« 京都・洛東 十日ゑびす2016 ~京都ゑびす神社~ | トップページ | 京都・洛東 冬景色2016 ~八坂の塔~ »

2016.01.10

真田丸 第1回「船出」

大河ドラマ「真田丸」が始まりました。12年ぶりの三谷幸喜作品とあって期待していたのですが、確かに面白い展開でした。またコミカルにもシリアスにも演じられる堺雅人ですが、初回はコミカルな演技で楽しませてくれました。

始まりは武田家の滅亡から描かれました。裏切りの連続する中で、自家保存のために複雑な動きをする昌幸。史実でも岩櫃城に勝頼を迎えようとしたとされますが、どこまで勝算があったのでしょうか。もし勝頼が昌幸の言に従っていたらどうなっていたか興味深いところですね。

ところで、主人公の名は幸村ではなく信繁とされています。これは同時代資料に拠ったもので、幸村というのは後世に付けられた名だそうですね。昌幸、伸幸と言うように真田家に縁のある幸の字に、信繁が佩用していたという刀「村正」の村を付けて創作されたのだとか。

真田十勇士も後世の創作で今回のドラマには出てこないそうですが、最後に出てきた佐助はどうなのかしらん。一人だけ例外として登場させたのかな。

それにしても、真田丸という題名は、信繁が後に築いた出丸の名だけで無く、一年間掛けて描く信繁の生涯を航海に例え、彼が乗る船という意味も持っていたのですね。だから第一回の表題は船出だったのか。伏線を得意とする作者らしいな。

これから先、史実としては資料の少ない、と言うよりほとんど無い信繁の生涯を三谷幸喜がどう描いていくのか、楽しみながら見守っていきたいと思っています。また堺雅人の演技にも期待ですね。

|

« 京都・洛東 十日ゑびす2016 ~京都ゑびす神社~ | トップページ | 京都・洛東 冬景色2016 ~八坂の塔~ »

真田丸」カテゴリの記事

コメント

真田昌幸35歳、信幸16歳、信繁15歳ですが・・・(-_-;)武田勝頼については↓に詳しく書いてます。

http://ameblo.jp/katsuyori/entry-10439003722.html

投稿: 四郎勝頼 | 2016.01.11 10:17

四郎勝頼さん、

大河で登場人物の年齢が合わないのはスルーするのがお約束です。
江の時も最初は酷かったものなあ。

勝頼については読ませて頂きました。
ハンドルネームにされるだけあってお詳しいですね。
今回のドラマでは出番が少なくて残念でしたね。

投稿: なおくん | 2016.01.11 23:28

昌幸、伸幸と言うように真田家に縁のある信の字とありますが、

伸幸は信幸(信之)で、
海野氏・真田氏の通字は、信でなく幸だと思います。

投稿: 海野小太郎 | 2017.01.19 12:30

海野小太郎さん、はじめまして。コメントありがとうございます。

おっしゃるとおり信では意味が通りませんね。
これは幸のタイプミスでした。

ご指摘ありがとうございました。

投稿: なおくん | 2017.01.19 21:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/63041573

この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸 第1回「船出」:

« 京都・洛東 十日ゑびす2016 ~京都ゑびす神社~ | トップページ | 京都・洛東 冬景色2016 ~八坂の塔~ »