« 京都・洛北 賀茂競馬2017 ~儀式~ | トップページ | 京都・洛北 カキツバタ2017 ~大田沢 5.5~ »

2017.05.08

京都・洛北 賀茂競馬2017 ~競馳~

Kamokurabeuma1705081

一連の儀式が終わって競馳(競争)が始まったのは午後2時30分頃でした。開場からはおよそ3時間な訳で、結構待たされますよね。コツとしては、いったん場所を取ったら昨日レポートしたような儀式を追う事です。途中の奉幣は見る事が出来ませんが、結構楽しむ事が出来ますよ。

さて、競馳ですが、1番目は必ず左方が勝つ慣わしとなっており、一頭駆けを行います。これは、かつて左方一番の馬が京都所司代から賜ったものであったため、負けてしまうと幕府に対して何かと差し障りがあると忖度された事によると言われます。まあ、幕府に対するヨイショですね。

この乗尻の所作は独特で、真後ろを向いて鞭を差し出すという高度な技を使います。後ろの右方の馬に対して、ついてこいと挑発しているのだそうですが、前が見えないというのは怖いものなのでしょうね。

Kamokurabeuma1705082

左方一番の馬は、一度ゴールした後途中の通路まで引き返し、頭を半分を埒から出すという所作をします。これも右方に対する挑発で、これを合図に右方の馬が走り出します。

Kamokurabeuma1705083

挑発された右方の馬は、怒りを露わにしているのでしょう、鞭を前方に差し出し、大声で叫びながら一騎駆けを行います。これも凄い迫力ですよ。

Kamokurabeuma1705085

勝った方は褒美の禄という布を貰い、それを肩に掛けて馬場脇に設けられた頓宮に拝礼します。これにも所作があり、何か何まで儀式ずくめですね。

Kamokurabeuma1705086

二番からは真剣勝負となります。ここからは小振り、巴などは簡略化され、一度馬場を回っただけでスタートします。スタートは二人の乗尻の冠が合ったと時とされ、後見という役職が発する「合うたー」という叫び声が号令となります。

Kamokurabeuma1705087

勝負は勝負の楓までの間に追い抜くか、スタート時に離れていた馬身を縮めるかすれば後発の勝ち、差を保てば先発の勝ちとなります。今はひたすら走るだけですが、かつては相手を引っ張って落馬させるなど、勝つためには何でもありだったそうですよ。

Kamokurabeuma1705088

今年の結果は5勝1敗で左方の勝ちでした。見ていた限りでは右方の勝ちと思われる勝負もあったのですが、判定は左方でしたね。そのあたりの見方は良く判らないというのが本当のところです。

でも、左方が勝った年は五穀豊穣、平穏無事と言われている事から、これで良かったのでしょう。賀茂競馬の判定通り、今年が良い年だったと言えると良いですね。

|

« 京都・洛北 賀茂競馬2017 ~儀式~ | トップページ | 京都・洛北 カキツバタ2017 ~大田沢 5.5~ »

京都・洛北」カテゴリの記事

コメント

迫力のある写真素敵です!

場所は有料のところですか?

投稿: Milk | 2017.05.09 13:34

Milkさん、

はい、有料席です。ここは柵際に立っていられるのが良いですね。
少し料金は高いですが、目の前を馬が走り抜けていく迫力も満点ですよ。

投稿: なおくん | 2017.05.09 21:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/65242896

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・洛北 賀茂競馬2017 ~競馳~:

« 京都・洛北 賀茂競馬2017 ~儀式~ | トップページ | 京都・洛北 カキツバタ2017 ~大田沢 5.5~ »