« 2017年1月 | トップページ

2017年2月

2017.02.21

京都・洛中 京都桜コレクション ~京都御苑~

Kyotogyoen1702201

京都御苑は、言わずと知れた桜の名所ですね。中でも名高いのが近衛邸跡の糸桜です。京都の中でも早くに咲き出す桜の一つで、毎年大勢の花見客で賑わいます。

Kyotogyoen1702202

早いと言えば、出水の枝垂れ桜もそうですね。周囲に桜は無くこれ一本ですが、十分に存在感があって、見応えがあります。

Kyotogyoen1702203

しだれ桜と同時期に見頃になるのが桃園です。桜とは違う趣があり、とても鮮やかです。春の京都御苑は桜と桃との共演を見る事が出来て、華やかな趣に溢れていますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.20

京都・洛中 京都桜コレクション ~妙蓮寺~

Myourenji1702221

妙蓮寺も隠れた桜の名所です。ここの桜と言えばまず御会式桜の名が揚がりますが、小さな八重咲きの美しい桜です。(写真は全て昨年に撮影したものです。)

Myourenji1702222

秋の10月頃から咲き出し、4月上旬に満開を迎えるという珍しい桜ですが、これが満開になった姿です。冬の間の三分咲きとは違う華やかさに溢れていますね。

Myourenji1702223

妙蓮寺には御会式桜の他にもソメイヨシノがあります。数は少ないですが、境内がそれほど広くないので華やかに感じます。

このほか、塔頭の門前には松月桜があります。ソメイヨシノが終わった頃訪れると、美しい花を見る事が出来ますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.19

京都・洛北 京都桜コレクション ~京都府立植物園~

Kyotofuritusyokubutuen1702181

先週末は京都に行く事が出来なかったので、今週は過去に撮った写真から構成して、桜コレクションをお届けします。まずは、チューリップとのコラボレーションが見事な京都府立植物園からです。

Kyotofuritusyokubutuen1702182

ここは何よりも桜の種類が豊富なのが特徴ですね。最近はとみに力を入れていて、従来の桜苑の他にも数多くの桜が植えられています。まだ若木が多いですが、数年後には見事な花を咲かせる様になる事でしょう。楽しみな事ですね。

Kyotofuritusyokubutuen1702183

桜と同時期に咲くのがチューリップです。そこかしこに植えられていますが、とりわけ見事なのが正門前と北山門近くの球根ガーデンです。特に北山門前は最近力を入れている様で、色とりどりの花を見る事が出来ますよ。植物園を訪れる事があったら、桜だけでなくチューリップも見逃さない様にして下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.18

京都・洛北 雪の降りたるは2017 ~実光院 2.11~

Jikouin1702171

雪の大原の最後は、実光院を訪れました。実光院は勝林院の僧坊の一つで、応永年間に復興されたと言われます。

Jikouin1702172

勝林院の僧坊には、実光院の他にも普賢院、理覚院などがあったのですが、明治以後無住となり、実光院に統合される形で、旧普賢院の地に再興されました。客殿の西側に見る事が出来る庭は、旧理覚院の庭園です。

Jikouin1702173

その庭園は、長く荒廃していたのですが、歴代住職の手によって整備され、現在の回遊式庭園として公開されるに至りました。四季折々の植物が植えられており、この日は雪の下でしたが、普段なら一両、十両、百両、千両、万両などが見られたはずです。

Jikouin1702175

その一角にあるのが茶室の理覚庵。昭和50年に建てられたもので、用材はすべて実光院の所有する山林から切り出したものだそうです。

Jikouin1702176

実光院には、冬の間中咲き続ける不断桜があり、この日も花を付けていました。写真はたぶんソメイヨシノで、雪の華を咲かせている姿です。雪はこんなふうに、美しいと感じられる程度に降るのが良いですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.02.17

京都・洛北 雪の降りたるは2017 ~勝林院 2.11~

Syourinin1702161

三千院から勝林院へとやって来ました。ここは寂源により、法儀声明念仏三昧の根本道場として建てられた寺です。声明とは仏典に節を付けた仏教音楽の一つで、後の日本の音楽、能の謡いや長唄、浪曲などに影響を与えたと言われます。

Syourinin1702162

その声明はボタンを押せば流れる仕掛けになっており、この御堂の中で3分間だけですが聞く事が出来ます。誰も居ない御堂の中で声明を聞いていると、荘厳な気分になってきますよ。

Syourinin1702163

この御堂には、阿弥陀様以外にも仏様が居られます。その一つが踏出阿弥陀如来立像。極楽浄土の世界から、迎えに来られた相を表しています。蓮台が二つに分かれ、まさに御足を踏み出しているかの様に表現されています。

Syourinin1702165

この御堂は何度となく焼失を繰り返しており、現在のものは安永7年(1778年)に再建されました。柱、梁、軸組などは全て総欅造りとなっています。一見地味に見えまずか、欄間に施された彫刻は見事なものですよ。

Syourinin1702166

ここはなぜか雪が深かったですね。斜めから写真を撮ろうと雪かきをしていないところに入ってみたのですが、長靴が無いと歩くのは無理で、少し入っただけで諦めました。この日はあちこちで雪かきをされていましたが、その有り難さが身に染みた次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.16

京都・洛北 雪の降りたるは2017 ~三千院 2.11 その2~

Sanzenin1702161

三千院の二つ目の庭が有清園です。そこにあるのがわらべ地蔵、足下から見守って下さる小さな地蔵様です。立ち姿、寝姿など色々ありますが、雪を被った姿もまた素敵ですよ。

Sanzenin1702162

有清園の中にあるのが往生極楽院、平安時代に建てられたと伝わる阿弥陀堂です。内部には阿弥陀如来座像を中心に観音菩薩像と誓紙菩薩像があり、今にも立ち上がりそうな前のめりの両菩薩の姿勢は、大和座りとして知られます。

Sanzenin1702163

この往生極楽院は元は三千院とは別の寺でしたが、明治維新後に梶井門跡がここに移り、三千院の一部となったのでした。これは、往生極楽院が梶井門跡の管理下にあった事に依る様ですね。

Sanzenin1702165

この日は初午大根焚きが行われており、無料で振る舞われていました。この大根は地元産で無農薬栽培だそうですが、良く味が染みこんでおり、とても美味しかったですよ。暖かくもあり、冷え切った身体がほかほかになりました。

Sanzenin1702166

三千院は見所は多いのですが、その分参拝者が多いのが難点ですね。特にこの日は団体客に遭遇したのはついてなかったです。少し難渋しながらの拝観となったのですが、それでも雪景色を堪能出来たのは良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.15

京都・洛北 雪の降りたるは2017 ~三千院 2.11 その1~

Sanzenin1702151

寂光院から大原女の小径を歩いて三千院にやって来ました。寂光院からはおよそ1.5km、雪道だったのでざっと30分の道のりです。

Sanzenin1702152

三千院は元は梶井門跡と呼ばれた寺院で、明治4年に現在地に移る以前は、京都御所に隣接した地にありました。三千院という名称は、梶井門跡の仏堂の名称、一念三千院から取られたものです。

Sanzenin1702153

三千院には3つの庭があります。その一つが聚碧園。自然の景観に金森宗和が手を入れたとされる庭園です。

Sanzenin1702155

ただ、これだけ雪が積もってしまうと、せっかくの庭もその良さが判らないですね。スキーのモーグルの様な凸凹が面白いと言えば面白いのかな。

Sanzenin1702156

その聚碧園の隅では、清冽な水が湧き出ていました。触れれば切れる様に冷たい水ですね。如何にも冬らしい光景です。

三千院は明日も続きます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.14

京都・洛北 雪の降りたるは2017 ~寂光院 2.11~

Jyakouin1702131

寂光院は天台宗の尼寺です。寺伝に拠れば、推古2年(594年)に聖徳太子が父の用明天皇の菩提を弔う為に建立された言われます。

Jyakouin1702132

寂光院が有名になったのは、建礼門院がここに隠棲した事に始まります。その事が平家物語で語られる様になり、寂光院の名が世に広まったのでした。

Jyakouin1702133

寂光院は平成12年に放火に会い、本堂を全焼しています。わざわざ灯油を撒いて火を点けたそうですから、確信犯なのでしょうね。何を考えていたのか判りませんが、酷い事をするものです。

Jyakouin1702135

この枯れた木は、平家物語にも出てくる姫小松です。放火時の輻射熱によって枯死してしまったのですが、寺ではそのまま保存されています。

Jyakouin1702136

現在の本堂や本尊は放火から5年後に再建されたものです。ご本尊が色鮮やかなのは、制作当時の姿に復元されているからなのですね。建礼門院の像も新しくなっており、美しい姿を見ることが出来ます。

寂光院は訪れる人も少なく、建礼門院も見たであろう、雪の情景に溢れていましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.13

京都・洛北 雪の降りたるは2017 ~大原の里 2.11~

Ohara1702131

平成29年2月11日、京都で今年2度目の積雪がありました。ただ、市内はそれほどでもなかったので、雪景色を求めて大原を訪れてきました。

Ohara1702132

大原の散策の起点はバスターミナル。そこから三千院や寂光院に向かう事になりますが、その二カ所を結ぶ道を大原女の小径と呼びます。山里の風情を味わいたいのなら、小径を寂光院に向かって歩くのがお薦めとなります。

Ohara1702133

その小径はところどころで視界が開けており、こんな具合に雪野原を見る事が出来ます。とても出町柳駅から30分程度の場所とは思えない景色ですね。

Ohara1702135

ただ、この道は風情は良いのですが、狭いのに車が通るのが難点です。幸いな事にこの日は行き会うことは無かったですが、もし雪道で出会っていたら困った事になっていたでしょう。

Ohara1702136

この日の積雪は、道で10㎝程度、屋根で15㎝程度だったかな。でも、大原とは言え京都市内ですから溶け始めるのは早く、9時頃には猛烈な勢いで雪解け水が流れていました。雪景色を楽しむ為には、始発のバスに乗るのが吉ですね。

明日は寂光院の雪景色をお届けします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.02.12

京都・洛中 京都桜コレクション ~本隆寺~

Honryuji1702121

西陣にある本隆寺も、隠れた桜の名所の一つです。隣にある雨宝院ほど知られていませんが、満開になった時の華やかさはなかなかのものですよ。(写真は全て昨年に撮影したものです。)

Honryuji1702122

桜は古木になりつつありますが、まだまだ良く咲いています。古い御堂とのコラボレーションは、街中とは思えない風情があります。

Honryuji1702123

樹種はほぼソメイヨシノですが、会館前には八重紅枝垂れ桜もあります。少し時期をずらして花を楽しむ事も出来るという訳です。

見頃は市内の他のソメイヨシノとほぼ同じで、ここの桜の盛りが過ぎる頃、隣の雨宝院が見頃となります。桜の季節が待ち遠しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.11

京都・洛中 京都桜コレクション ~北野天満宮~

Kitanotenmaugu1702111

梅で知られる北野天満宮ですが、昨年から脚光を浴びている桜があります。それが北野桜、以前からあった桜ですが、DNAを調べた結果新種と判った事で話題となりました。

Kitanotenmaugu1702112

私は霞桜と思っていたのですが、違っていました。咲いたときには白く、時間が経つほどに赤みが差してくるという綺麗な桜です。咲く時期は遅く、ソメイヨシノが終わってから、八重桜とほぼ同じ頃かな。

Kitanotenmaugu1702113

2年前まではこの桜を撮る人はほとんど居なかったのですが、昨年に新聞に載ってからは結構な人が来る様になりました。今年は「そうだ京都行こう」でも紹介されているので、見に来る人はさらに増えるかな。場所は社務所の前、楼門から真っ直ぐに行ったところです。周囲に他の桜は無いので、すぐに判ると思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.10

京都・洛北 京都桜コレクション ~加茂川~

Kamogawa1702101

半木の道の上流もまた、桜並木が続いています。これは上賀茂橋から見た景色ですが、この桜並木は御園橋下流まで続いています。(写真は全て昨年に撮影したものです。)

Kamogawa1702102

その桜並木の中に入った景色がこれです。まさしく桜のトンネルですね。満開時には息を飲むような美しさですよ。ただ、車の通行が結構多いのが難点ですね。

Kamogawa1702103

見頃になるのは、市内よりは気持ち遅い程度でしょうか。車に気を付けながら、上賀茂神社までの道のりを、のんびりと歩いてみるのも良いかと思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.09

京都・洛北 京都桜コレクション ~半木の道~

Nakaraginomiti1702111

加茂川の東岸、北大路橋から北山大橋の間の道を半木の道と呼びます。道沿いには紅枝垂れ桜が植えられ、満開になると桜のトンネルとなって、とても綺麗ですよ。(写真は全て昨年撮影したものです。)

Nakaraginomiti1702112

半木の道の桜は、今年で51年目に入るので、そろそろ脂が乗って来るころかな。花が見頃になるのはソメイヨシノよりも少し遅いくらいの事が多い様です。

Nakaraginomiti1702113

ここは八重紅枝垂れ桜で統一されるはずだったのですが、何本かは一重が混じっています。これは植樹する時に、職人さんが間違えたからだそうですね。道を歩きながら一重咲きを探してみるのも面白いかも知れませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.08

京都・洛西 京都桜コレクション ~仁和寺~

Ninnaji1702081

京都に桜の名所は沢山ありますが、その中でも最も有名な場所が仁和寺、通称「御室」です。そこに咲く桜は御室桜と呼ばれ、遅咲きの桜として知られます。(写真は昨年に撮影したものです。)

Ninnaji1702082

その特徴は土壌の関係から背丈が伸びず、低い場所で花が咲く所にあります。花(鼻)が低いというところから、お多福桜の異名もありますね。花見は一方通行の通路を通って行く事になりますが、花に埋もれた様な感覚になり、とても美しく良いものですよ。

Ninnaji1702083

仁和寺は御室桜が圧倒的ですが、枝垂れ桜も綺麗ですよ。特に五重塔との絡めた眺めはここならではです。

御室桜は概ねソメイヨシノが終わった頃に見頃を迎えます。ただし、年によって前後があり、また見頃も三日程度と短いですから、情報は小まめに入手する様にして下さい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.07

京都・洛東 京都桜コレクション ~真如堂~

Sinnyodou1702071

紅葉で知られる真如堂も、桜の名所の一つです。真如堂の桜はソメイヨシノが中心ですが、早咲きのしだれ桜もあります。また、銘木に数えられる縦皮桜も、知る人ぞ知る存在ですね。

Sinnyodou1702072

それに注目する人はほとんど居ませんが、八重桜も綺麗ですよ。特に普賢象桜がある事を知っている人は少ないでしょう。

Sinnyodou1702073

紅葉の時はとても混み合う真如堂ですが、桜時分は普段より多い程度で、それほどでもありません。境内にはテーブル付きのベンチもあるので、お弁当持参で花見と洒落込むのも良いかも知れませんよ。(ただし、団体の飲食はお断りとあるので、多人数の利用にはご注意下さい。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.06

京都・洛東 桜コレクション ~清水寺~

Kiyomizudera1702061

先週末は京都に行けなかったので、今週はそうだ京都行こうのキャンペーンにちなみ、桜コレクションをお届けします。まずは清水寺から始めましょうか。

Kiyomizudera1702062

なるべく最近の写真で構成しようと思ったのですが、清水寺は2010年が一番新しいものでした。何度も訪れている清水寺ですが、桜の季節は意外な程少なかったです。

Kiyomizudera1702063

7年も経つと、清水寺も変わっていない様で変わっていますね。例えばこの桜は、本堂補修の為に伐られてしまっており、もう見る事は出来ません。なので、この写真は貴重なショットと言えます。

Kiyomizudera1702065

清水寺の桜はソメイヨシノが中心となります。その他にもしだれ桜や山桜があり、合わせればおよそ1000本になるそうです。本堂や奥の院は補修中で景観的には今ひとつかも知れませんが、見所は沢山ある場所なので、お薦めのポイントには変わりありませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.05

そうだ京都行こう 2017年春のキャンペーン 「二条城」

Nijyojyo1702

今年も「そうだ京都行こう」の春のキャンペーンが始まりました。今年選ばれたポイントは二条城、2003年に続いて2度目になります。今年は大政奉還から150年に当たる事も、キャンペーンに選ばれた理由の一つの様ですね。

二条城には桜が沢山あると聞きますが、実は花の季節には行った事がありません。なので詳しくは判らないのですが、特集ページに拠れば城内のそこかしこに桜は植わっている様です。ただし、早咲きから遅咲きまであるとの事なので、一度に咲くという事はないでしょうね。

二条城の見所は桜だけではなく、二の丸御殿や庭園にもあります。特に二の丸御殿は、貴重な城郭御殿の遺構として国宝に指定されています。現在は障壁画の修復作業中で、二の丸御殿大広間と黒書院については模写と入れ替えられています。

二条城はそこそこ広いので、キャンペーン対象となっても桜を見る分には、それほど混み合うという事はないのかな。でも、御殿の中は渋滞が起きるかも知れませんね。それを覚悟の上なら、見に行くのも良いかも知れませんよ。

| | トラックバック (0)

2017.02.04

京都・洛中 京都梅事情2017 ~京都御苑 1.28~

Kyotogyoen1702031

平成29年1月28日の京都御苑です。この日は一部の梅が見頃を迎えていました。

Kyotogyoen1702032

見頃と言っても数本だけで、ほとんどはまだ咲いていないか、ちらほら咲きなのですけどね、寒い冬の中、良く咲いたものだと思います。

Kyotogyoen1702033

この梅は出水口にある紅梅で、毎年いち早く咲き出す木です。今年も早くも満開になっていました。

Kyotogyoen1702035

こちらは出水の小川沿いにある白梅です。この木も満開でしたね。なぜかカメラマンに人気で、誰も居ない所を撮れたのはこの一枚だけでした。

Kyotogyoen1702036

京都御苑の見頃も2月半ばから後半、遅咲き系は3月半ば頃でしょうか。ここも暫く通って様子を見守りたいと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.02.03

京都・洛中 京都梅事情2017 ~北野天満宮 1.28~

Kitanotenmangu1702031

平成29年1月28日の北野天満宮です。この日は一部の梅が五分咲き程度になっていました。

Kitanotenmangu1702032

全体としてはまだ咲いていない梅の方が多いのですが、この木の様に満開になっている梅もあります。毎年の事だけど、梅の進行は木によって違いが大きいですね。

Kitanotenmangu1702033

この牛の上の梅も五分咲き程度になっていました。この木も毎年早く咲く梅で、楼門を潜ってすぐのところにある事から、この時期には特に目立ちます。

Kitanotenmangu1702035

ところで、最近は刀剣ブームだそうで、宝物館では国宝刀展が行われていました。メインになるのは髭切という太刀なのだそうですが、残念ながらこの日は貸し出し中という事で見る事が出来ませんでした。北野天満宮にはこの先も何度も行くことになるので、次の機会に見てこようと思っています。

Kitanotenmangu1702036

北野天満宮の見頃は、どうだろう、たぶん2月中頃以降かな。進行具合を見るために、出来れば毎週訪れたいと思っているところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.02

京都・洛中 御会式桜と妙蓮寺椿 ~妙蓮寺 1.28~

Myourenji1702021

平成29年1月28日の妙蓮寺です。この日は御会式桜が三分咲き程度になっていました。

Myourenji1702022

三分咲きと言っても冬の間中はほぼ同じで、4月上旬に満開になります。同じ冬に咲きますが、梅とは違い、桜だけあって、はんなりした雰囲気がありますね。

Myourenji1702023

花は小さいけれど、八重咲きです。この花びらを持っていると想いが叶うという言い伝えがありますが、咲いている花を千切ると駄目なのだそうなので、ご注意下さい。

Myourenji1702025

この時期、妙蓮寺を飾るもう一つの花が妙蓮寺椿です。椿の中でも銘花と呼ばれる花の一つですが、実は余り程度の良いものは咲いていません。この日も沢山咲いていましたが、ほとんどは花びらが変色したり、半分程度になったりしていました。これは鳥が蜜を目当てに啄むからで、この写真を撮った時もメジロが沢山群れていました。残念ではあるけれど、鳥には貴重な餌な訳で、やむを得ない事なのでしょうね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.01

京都の節分祭案内

今年も2月となり、間もなく節分を迎えます。京都では各社寺で様々な行事が行われ、それを見て歩くのを楽しみにしているのですが、今年も残念ながら出かけられないので、主な行事を紹介しておこうと思います。

1.八坂神社

2日から3日にかけて、舞殿で舞踊奉納と豆まきが行われます。ここは4つの花街のきれいどころが舞の奉納と豆まきを行なうのが特徴ですね。奉納は各日午後1時からと3時からなの2度なのですが、早くから場所取りをする人が多いので、前に行くのはなかなか難しいです。

豆まきは他の団体も含めて計8回行われるのですが、狭い境内の中、半端なく混雑した状況で行われるので、かなり危ないです。小さいお子さんを連れていくのは止めた方が無難です。他に福引き付きの豆も売っており、景品を狙うのも面白いと思いますよ。詳細はホームページでご確認ください。

2.吉田神社

ここは2日の夜に追儺式が行われます。赤、青、黄の3匹の鬼を、矛を持った方相師が退治するのですが、ユーモラスな鬼の所作が面白いですよ。追儺式は午後6時からですが、主な舞台である舞殿に行くには、相当早い時間からでないと場所取りは無理だと思われます。通路の方なら結構動きがあるので、辛抱していれば前まで出て行く事が出来るかな。

その後、3日の午後11時から火炉祭が行われます。これは古いお札を燃やす儀式ですが、とても大きな火柱が立つそうですよ。詳細はホームページでご確認下さい。

3.平安神宮

古式に則った大難の儀が3日の午後2時から行われます。陰陽師に依る儀式、方相師に依る追儺式など宮中の行事がそのまま再現されていて、とても興味深い行事です。その後は茂山千之丞社中による鬼踊りがあって、これもユーモラスでとても楽しいですね。境内は広いので、どこからでも見る事が出来ますが、大難の儀を間近で見ようと思えば、本殿近くに場所を取る必要があります。概ね1時間ほど前に行けばなんとかなるかな。

このほか狂言奉納、火焚祭などもあり、半日ここで過ごす事も出来ますよ。まだ行った事のない人には、お勧めの場所です。詳細はホームページでご確認下さい。

4.智積院

午前11時から明王殿で節分祭が行われます。明王殿に入って、護摩焚きの行や数十人の僧侶による法要に参加する事が出来ます。派手な演出はないですが、法悦と言っては大げさですが、荘厳な雰囲気に浸りたい人にはお勧めです。開始の30分くらい前に行けば、十分に中に入る事は出来ると思います。豆まきも殿内で行われるので、必ず豆をゲット出来ますよ。詳細はホームページでご確認下さい。

5.伏見稲荷大社

午前9時から節分祭が催行され、その終了後に豆まきが行われます。豆まきは午前11時30分と午後1時にも行われ、計3回のチャンスがあります。基本的に豆まきだけですが、境内は広いためそれほど混み合う事はなく、また豆も盛大に撒かれますので、福豆は比較的ゲットしやすいですね。

6.廬山寺

午後3時から鬼法楽が行われます。人気のある行事でして、狭い境内に人が溢れますので、早い時間から行かないと中に入れなくなる恐れがあります。写真を撮るなら最前列を確保する必要がありますが、競争が激しいので3時間前くらいには行っておかないと難しいかもしれません。また、鬼法楽の前後に行われる鬼のお加持は、鬼が身体の治して欲しいところを剣で叩いて、癒やしてくれますよ。詳細はホームページでご確認下さい。

7.千本釈迦堂

午後3時から節分会が行われます。法要に先立ち上七軒の舞妓による奉納舞が行われるのもここの特徴ですね。節分会は茂山狂言社中による狂言仕立てで、この寺縁のおかめが主役となるという独自の筋書きです。開始の1時間前に行けば最前列が確保出来るんじゃないかしらん。ただ開始時分には境内がほぼ埋まっていましたから、早く行く事に越した事はないと思われます。

8.須賀神社

2日と3日に節分祭が行われます。豆まきは2日の午後3時に行われる様ですが、これには行った事が無いですね。面白いのは懸想文売りで、烏帽子水干姿の怪しげな人たちが縁結びのお札を売っています。買った懸想文は箪笥に入れておくと良いそうですが、これはここにしかない演出です。

9.聖護院

2日と3日に節分会が行われ、追儺式は3日の午後1時から催されます。これにはまだ行った事がないのですが、結構面白い様ですね。午後3時からは厄除開運採燈大護摩供が行われ、大勢の山伏が取り囲む中、大護摩が焚かれます。山伏の集団という、ここ独特の雰囲気が良いですね。

10.下鴨神社

3日に節分祭が行われますが、追儺弓神事は正午頃行われます。豆まきはその後、午後1時くらいからですが、弓神事の後の的の争奪戦の方が激しいですね。何でも割れた的に御利益があるとかで、早い者勝ちで取り合いが行われます。もっともこれは俗信で、神社では関知していないとの事です。詳細はホームページでご確認下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ