« 真田丸 第38回「昌幸」 | トップページ | 京都・洛北 彼岸花2016 ~大原 9.24~ »

2016.09.26

京都・洛北 秋海棠2016 ~寂光院 9.24~

Jyakkouin1609261

お彼岸も後半を迎えた9月24日、秋の風情を求めて大原の里を訪れて来ました。

Jyakkouin1609262

最初の訪問地は寂光院、大原では西に位置する天台宗の尼寺です。創建は推古2年(594年)と古く、聖徳太子が、父の用明天皇の菩提を弔うために建てられたと伝わります。

元の本堂は桃山時代頃のものと言われていましたが、平成12年に放火にされ、ご本尊諸共焼け落ちてしまいました。現在の建物は平成17年に再建されたもので、これも新しく復元されたご本尊(地蔵菩薩立像)をお祀りしています。

Jyakkouin1609263

今の時期の境内では、美しく咲きそろった秋海棠を見る事が出来ます。この日はまさに満開で、こぼれんばかりに咲いていました。

Jyakkouin1609265

大原は寂光院だけでなく、三千院周辺でも秋海棠が咲いています。中国原産の花ですから自生ではく、この里の人や僧侶達によって植えられたものなのでしょう。でも、この山里の風情にはぴったり来る花ですね。

Jyakkouin1609266

この日は柴漬けの日にあたるという事で、大原女の装束を着た人たちが柴漬けを配っていました。調べてみると、9月21日から24日の間に寂光院を訪れた先着100名に進呈とあり、丁度良いタイミングで行けた様です。

柴漬けは阿波内侍が建礼門院のために考案したと伝わり、その美味しさに感激した女院が命名したのだとか。まさにここが発祥の地と言われる所以です。女院はむらさきは(紫葉)漬けと呼んだとも言い、鄙の中にも雅さが感じられる名付け方ですね。

|

« 真田丸 第38回「昌幸」 | トップページ | 京都・洛北 彼岸花2016 ~大原 9.24~ »

京都・洛北」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/64249875

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・洛北 秋海棠2016 ~寂光院 9.24~:

« 真田丸 第38回「昌幸」 | トップページ | 京都・洛北 彼岸花2016 ~大原 9.24~ »