« 真田丸 第28回「受難」 | トップページ | 祇園祭2016 前祭・宵山 ~綾傘鉾・船鉾・四条通~ »

2016.07.18

祇園祭2016 前祭・宵山 ~保昌山・白楽天山~

Niwatorihiko1607181

祇園祭が前祭、後祭に分かれてから三年目になりますが、宵山の人の流れは以前と変わっています。人出も分散されて、少し減ったかな。そのぶん、歩きやすくなった感じですね。

Housyouyama1607181

今年は京阪の清水五条で下りて、保昌山から訪れる事にしました。こうすると四条通の混雑を回避しながら、祭りの中心部に行く事が出来るのです。

Housyouyama1607182

保昌山は鉾町から少し外れた場所にあるのですが、人気の高い山です。その理由はご神体の藤原保昌さんにあって、和泉式部に求愛した時、紫宸殿にある梅の枝を手折って欲しいと言われます。式部にしてみれば、体の良い断り文句だったのでしょうけど、保昌さんは本気にし、お叱りを受ける事を覚悟の上で、本当に梅を手折って来たのでした。結果、式部は保昌の求愛を受け入れたのですが、この事から縁結びに御利益のある山と言われる様になったのです。

Housyouyama1607183

なので、保昌山のちまきは盗難除けのご利益があるとされ、お守りは縁結びが中心です。

Housyouyama1607185

この小さな絵馬も人気ですね。奉納されるのはわずか3日だけですけど、きっと御利益はある事でしょう。次に保昌山のわらべ歌をお聴きください。

宵山ならではの歌詞が今晩限りとなりましたというところで、これが宵々山だと今、明晩限りと変わります。わらべ歌ではないけれど、場所によっては今晩限定と言って売り込んでいるところもありましたね。

Hakurakutenyama1607181

宵山では、通りによって一方通行になっています。室町通は北行き一方通行でした。そのとっかかりにあるのが白楽天山です。

Hakurakutenyama1607182

この白楽天山は、唐の詩人の白楽天が西湖の北の山に赴き、道林禅師に「仏法の大意は如何に」と問うた場面を表しています。道林禅師は「諸悪莫作 衆善奉行」と、はぐらかすように答えました。白楽天は半ばあきれて「そんなことは三つ子でも知っています」と言うと、道林禅師は「そのとおり。しかし80の老翁でも行いがたいことなのです」と言いました。白楽天は道林の徳に感服して帰ったと言います。左の人形が白楽天、右の人形が道林禅師を表しています。

この白楽天山の北側には鶏鉾があるのですが、警備員がやたらと写真を撮るなとマイクで叫けび、町会所に入ろうにも制限がされており粽も買えずで、何がなんだか判らない状況でした。警備員も叫ぶだけが能じゃあるまいし、もう少し上手く誘導して欲しいものだと思います。

|

« 真田丸 第28回「受難」 | トップページ | 祇園祭2016 前祭・宵山 ~綾傘鉾・船鉾・四条通~ »

祇園祭」カテゴリの記事

コメント

祇園祭ですか実は私は30年くらい前に、京都で大学に通ってましたが恥ずかしながら祇園祭だけは1度も訪れておりません(^_^;)
母校の京都産業大学のクラブの先輩に誘われて時代祭のバイトもしたし、葵祭も何度か見に行ったのに何故か祇園祭は知らないんですよ。
3年前には家内と二人で初めて五山送り火を観に行きました、高野のアバンシャルホテル(確か元はホリデーイン)の屋上から観る送り火は幻想的でしたね。
そのホテルも2年前には閉館したそうですが、跡地にはパチンコ屋が出来るという嫌な噂も流れてましたねぇ。
どうして学生の頃はああいう情緒のある行事に興味が無かったのか、今になって京都の良さを再認識しております(^_^;)
岡崎の阿国庵の過去記事にコメントさせて頂きました、京都情報を知りたいのでちょくちょく読ませて頂きます、宜しくお願いします。

投稿: モノノフ | 2016.07.19 10:48

私は白楽天山が最後になってしまい10時前にもかかわらず
雨のせいかすでに提灯の灯が消え、会所も閉まっていました^^;

こちらで見ることができました。
ありがとう♪(*^_^*)

投稿: Milk | 2016.07.19 12:27

モノノフさん、

私も学生時代までは京都で過ごしましたが、
祇園祭には数えるほどしか行かなかったです。
実際に住んでいるとそんなものですね。

京都を離れてからは京都の良さが判る様になり、
今はこんなブログもやってます。
出来るだけタイムリーな話題を提供出来る様にしていますので、
これからもよろしくお願いいたします。

投稿: なおくん | 2016.07.19 21:06

Milkさん、

全部を回ろうとするとは相変わらずの馬力ですね。
私は室町と新町の南側を見ただけで引き上げてしまいました。
でも、祭りの雰囲気はやはり良いものですね。

投稿: なおくん | 2016.07.19 21:10

わらぺ歌、可愛らしいですね。
私なら縁結びのお守り買ってしまいそう!(笑)
子供たちが売っているという事は、
売り上げは地域のものになるのでしょうか?

投稿: mami | 2016.07.20 21:34

mamiさん、

お守りは大小2種類あるのですが、どちらも良く売れてましたよ。
とにかく女性が多いのがこの山の特色です。

売り上げは、たぶんですが、山の保存会に入って、
山の維持費に使われるのだろうと思われます。
昔から各鉾町で豪華さを競ってきた祇園祭ですから、
その反動として何かとお金が掛かるのでしょうね。

投稿: なおくん | 2016.07.20 23:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/63931402

この記事へのトラックバック一覧です: 祇園祭2016 前祭・宵山 ~保昌山・白楽天山~:

« 真田丸 第28回「受難」 | トップページ | 祇園祭2016 前祭・宵山 ~綾傘鉾・船鉾・四条通~ »