« 京都・洛東 縁結びの神様 地主神社 | トップページ | 真田丸 第36回「勝負」 »

2016.09.10

京都・洛東 第41回京の夏の旅 ~高台寺~

Koudaiji1609101_2

第41回京の夏の旅、3カ所目は高台寺にやって来ました。ここは高台寺道、ねねの道という名でも知られますが、二年坂などと同じく近年お店が増えているところです。

Koudaiji1609102

台所坂を登り切ると門に飾られた妖怪の提灯が出迎えてくれました。これは夏の旅の企画として百鬼夜行図が展示されている事に依ります。ただ以前からも百鬼夜行図の展示はあり、夏になるとこの提灯は出ていましたね。

Koudaiji1609103

拝観料は600円で、通常の拝観と変わりません。夏の旅としては前述の百鬼夜行図の展示の他に開山堂の龍図が見やすくなっていること、そして展望台が開放されている事が含まれます。寺としては拝観者の少ない夏に人集めが出来る事、拝観者としては普段と同じ値段で付加価値を楽しめるという事に意味があるのかな。

Koudaiji1609105

庭園では百日紅が綺麗に咲いていました。一つ気付いたのは、芝生の丘の上にあったもみじが無くなっていた事で、枯れてしまったのでしょうか。毎年黄色く色づく姿の良いもみじだったのですが、惜しい事をしましたね。

Koudaiji1609106

これが展望台の上から眺めた景色です。ここは大坂夏の陣で炎上する大阪城の煙を、北政所がはるかに見つめていたという場所で、真田丸ファンの私としてはぜひ訪れておきたいと思っていたのです。残念ながら大阪方面は木が茂っていて見通せなかったのですが、何も無ければ十分に見えたでしょうね。

夫と共に築築き上げた豊臣家が滅び去る様を、北政所が何を思って見つめていたのか、それを考えるだけでも十分に値打ちのある拝観でした。

|

« 京都・洛東 縁結びの神様 地主神社 | トップページ | 真田丸 第36回「勝負」 »

京都・洛東」カテゴリの記事

コメント

高台寺は秋の紅葉ライトアップを見に行った事があるだけですが、この眺めは覚えています。
夕暮れの美しい京都の街並みに、ロウソクのように立つ京都タワーが印象的でした。

北政所も同じ景色を見ていたなんて感動です。 (゚m゚*)

この妖怪提灯も可愛らしいな~

投稿: mami | 2016.09.10 21:30

mamiさん、

京都タワーは灯台をイメージしたものですが、
ロウソクの様にも見えますね。
北政所も八坂の塔は眺めた事でしょう。

でも、豊臣家が滅びる煙を見る心境はどんなだったでしょうね。
半ば覚悟していた事とは言え、余人には計り知れないものがあった事でしょう。

この寺はなぜか以前から百鬼夜行を売りにしています。
それも鬼なのに少しも怖くないのですよ。
この提灯もその流れですね。
また夏に来る事があればたぶん特別拝観をしていますから、
ぜひお寄り下さい。

投稿: なおくん | 2016.09.10 22:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/64152908

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・洛東 第41回京の夏の旅 ~高台寺~:

« 京都・洛東 縁結びの神様 地主神社 | トップページ | 真田丸 第36回「勝負」 »