« 京都・洛中 京都梅事情2016 ~智恵光院 2.21~ | トップページ | 京都・洛東 つり雛展2016 ~法住寺~ »

2016.02.28

真田丸 第8回「調略」

甲斐。北条が攻めて来るとうろたえる家康。冷静に北条の次の狙いは信濃と見切る正信。

信濃に侵攻した北条軍。

小田原。北条軍快進撃の報に、食べる分だけ汁を掛ける、それがわしのやり方だと手綱を締める氏政。

海津城。北条を迎え撃つ覚悟の景勝。

真田の郷。北条を迎え撃とうと源三郎。待つのだと昌幸。

海津城。信伊に調略とは何かを学ばせて欲しいと願う源次郎。

信伊の息子、信春と偽り、信達に近づく源次郎。
信達に昌幸が北条に付いたと打ち明け、寝返りを誘う信伊。聞かなかった事にすると席を立つ信達。

まだ裏切りの目はある、もう一押しだと信伊。その一押しを自分にやらせて欲しいと源次郎。

真田の郷、作兵衛の家。源次郎に助けてもらったと嬉しそうに話すきり。面白くない様子の梅。

海津城。信達に自分は昌幸の子だと打ち明け、説得に来たのだと告げる源次郎。上杉には恩があると信達。武田に対する恩義はどうなるのだ、氏直は信玄の孫だと源次郎。これ以上この話はするなと信達。

理屈では人は動かぬ、あせりは禁物だと信伊。

真田の郷。信達の調略に手こずっているとの報に、これ以上は待てぬ、氏直に会いに行くと昌幸。

岩櫃城。昌幸が北条に付いたとの知らせに驚く源三郎。

作兵衛の家。戦支度をして勇んで出て行く作兵衛。

小諸城。遅いと昌幸を一喝する氏直。昌幸は小県のまとめ役、味方にすればさらに多くの味方を得る事が出来ると昌相。
北条に付く事は認める、室賀の後ろにでも控えていろと氏直。
手土産に春日信達を調略して来たと昌幸。そんな事をしなくても上杉には勝てると吠える氏直。そこに現れた氏政。
昌幸に目を止め、真田が加勢してくれれば勝利は間違いないと喜ぶ氏政。
信達を調略したと告げる昌幸。そんな小細工は必要無いと氏直。戦は楽に勝てるに超した事はないと氏政。勝利の暁には海津城を信達に与えると一筆書いて欲しいと昌幸。目出度い事だ、書いてやれと氏政。

三万の軍勢で川中島に陣を進める北条軍。七千の軍勢で海津城に本陣を置いた上杉軍。

海津城。昌幸が北条に付いたとの知らせを聞き、信伊を責める景勝。昌幸にはほとほとあきれた、越後に骨を埋める覚悟だと信伊。嬉しい言葉だと景勝。

信達に氏直は海津城を返してくれると言っていると告げる信伊。武田さえ滅んでいなければと信達。海津城を取り戻してこそ、父上の無念を晴らす事になると源次郎。その言葉に心を動かされた信達。

小諸城。信達がなびいたとの知らせに喜ぶ昌幸。氏直の書状を届けようと内記。佐助を呼び、例の件頼むと告げる昌幸。

海津城。氏直からの起請文が届いたと信伊。信達が喜ぶと源次郎。自分の様にはなるなと言い捨てて出て行く信伊。

川中島で対峙する上杉と北条。

北条の陣。氏直に上杉の軍勢は一万や二万では利かないと話す猟師。それは佐助が化けた姿でした。上杉にそれだけの兵力があるのかと疑心暗鬼になる氏直。

千曲川対岸。磔にされた信達。

信達が処刑されたと知り、昌幸を責める氏直。このまま攻めるしかないと昌幸。徳川が甲斐に入ったという知らせが来ている、ここは兵を引くと氏直。下手をすると総崩れになると引き留める昌幸。ならば殿軍を任せると氏直。

上手く操ったなと昌相。判りやすい男だ、逆の事しか言わないと昌幸。

甲斐に向かった氏直。重家の反乱のために越後に戻った景勝。

甲斐、躑躅ヶ崎館。北条軍が来るとの知らせにうろたえる家康。こうなったら迎え撃つしかないと正信。

源次郎の回想。
信達に氏直の書状を見せる信伊。喜ぶ信達を刺した信伊。呆然とする源次郎に、相手から刀を抜いた様に見せかけるのだ、急げと信伊。

あやしい者を引き入れていたところを見つけたところ、信達が斬りかかってきたのだと景勝に説明する信伊。四条を示し、信達が北条に通じていたのは間違いないと兼続。助かったと景勝。見せしめに磔にせよと兼続。

兼続が怪しんでいる、いずれからくりが知れる、早く真田の郷に帰れと源次郎に命ずる信伊。

信達の遺骸に手を合わせる源次郎。そこに通りがかった景勝。
自分は信達を買っていた、武田の遺臣である事を気にしていたが、そんな事で家臣を差別したりしない、明日の合戦で城の守りを命じたのは最も相応しい男だと思ったからだ、人の心は判らぬものだと景勝。

すべては父と叔父の策だったのだと源次郎。北条と上杉が兵を引き、昌幸だけが残った、そのために信達を利用したのだと源次郎。

真田の郷。父上は何がしたいのかと源三郎。信濃から上杉、北条、徳川が去った、信濃は空っぽになっている、狙いはそこではと源次郎。そこに戻ってきた昌幸。

どこまでが狙いだったのかと源三郎。全てだと昌幸。これより信濃は国衆が治める、大名などいらん、我らだけの国を作るのだと昌幸。

躑躅ヶ崎館。これは全て真田の策ではないかと見抜いた家康。


今回は北条と上杉を手玉に取った昌幸の謀略が描かれました。大筋では史実に基づいていて、そこに創作が大幅に取り入れられているのがこのドラマの面白いところですね。

春日信達の父は高坂昌信で、武田の四天王の一人と言われた人でした。主として海津城にあり、上杉に対する押さえとして重きをなした人です。信達はその次男で、長男が長篠の戦いで戦死したため、家督を継いでいました。北条氏と上杉氏が対峙する中、北条方に寝返ろうとした事は事実で、その糸を引いたのが昌幸と信伊だったと言われている事もドラマにあるとおりです。戦いを前に謀反が判明して成敗され、磔にされたのもドラマにあるとおりですが、殺したのは信伊とは伝わっていません。

氏直が甲斐を攻めると言った時、止めた方が良いと昌幸が言ったのもドラマにあるとおりで、それを押して氏直は甲斐に向かったのでした。氏直の母は信玄の娘の黃梅院で、信玄の外孫にあたるのですね。氏直はそれを誇りとし、甲斐に行けば諸将が靡くと考えていた様です。ドラマでも、信達の説得に源次郎が言っていましたね。

信濃が一種の真空地帯となったのは事実ですが、それは形の上だけの事で、昌幸が国衆が治める国にするつもりだったと言うのは創作でしょう。戦国時代の真っ盛りならともかく、この時期ではどたい無理な話だと思われます。それはそれとして、次回はその構想を巡る昌幸の策謀が巡らされる様ですね。どんな決断が下されるのか楽しみに待ちたいと思います。

|

« 京都・洛中 京都梅事情2016 ~智恵光院 2.21~ | トップページ | 京都・洛東 つり雛展2016 ~法住寺~ »

真田丸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/63276401

この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸 第8回「調略」:

« 京都・洛中 京都梅事情2016 ~智恵光院 2.21~ | トップページ | 京都・洛東 つり雛展2016 ~法住寺~ »