« 真田丸 豊臣家と三条大橋 | トップページ | 京都・洛中 檸檬の書店復活 ~丸善~ »

2016.10.13

真田丸 豊臣秀次の菩提寺 瑞泉寺

Zuisenji1610131

三条大橋を西に行き、木屋町通を少し下れば、前関白従一位豊臣秀次公之墓という石柱が建っています。ここが豊臣秀次公の菩提寺、瑞泉寺です。

Zuisenji1610132

門前には、歴代の大河ドラマで登場した秀次の記事が掲げられていました。秀吉の時代を語る上では欠かせない人物ですから、登場回数も必然的に多くなるのですね。その歴代の秀次の中で、真田丸で描かれた秀次像は、それまでのイメージとは一線を画するものでした。どこまで史実に即したものかは判りませんが、少なくとも最近の研究では殺生関白というイメージは消え、近江八幡の治世で一定の成果を上げたなど、秀次に対する見直しは進んでいる様です。

Zuisenji1610133

ここが秀次とその一族の墓所です。中央の大きな墓石が秀次、その周囲の石柱が一族と、それに殉じた家臣たちの供養塔です。これは昭和17年に、財団法人豊公会の発起により整備されたものだそうです。

Zuisenji1610135

そして、この石が秀次公の首を入れたものと伝わる石櫃で、それを示すように秀次が切腹した7月15日の日付が刻まれています。何ともなまなましい気がしますね。

一族の処刑後は、遺体を埋めた穴の上に塚を築き、その頂上にこの石を置いて見せしめにした上で、畜生塚と呼ばせたと言われます。秀吉の狂気としか言えない沙汰で、豊臣政権の末期症状を示した事件でした。

もし秀次が生きていたとして、関白として家康に対抗し得たのか、あるいは秀吉の願い通りに秀頼の後見人に徹したのか、見てみたかった気がします。果たしてどうだったかは判りませんが、その後の歴史が違っていたであろう事は確かだと思います。

|

« 真田丸 豊臣家と三条大橋 | トップページ | 京都・洛中 檸檬の書店復活 ~丸善~ »

真田丸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/64325868

この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸 豊臣秀次の菩提寺 瑞泉寺:

« 真田丸 豊臣家と三条大橋 | トップページ | 京都・洛中 檸檬の書店復活 ~丸善~ »