休前後が概ね今年の盛りだったのかな。例年なら今日あたりでもまだ盛りのところはあるのですけどね。明日からはその最終盤の紅葉の様子をお届けしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.02

京都・洛東 京都紅葉事情2017 ~圓徳院 11.25~

Entokuin1712021

平成29年11月25日の圓徳院です。この日は北庭で、紅葉が見頃を迎えようとしていました。

Entokuin1712022

ここも進行は例年よりも早かったですが、まだ色付きは少し浅かったですね。特に左側の木はまだこれからという感じでした。

Entokuin1712023

北庭の作者は賢庭と言われます。元は伏見城にあり、その時は池に水を張った池泉回遊式庭園だったとの事です。圓徳院に移された時に枯山水に改められたのだとか。そう言われてみれば、石で囲った池が随分と大きい気がしますね。

Entokuin1712025

今日あたりはどうだろう、正面の木は半ば散り、左側の木が見頃になっている頃かな。南庭は多分丁度見頃になっているでしょう。なので、明日あたり見に行ってもそれなりに見られる状態にはあるものと思われます。予想が外れたていたらごめんなさいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.01

京都・洛東 京都紅葉事情2017 ~清閑寺 11.25~

Seikanji1712011

清水寺から歌の中山を通って清閑寺にやって来ました。ここは紅葉の真っ盛りの時でも訪れる人が少なく、未だに穴場の一つです。

Resize3890

この日は少し早い感じもしましたが、ほぼ見頃だったと言っても良いのかな。上手くすれば今週末でもまだ見頃を保っているかも知れません。

Seikanji1712013

最近はこの手の可愛らしい仏様(お坊様?)が流行っているのかな。もしかしたらインスタ映えを狙っているのかもと言ったら失礼にあたるかしらん。

Seikanji1712015

インスタはともかくとして、来年の大河ドラマでは、ここは注目の場所の一つとなる事でしょう。西郷隆盛と月照が密議を交わしたという郭公亭がここにあったという事実があり、もしかしたらドラマの舞台に登場するかも知れません。そうなったら結構な数の拝観者が訪れる事でしょうね。

Seikanji1712016

清閑寺の拝観料は100円と格安です。まあ、以前は無料だったのですけどね。郭公亭の他にも小督局の供養塔や要石など見所はあり、紅葉目当てだけでなく訪れても面白い場所ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.30

京都・洛東 京都紅葉事情2017 ~清水寺 11.25~

Kiyomizudwra1711301

平成29年11月25日の清水寺です。この日は紅葉が見頃を迎えていました。

Kiyomizudwra1711302

遠目にはまさしく錦秋の絨毯で、それは見事なものでした。個々に見ると色合いが今ひとつな木も幾つかあったのですが、これだけの景色を見せてくれたのだから良しとしておくのでしょう。

Kiyomizudwra1711303

こうなってみると、本堂が仮屋根に覆われているのが残念です。判っていた事ですが、本来の姿でこの紅葉を見る事が出来たらなと思わずには居られません。

Kiyomizudwra1711305

三重塔周辺は早くから見頃になっていると聞いていたのですが、意外と長持ちするものですね。そろそろ散り果てになっている頃かと思っていたのですが、まさに真っ盛りでした。

Kiyomizudwra1711306

清水寺も例年よりも一週間以上早い進行だったらしく、この日がほぼピークだったと思われます。今頃はだんだんと散り始めているのかな。でも、次の週末は残りもみじが最後の紅葉を見せてくれているじゃないかしらん。それもまた晩秋の風情があってなかなか良いものですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.28

京都・洛東 京都紅葉事情2017 ~南禅寺本坊 11.23~

Nanzenjihonbou1711261

南禅院を出て南禅寺本坊に入りました。正確には、本坊のほか、大方丈、小方丈、庭園からなる南禅寺の中心部です。

Nanzenjihonbou1711262

本坊を抜けると目の前に広がるのが大方丈とその前の庭園です。庭園は小堀遠州作とされ、虎の子渡しの庭園と呼ばれています。ここにも姿の良いもみじがあるのですが、残念ながら今年の紅葉は葉が縮れてしまっており、今ひとつの状況でした。

Nanzenjihonbou1711263

大方丈、小方丈はそれぞれ障壁画に見所があるのですが、撮影禁止ですのでここには出せません。それに目的は紅葉でしたので、先を急ぐ事にします。もみじは小方丈の東の斜面に植えられており、この日はほぼ見頃を迎えていました。

Nanzenjihonbou1711265

ここに来るタイミングは難しいのですが、今年は上手く行きましたね。北側のもみじがまだ色づき半ばでしたが、これだけの紅葉を見られれば十分だとも言えます。

Nanzenjihonbou1711266

南禅寺本坊の紅葉もそろそろ終盤を迎える頃かな。北側のもみじは染まりきっていなかったので、もしかしたらまだ見所があるかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.27

京都・洛東 京都紅葉事情2017 ~南禅院 11.23~

Nanzenin1711251

南禅寺の東、水路閣に接して南禅院があります。ここは亀山法皇の離宮の跡であり、南禅寺発祥の地とされる由緒ある場所です。

Nanzenin1711252

南禅院の庭園は鎌倉時代の造園当時の面影を残すと言われ、池を中心とした池泉回遊式です。それほど広くはありませんが、一周している間に景色が変わるという趣向で、変化に富んだ名園ですよ。

Nanzenin1711253

紅葉は盛りの木と、まだこれからの木、紅葉せずにチリチリになってしまった木の混在でした。見た目の美しさという点では、今ひとつだったかな。

Nanzenin1711255

でも、この木などは見事に染まっていましたね。このもみじを見ただけでも入った甲斐はありました。

Nanzenin1711256

南禅院の紅葉はどうだろう、緑の木もいくらかあったので、まだ続いているかもしれません。この木はかなり散っているでしょうけどね。南禅寺の境内よりは長持ちしているかなと思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.26

京都・洛東 京都紅葉事情2017 ~南禅寺境内 11.23~

Nanzenji1711241

平成29年11月23日の南禅寺です。この日は紅葉が、見頃終盤を迎えていました。

Nanzenji1711242

今年の紅葉は少し早いかなと思っていたですが、この前週の急激な冷え込みがあったせいかさらに一気に進んだ様です。南禅寺もピークを過ぎ、風が吹くたびに盛んに葉を散らしていました。

Nanzenji1711243

その割に色合いが今ひとつだったのは、やはり一度に冷え込んだせいでしょうか。十分に色づく間もなく、枯れ葉になってしまった様です。

Nanzenji1711245

でも、終盤とは言え、まだ見頃と言える段階に間に合ったのは良かったと言えるのかな。中にはこんな具合に綺麗な黄葉もありましたしね。

Nanzenji1711246

南禅寺の紅葉も、もうほとんど終わりに近いでしょうか。まだ緑を残している木もあったのでわずかに残っているでしょうけど、今週末には大半が散り果てになってしまうと思われます。今年の南禅寺の紅葉は駆け足で過ぎていきましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.18

京都・洛東 京都紅葉事情2017 ~智積院 11.11~

Tisyakuin1711181

平成29年11月11日の智積院です。この日は紅葉が見頃を迎えつつあるところでした。

Tisyakuin1711182

ここで最も印象的だったのが銀杏の黄葉で、参道を挟んで二本ある銀杏が綺麗に染まっていました。この日は晴れたかと思ったら急に曇ってきたりと安定しない天気でしたが、この時は快晴になって青空に良く映えていましたよ。

Tisyakuin1711183

もみじは見頃の木とこれからの木がはっきりと分かれており、どう評価して良いのか難しいところでした。見頃としては丁度今頃だと思われますが、すでに散った木も出ていると考えられるので、ピークがいつだったかは判断が難しいでしょうね。

Tisyakuin1711185

これは金堂から参道を見たところです。以前は左右のもみじが同時に色づいていたのですが、右側のもみじが弱ってきたせいか、一足早く色づく様になりました。今頃は左側のもみじが見頃近くになっている頃なのかな。

Tisyakuin1711186

新しい方の庭園でも傾向は同じで、見頃の木とこれからの木が混在していました。全体としては、やはり今日あたりが見頃だっんじゃないのかな。

ここは以前は全くの穴場だったのですが、最近は情報が行き渡ったのか団体が押し寄せる様になっています。それでも東福寺や清水寺程ではないので、まだお勧めできる場所ではありますね。来週では遅いかと思われるので、明日あたりお出かけになられては如何ですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧