« ねこづらどき12周年 | トップページ | 第34回全国都道府県対抗女子駅伝 »

2016.01.18

真田丸 第2回「決断」

岩櫃城への道中、苦難の連続に遭う真田家の人々。
追い詰められた武田勝頼。
織田への手土産に真田の人々をと策略を巡らす小山田信茂。その網に掛かった源三郎たち一行。
自害して果てた勝頼。
新府城跡を訪れ、嬉しくないとぼやく家康。
勝頼は凡庸な男ではなかった、何が人を滅ぼすのかと家康。
小山田の陰謀に気づいた源二郎。
危機一髪の所に現れ、一行を救った昌幸。
毛嫌いしながらも、しれっと穴山梅雪を歓待する家康。
岩殿城を手土産に織田家の下を訪れた信茂。
卑怯者は要らないと信茂の首を刎ねる信忠。
善後策を協議する真田一族。
真田家当主として苦慮する昌幸。
源三郎と源二郎を前にこれからの道は二つある、上杉に付くか北条に付くかだと昌幸。
上杉は弱き者を助ける家風、北条とはかねてより何度も文を交わしていると昌幸。
どちらに付くかをくじで選べと昌幸。
ためらいながらもくじを引こうとする源三郎。
言葉とは裏腹にくじを引かせない昌幸。
こんな大事な事をくじで決めて良いのかと昌幸。
上杉に付けば織田への捨て石にとされる、北条に付けば織田へ突き出されると源三郎。
どちらもありだと源二郎。
くじを投げ捨て、あえて火中に身を投じる、織田に付くと決断を下した昌幸。

今回のドラマはコミカルにはしないと作者は言っていたはずですが、十分にコミカルではないですか。特にくじの下りは秀逸でした。本来シリアスな場面でくすりと笑えるとは、三谷節の真骨頂です。
真田が北条家と通じていたのは史実にあるとおりです。真田家の様な国人衆は、自家を守るために仕える主を変えるのが常であり、裏切りには当たらないのはドラマの昌幸が言っていたとおりでしょう。
史実と言えば信茂が裏切ったあげく処刑されたのもそうで、織田家は甲斐衆は基本的に許さない方針だった様です。そんな中に織田家に下ろうとする昌幸ですが、どういう経過を辿るのかは次週に描かれる様ですね。史実を踏まえながら独自色を加えている三谷脚本は出だし好調と言え、今後の展開に期待出来そうです。

|

« ねこづらどき12周年 | トップページ | 第34回全国都道府県対抗女子駅伝 »

真田丸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/63081372

この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸 第2回「決断」:

« ねこづらどき12周年 | トップページ | 第34回全国都道府県対抗女子駅伝 »