« 京都・洛中 新緑2016 ~相国寺 4.23~ | トップページ | 京都・洛北 足汰式2016 ~上賀茂神社~ »

2016.05.01

真田丸 第17回「再会」

上田城。徳川勢が攻めてくるとの報に接し、新しい策で迎え撃つと昌幸。源次郎から何の知らせも無い事に不信感を募らせる源三郎。

大阪城。京から帰った秀吉に、真田を救うべく必死に食い下がる源次郎。うるさいと一喝し、面白いものを見せてやると源次郎を誘う秀吉。

浜松城。秀吉の名代として表裏比興の者である真田の首を刎ねよという命令を家康に伝える且元。謹んで受ける家康。

今度こそ真田を滅ぼすといきまく家康。私におまかせあれと忠勝。

大阪城。秀吉の誘いは出雲の阿国の踊りを見る事でした。そんな心境にはなれないと源次郎。これは他言無用と前置きし、殿下は家康に真田攻めを命じた後にすぐに取りやめの命を出されると三成。家康は自分の顔を立てた、そこでこちらも家康の顔を立てる、その上で中止の命を出し、その時家康がどう出かるを見極めるのだと秀吉。その事を且元は知っているのかと源次郎。あいつはそんな腹芸が出来る男では無い、真田は自分が守ってやると秀吉。

阿国の舞。

源次郎に、茶々の側に居て変な虫が付かないよう見張っていて欲しいと頼む秀吉。

踊り子の中に松とそっくりな女を見つけてはっとする源次郎。

浜松城。秀吉からの真田は関白預かりとするとの書状に接し、怒り狂う家康。とまどうばかりの且元。

真田の方が付いたとなれば、上洛を命じてくるはずと正信。わしは行かぬと家康。

上田城。秀吉が家康に待ったを掛けたと知り、ほっとする昌幸。これで時が稼げる、その間に上田の城下を鉄壁に仕上げると昌幸。我らも上洛した方が良いのではないかと源三郎。もっと真田の値打ちを高めるために、上洛はしないと昌幸。

大坂城。新たに茶々の警護役を命じられた源次郎。

家康が上洛して来ない事に苛立つ秀吉。後は人質を差し出すよりないと三成。既に旭姫を出していると秀長。それ以上の人質を出すのですと三成。実の妹以上となると、それしかないかと秀吉。

なかに人質に行ってくれと頼む秀吉。反対する寧と秀長。物見遊山のつもりで行けばと秀次。秀吉のためならと承知したなか。

その様子を詰めの間に居る源次郎に伝えるきり。そこに現れた茶々。きりを幼なじみと紹介する源次郎。二人はいい仲かと問う茶々。ええ、まあと答える源次郎。嬉しそうに去るきり。きりの仕草を真似る茶々。そこに現れた三成。

御文庫。家康は人質をどのように扱うのかと源次郎に問う三成。三成は以前とりが家康の人質になっていた事を知っていたのでした。自分には大政所を守る大任があると三成。祖母は大切にされたと言っていたと源次郎。昌幸の母でさえそうなのだ、殿下の母をぞんざいに扱うはずがないと吉継。そこに現れた清正と正則。

なかを人質に出すと聞き、三成をなじる清正と正則。万が一の事があったらどうするのかと聞かれ、何もしないと答える三成。激高する清正。間に入って止めようとする源次郎。全ては殿下が決めた事と三成。三成が焚きつけたに違いないと清正。三成を誤解していると吉継。お前には情というものがないと決めつける清正。

馬鹿と話すと疲れると三成。なぜ大政所を守るために尽くすと言わないのかと源次郎。あいつらに好かれたいとは思っていないと三成。

浜松城。母親を人質に出すとは思い切った事をと家康。そろそろ上洛してやりますかと正信。猿の母親をどうやって見定めると家康。それを知っている人がすぐ側に居るではないですかと正信。

旭姫の機嫌を伺う阿茶局。不機嫌な様子の旭。そこに入って来て、なかが大坂からやって来る事になったと知らせる家康。阿茶を通して何時かと問う旭。間もなくだそうだと家康。仏頂面な旭姫の手を取り、少しは笑ってくれと家康。阿茶局を通して笑っていると答える旭。

天正14年10月18日。岡崎城。大政所と対面を果たした旭姫。抱き合う二人を見て、上洛の支度をと正信。

大坂城。阿国の一座の稽古。一座の中で藤の髪飾りを付けた女を見て、松ではないかと思う源次郎ときり。

一座の踊り子に向かって、力が入りすぎている、丹田から息を出すつもりですうっと吐く、すると力が抜けると教える阿国。

松という人は居ないかと阿国に尋ねる源次郎。そんな名の者は居ないと阿国。松を見つけて、声を掛ける源次郎ときり。しかし、人違いだと笑い飛ばす松。他人のそら似ではと阿国。

夜。突然源次郎の部屋に入ってきた秀吉。慌てる源次郎。頼みがあると秀吉。明日、家康の前に出るとしゅんとしてしまう、しかし、それではいけないと秀吉。今夜の内に家康に会っておけば上がらなくて済むと秀吉。その仲立ちを頼みたいと三成。そう言われましてもととまどう源次郎。有無を言わさず、すぐに支度をと三成。

秀長の屋敷。家康に拝謁する源次郎。源次郎の背後に控える謎の男。上田合戦の話を交わす二人。今夜の内に殿下が話しをしたいとおおせと伝える源次郎。話が見えないと家康。突然、面倒くさいと立ち上がった謎の男。それは秀吉でした。驚く家康。

明日の会見で一芝居打って欲しいと頼む秀吉。明日、色々と偉そうな事を言うから、最後に不肖徳川家康、殿下に全身全霊をもってお仕えすると高らかに言って欲しいと頼む秀吉。まだ事態を飲み込めない家康。お前からもお頼みしろと源次郎に命ずる秀吉。お願いしますと頭を下げる源次郎。自分は芝居が苦手だ、身体ががちがちになってしまうと家康。それを聞いて阿国の事を思い出し、丹田から息を吐き出せば固さが取れると源次郎。そのとおり試す秀吉と家康。拝謁の最後に、殿下の陣羽織をそれがしに、殿下に逆らうものはこの家康が成敗しますと言って欲しいと秀吉。芝居がどんどん難しくなっていると家康。やってちょうでゃせと頭を下げる秀吉。お手を上げて下さいと家康。これからは二人で新しい世を築いていくのだ、二人が同じ思いでいる事を万民に知らせたいのだと秀吉。わかりましたと秀吉の手を取る家康。手を取り合って笑い合う二人。

廊下。源次郎に真田に宛てた文を手渡す三成。旅の僧に預けても駄目でしたかと源次郎。これも預かっていると源三郎からの文も見せる三成。真田と徳川の事は決して戦にはしないと言ったはずだ、そして徳川は真田討伐をあきらめ、上洛して臣従を誓う、あわてふためいていたのはお前一人だ、もっと物事の裏を読め、素直なだけでは生きていけないと三成。肝に銘じますと源次郎。それにしても不思議な男だ、お前のような薄っぺらな小僧が、上杉に気に入られ、徳川に取り入り、殿下の心を掴んでしまった、何者なのだと三成。真田昌幸の次男坊ですと源次郎。

上田城。秀吉の滅びる日も近い、まだ上洛はしないと昌幸。

大坂城。打ち合わせ通りの芝居をする秀吉と家康。


今回は家康の上洛をめぐる駆け引きが描かれました。今回も大筋は史実どおりで、源次郎の関わり部分だけが創作ですね。でも、やはり三谷脚本は面白く、良く出来たドラマだと実感させられます。

表裏比興者とは、実際に秀吉が書状の中で昌幸の事を指して言った事で、昌幸の変幻自在な立ち回りを、表裏定かで無い卑怯者とののしったのでした。ただし、実際には上杉に対する書状の中だった様ですね。前回の副題の表裏はこの事を指すと思っていたのですが違いました。

家康に対する真田征伐の書状は8月6日付けだったのですが、翌7日付けの書状では真田の問題は秀吉が預かるという命令を出しています。このあたりもドラマにあったとおりですね。なぜこんな朝令暮改をしたのかには諸説ありますが、主なものとしては上杉がとりなしたとする説、真田を滅ぼす事で信州の勢力バランスが崩れる事を恐れたとする説、ドラマにあった様に家康との間での信頼関係を築くための駆け引きだったとする説などがあります。

大政所が人質に出された事も史実にあるとおりで、表面上は健康の優れない旭姫の見舞いのためという名目でした。そして、岡崎城で抱き合う二人を見て、大政所が本人と見極めたのもドラマで描かれたとおりです。ただし、家康が大政所を大事に扱ったかと言うとそうでもなく、自分の身に何かあった時のためにと、大政所と旭姫の部屋の周囲には薪を積み、いつでも火を付けられる様にしたとも伝えられます。

家康と秀吉の対面の前夜に、秀吉が家康の下を尋ね、明日は一芝居打ってくれと頼んだという事も、史実とされていますね。これによって家康ほどの者が秀吉に心より臣従したと世間に思わせ、天下の安定を狙ったと言われています。

次回は昌幸の上洛が描かれる様ですね。昌幸が秀吉とどう関わるのか、楽しみに待ちたいと思います。


|

« 京都・洛中 新緑2016 ~相国寺 4.23~ | トップページ | 京都・洛北 足汰式2016 ~上賀茂神社~ »

真田丸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/63565117

この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸 第17回「再会」:

« 京都・洛中 新緑2016 ~相国寺 4.23~ | トップページ | 京都・洛北 足汰式2016 ~上賀茂神社~ »