« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014.12.31

良い年をお迎え下さい

Kotosinokanji141231

今年も大晦日を迎えました。皆様におかれては、今年はどんな年だったでしょうか。私的には、おみくじが大吉だった割には、あまり良い事がないという年でした。少しおみぐしに期待しすぎたかも知れないですね。それでも、ブログを日々更新出来たのだから、それほど深刻な事態には遭遇せずに済んだだけましと言えるのかも知れません。

さて、今年の漢字は「税」でした。消費税が8%に上げられた事が理由だとの事ですが、日本漢字能力検定協会のホームページを見ても、あまり良い事は書いていませんね。ソチオリンピックでの活躍や、ノーベル賞受賞など明るい話題も多かったと思うのですが、やはり生活に直結した出来事として印象が深かったのでしょう。来年は、もっと希望の持てる字が選ばれる年になって欲しいものだと思います。

さて、今年も当ブログを訪れて頂きありがとうございました。毎年同じ事を書いていますが、一年間無事に続けてこられたのは、読んで下さる皆様のおかけです。特にコメントやトラックバックを頂いた方々には感謝しています。

2015年が皆様にとって良い年でありますように。
来年も当ねこづらどきをよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.30

京都・洛東 歳末風景2014 ~二年坂・三年坂~

Sannenzaka1412301

年末を迎えた三年坂です。清水寺へと通じるこの坂は、季節に関係なく常に賑わっていますね。

Sannenzaka1412302

最近は観光客の半ば近くが外国の方で占められており、中国語や英語がそこかしこで飛び交っています。ここはどこの国かと思うほどですね。また、和服を着ているからといっても油断は出来ず、実は中国の方だったという事もしばしばあります。それだけ日本に関心を持ち、好きでいてくれる人たちが大勢居ると思って良いのかな。だとしたら、嬉しい限りです。

Sannenzaka1412303

そんな観光客で賑わう坂を登り切ったところでは、寒椿が咲いていました。この季節にあっては、三年坂の良い彩りになってくれています。

Sannenzaka1412305

二年坂では椿が咲いていました。ただ、残念な事にこの花に関心を示す人はほとんど居なかったです。あれほど大勢の人が通り過ぎていくのにね。

二年坂に行かれたら、少し上を見てください。綺麗な椿が沢山咲いていますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.29

京都・洛北 歳末風景2014 ~糺の森~

Tadasunomori1412301

年の瀬、糺の森を歩いて来ました。ここはまだもみじが散らずに残っているのですね。ヒートアイランドのせいかどうかは判りませんが、もう毎年の景色になって来ているので、特に違和感は感じなくなってしまいました。

Tadasunomori1412302

既に季節は冬なのですけど、この晩秋を思わせる景色もなかなか素敵だと思います。季節をひと月ほど遡ったと思えば良いのかな。

Tadasunomori1412303

見上げる青空も、秋とは違う冬の空です。でもそこに残りもみじが映える光景というのは、この森ならではのものですね。

Tadasunomori1412305

出来れば、このもみじに雪が積もっている景色を見てみたいものです。さそかし綺麗だと思うのですけどね、なかなかタイミングが合わないだろうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.28

京都・洛東 知恩院 除夜の鐘試し撞き2014

Tionin1412281

平成26年12月27日、知恩院で除夜の鐘の試し撞きが行われました。これは大晦日の本番に先立ち、鐘の状態を確かめるとともに、撞き手の練習のために行われるものです。

Tionin1412282

試し撞きとは言え、結構な人気があります。今年は土曜日という事もあってか、例年よりも賑わっていましたね。

Tionin1412283

人気の理由は、その独特な撞き方にあるのでしょう。17人掛かりで撞くという大がかりなもので、そのうち一人は後ろ向きに飛ぶ様にして撞くという豪快さです。

Tionin1412285

今年は明らかに初心者という僧が何人か居て、なかなか大変そうでした。えい、一つというかけ声も上手く出来ず、タイミングも合わずといった感じで、本番は大丈夫なのかなと心配になったりします。まあ、後継者を育てるためには、必要なプロセスなのでしょうけどね。

知恩院の鐘の魅力は、この重低音にあります。大晦日の夜に京都の町を歩いていると色々な鐘の音が聞こえてきますが、知恩院の鐘の音だけは聞き分ける事が出来ますね。ただ、これも撞き手によって音が異なり、上手く行くと綺麗に響きますが、下手に撞くと音が割れてしまいます。

Tionin1412286

試し撞きは午後2時頃に始まり、午後3時頃に終わります。最初の30分程は混み合う上に鐘楼の周囲をプレスが埋めてしまうので、写真はほとんど撮れません。でも、じっと辛抱していれば観客も減って行き、最前列にも行ける様になりますよ。

今年しまったと思ったのは、最後の二度撞きを動画に撮り損なった事で、全く油断していました。ちゃんと時計を見ておかなくてはいけなかったですね。でも、その瞬間は見る事が出来たので、動画はまた来年の楽しみとしておく事にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.27

京都・洛中 師走の風景2014 ~錦市場~

Nisiki1412261

京都の歳末風景と言えば、錦市場を外す事は出来ないでしょう。京都の台所として知られ、特に年末はおせち料理の食材を買い出しに来る人で賑わいます。

Nisiki1412262

歳末らしい店先と言えば、こんな感じかな。ぼうだらや数の子など、昔ながらの正月用の食材が並べられています。今ではかなりの高級品で、良い値段が付けられていますね。

Nisiki1412263

そんな錦市場も、今ではすっかり観光化しており、ここに来る人の半ばは外国人ではないかと思われる程になっています。歩いていると様々な国の言葉が飛び交っており、お店の人も慣れたもので英語で受け答えをしていましたね。

Nisiki1412265

今では、家でおせち料理を作る人も減ってきているのかな。おせち料理そのものを売っている店もありました。こんな豪華なおせち料理なら、食べてみたい気もしますね。

客筋は変わってきても、賑わいは変わらない歳末の錦市場でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014.12.26

京都・洛中 師走の風景2014 ~錦天満宮~

Nisikitenmanguu1412251

新京極に行くと必ずお参りするのが錦天満宮、その名の通り菅原道真公をお祀りする神社です。

Nisikitenmanguu1412252

創建は十世紀の初頭に遡り、道真公の旧邸に建てられました。その後、歓喜寺の鎮守社となり六条河原院跡に移転し、さらに秀吉の京都改造によって現在の地に移転させられました。錦天満宮と呼ばれるようになったのは、その後の事です。

Nisikitenmanguu1412253

境内の手水となっているのが錦の水。京都の名水の一つとして知られます。一度この水でお茶を淹れて飲んでみたいものですが、持って帰るのが大変なので、まだ実現していません。

Nisikitenmanguu1412255

境内に吊されていたのは大願梅。この中に願い事を書いた紙が入っているのですが、月次祭の時に炊きあげて頂けるそうです。これから受験シーズンですから、この梅がいくつも並ぶ事になるのでしょうね。

賑やかな繁華街にあって、ほっとなじむ事の出来る空間、それが錦天満宮です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.12.25

京都・洛東 京都市動物園 只今リニューアル中

Kyotosidoubutuen1412271

京都市動物園がリニューアル中です。1903年に開業したという、全国で二番目に古い歴史を持つ動物園ですが、ほぼ全面的な改築が進められています。

Kyotosidoubutuen1412272

展示方法も工夫されており、このトラの園舎などはガラス張りになっており、文字通り目の前をトラが通り過ぎていきます。あまりに近すぎて、カメラのピントが合わなかったのですが、その迫力は判って頂けるでしょうか。

Kyotosidoubutuen1412273

空中回廊も整備されており、園内を見渡す事が出来ます。キリンを上から見下ろすなんて、なかなか無い事ですから、興味深かったです。

Kyotosidoubutuen1412275

この日は、ペンギンが鳴くところを初めて見ました。当たり前だけど、ペンギンて鳥なんだなと改めて思いましたね。この姿は、ツルが鳴くところとそっくりでした。

Kyotosidoubutuen1412276

少し残念なのが、夜行性の動物が多いため、あまり活動的な姿を見る事が出来ない事です。京都市動物園では夜間入園というイベントもやっているそうなので、次はぜひ夜の動物たちの姿をみてみたいものだと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.24

京都・洛中 クリスマスイルミネーション2014 ~京都駅~

Kyotoeki1412241

今日はクリスマスイブ、ご家庭で、街でと楽しんでおられる方も多いと思います。当ねこづらどきでもクリスマスモードとして、京都駅のクリスマスツリーをお届けします。

Kyotoeki1412242

この巨大ツリーも今年で17回目、すっかり京都の風物詩となっています。これだけ豪華なツリーが無料で見られる場所は、そう多くない事でしょう。

Kyotoeki1412243

そして、音楽に合わせて絵が動く大階段が、今年も健在です。近くに居ると何の絵だか判り難いのですけどね。

Kyotoeki1412245

東広場の方から見ると、ツリーと大階段のイルミネーションのコラボレーションを見る事が出来ます。絵柄とともに、ツリーも明滅してとても綺麗ですよ。

Kyotoeki1412246

でも、ここに来る人は本当に少なくて、寂しいくらいです。二人きりで静かに過ごしたいという人にはぴったりの場所かもね。ぼんやりと音楽を聴きながら、人の流れを見ているのも結構面白かったりします。

京都駅のクリスマスイルミネーションは明日まで、まだ見ていない人は足を伸ばされては如何ですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.23

京都・洛西 ローム・イルミネーション2014

Rhom1412221

ロームのイルミネーションが4年ぶりに復活しています。2011年の東日本大震災の後、節電ムードの高まりと業績の悪化という理由から中止されていたのですが、市民からの要望を受けて今年から再開されました。

Rhom1412222

イルミネーションは、ほぼ中断前と同じですね。これはシンボルツリーのヤマモモの木。表面にクリスマスツリーが描かれています。

Rhom1412223

佐井通のメタセコイア並木のイルミネーションは、光のプロムナードと名付けられています。黄金色に輝く、とても美しい並木道ですね。

Rhom1412225

名倉公園周辺は、星が降るような銀色の世界です。ただ、公園の中は夕方まで降っていた雨のせいでぬかるんでおり、誰も居なかったのが寂しかったですね。

Rhom1412226

厚生施設棟前で行われているのが「光のカレイドスコープ」です。カレイドスコープとは万華鏡という意味だそうですね。この映像をあやつれるタッチ・ザ・ライツというイベントも行われていたはずなのですが、私が行った時にはやってなかったです。雨のせいだったのかしらん。

ロームのイルミネーションは、25日まで行われています。場所は西大路五条の少し西、市バスなら京都駅からが便利ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.22

京都・洛東 師走の風景2014 ~祇園白川~

Gionsirakawa1412261

師走の雨の日、祇園白川を訪れてきました。この界隈は、雨の日の方が風情が増すと思ったからです。

Gionsirakawa1412262

少し驚いたのは、まだ綺麗な紅葉が少なからず残っていた事です。先日の強烈な寒波と風にも関わらず、まだ盛りのように色づいたもみじが残っていたとは意外でした。ここに雪が積もった景色は、さぞかし綺麗だった事でしょうね。

Gionsirakawa1412263

普段は人通りが絶える事のない巽橋も、さすがに冬の雨の日には閑散としていました。こういう写真が撮れたのは、久しぶりじゃないかしらん。

Gionsirakawa1412265

何度も訪れている切り通しですが、雨に濡れた石畳というのは、やはり良いものですね。ここに舞妓さんでも歩いてきてくれたら最高なのだけどな。でも、なかなかそうは上手くはいかない様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.21

女子第26回全国高校駅伝競走大会

Jyosiekiden1412211

平成26年12月21日、女子第26回全国高校駅伝競走大会が開催されました。京都の師走の風物詩として親しまれているこのイベントですが、男子は64回、女子も26回を数える様になっているのですね。

Jyosiekiden1412212

私が観戦したのは女子の方で、場所は今年も紫明通です。ここを選ぶ野理由は、写真に撮ったとき、背景が殺風景にならないというのが一番ですね。それにそれほど混み合う事がないというのも理由の一つです。

Jyosiekiden1412213

今年は、何度もトップが入れ替わるという熱戦でしたね。私が見ていたのは二区と三区に当たるのですが、ここでは京都のリードが大きくこのまま勝つのではないかと思っていたのですが、そのあと大阪が逆転しました。結果は大阪の薫英女学院が初優勝を飾り、京都の立命館宇治が2位となっています。

Jyosiekiden1412215

ちょっと意外だったのは、例年上位を争う豊川高校や興譲館高校といった有力校が下位に沈んだ事で、見ていてあれっと思いました。やはり年ごとに選手が入れ替わる高校駅伝ですから、毎年ハイレベルを保つのは容易ではないという事なのでしょうか。

Jyosiekiden1412216

それと、応援にも規制が掛かり、林立していたのぼりが姿を消しました。それも一つの景色だったのですが、あまりにも応援が過熱しすぎたためなのでしょうね。他にもレース進行に合わせてバスや自家用車で移動する応援も規制されています。何事も過ぎたるは、という事なのでしょう。

とはいえ、沿道からの分け隔てのない声援は見ていて気持ちの良いものであり、地元の方達の節度を感じます。京都で長く駅伝が支持されてきた理由がここにあるのなという気がしますね。来年以降もこのイベントが末永く続く事を願うばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.20

京都・洛北 クリスマス・イルミネーション2014 ~北山ウェディングストリート~

Kitayama1412181

京都、松ヶ崎にある北山ウェディングストリートで、クリスマスイルミネーションが開催されています。これは界隈にならぶ10のブライダル関係の施設が、クリスマス期間中イルミネーションを灯すというイベントですね。

Kitayama1412182

中でも中心となるのがル・アンジュ教会で、挙式が行われていない時は、教会の中まで入る事が出来ます。この日は残念ながら挙式中だったので入る事は出来ませんでしたが、とても幻想的な礼拝堂になっていますよ。

Kitayama1412183

もう一つは、京都ノーザンチャーチ北山教会ですね。ここは教会自体のライトアップが素敵なところで、異国情緒漂う姿を見る事が出来ます。もっとも、昼間に来ると、向かい側が畑だったりするのですけどね。

Kitayama1412185

ここは残念ながら中に入る事は出来ず、見る事が出来るのは前庭だけです。それでも巨大なスノーマンやミッキーマウスが出迎えてくれるので、クリスマスムードは満点ですね。

Kitayama1412186

12月22日には、100万人のキャンドルナイトに協賛してロウソクが灯されるので、とても幻想的な景色となりますよ。平日の夜ですが、興味のある方は訪れてみられては如何ですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.19

京都・洛北 クリスマス・イルミネーション2014 ~京都府立植物園~

Kyotofuritusyokubutuen1412181

京都府立植物園で、観覧温室の夜間開室とイルミネーションが開催されています。このイベントも今年で10回を数える様になりました。

Kyotofuritusyokubutuen1412182

展示は毎年少しずつ変えられていて、今年は天使のイルミネーションが北山門前に移設されています。冒頭の写真がそれで、トウカエデのライトアブとのコラボレーションがとても綺麗ですね。また、長年変わらないものもあって、このトナカイの橇は、実際に座って、記念撮影を撮る事が出来ますよ。

Kyotofuritusyokubutuen1412183

シンボルツリーのトウカエデですが、今年も綺麗な姿を見せてくれています。今年は明日20日から23日まで、この木でプロジェクションマッピングが行われるという事なので、興味のある方は行かれてみては如何ですか。

Kyotofuritusyokubutuen1412185

華やかさを増した北山門に比べて、正門側は少し寂しくなっています。以前にあった鼓笛隊や天使のイルミネーションは消え、エントランスという感じてはなくなっていますね。その代わり、クリスマスツリーの数は沢山増えていました。

Kyotofuritusyokubutuen1412186

今年は開催エリアが増え、四季 彩の丘までライトアップが続いています。でも、そこまで行ってもあるのはこれだけで、少し拍子抜けですね。せっかくなのだから、もう少しがんばってくれない事かしらん。

京都府立植物園のライトアップは、12月25日までです。植物園会館ではミニコンサートも行われるのですが、詳細は判りません。もう少し情報を発信して欲しいところなのですが、最近の植物園は以前ほど広報に力を入れていない様なのが残念ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.12.18

京都・洛中 クリスマスイルミネーション2014 ~新風館~

Sinpukan1412151

新風館で、今年もクリスマスイルミネーションが開催されています。題して、STAR LIGHT CHRISTMAS 2014。クリスマスツリーも大小合わせた豪華な仕様ですね。

Sinpukan1412152

エントランスは、空から星が降ってくるイメージなのかな、とても華やかです。スターライトとはこの事なのでしょうか。

Sinpukan1412153

施設内は、ステージを中心にとても華やかにライトアップされています。周辺はビジネス街ですから、ここはまるで別世界の様ですね。

Sinpukan1412155

ただ、以前と比べると、ライブの数が減っているんじゃないかしらん。数年前は毎日の様にステージでライブが行われていたのに、今年は週に一回程度になっています。事情は良く判らないけれど、寂しい事は寂しいですね。

Sinpukan1412156

それはともかく、クリスマスの雰囲気を味わうには良い場所です。買い物や食事がてら、訪れてみられては如何ですか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.17

京都・洛中 クリスマスイルミネーション2014 ~セントアンドリュース教会~

Standrews1412171

御幸町通三条下ルにある結婚式場がセントアンドリュース教会です。ここもクリスマスシーズンに合わせてイルミネーションで飾られています。

Standrews1412172

とぢらかと言えば地味な御幸町通にあって、ここだけが華やかな彩りに溢れているという不思議な空間ですね。でも、色合いは暖かく、寒い冬には有り難い色彩です。

Standrews1412173

クリスマスツリーも立派なものが飾られています。京都の町並みには似合わないと言う人も居るかもしれませんが、京都人はこういうのが結構好きなんですよね。

Standrews1412175

少し残念なのが、毎年投影されていたMerry Christmassの文字が無くなっている事です。投影機そのものが無くなっており、故障して撤去してしまったのかな。ここで一番嬉しい演出だっただけに寂しいですね。

でも、クリスマスらしい華やかさはあり、寺町京極からもすぐ近くにある事から、少し足を伸ばしてみられては如何ですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.16

京都・洛中 クリスマスイルミネーション2014 ~京都ホテルオークラ~

Kytohotelokura1412161

京都もすっかり師走モード、各地でクリスマスイルミネーションが灯されています。そのいくつかを回ってきましたので、紹介して行きます。とは言っても、毎年同じ場所なのですけどね。

Kytohotelokura1412162

最初は京都ホテルオークラ。毎年おなじみとなっている巨大なクリスマスツリーが今年もお目見えしています。

Kytohotelokura1412165

ツリーとしての実体はないけれど、高さとしては京都最大でしょうね。今年はワイヤーが昨年までの25本から42本に増え、色どりがパージョンアップしています。

Kytohotelokura1412163

周辺には小さなツリーが飾られ、街路樹もまた電飾でライトアップされています。こちらに使われている電球は5万4千球だとか。それくらい使わないと、これだけの見栄えにはならないのでしょうね。

Kytohotelokura1412166

少し意外なのは、昨年までは2月14日まで続いていたイルミネーションが、今年は12月25日までで終わるらしい事です。クリスマスバージョンが終わるだけという事なのかもしれないのですが、華やかな姿をご覧になりたい方は、早めに行かれる事をお勧めします。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.12.15

京都・洛北 師走の風景2014 ~糺の森~

Tadasunomori1412151

平成26年12月13日、糺の森を訪れてみました。紅葉の盛りは既に過ぎているのは承知していましたが、思っていたよりもみじの葉は残っていました。

Tadasunomori1412152

季節は既に冬と言って良い時期に入っていますが、ここに限っては晩秋の風情が漂っています。特に日暮れ時に行ったので、余計に寂しさを感じたのかも知れません。

Tadasunomori1412153

紅葉としては、あまり美しいものは残っていないのですが、秋の終焉を感じさせてくれる色ではありますね。

Tadasunomori1412155

糺の森も間もなく新年を迎える準備が始まり、落ち葉が清掃され、初詣客用の駐車場として整備される事でしょう。晩秋の風情を味わえるのも、あと少しの間ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.14

京都・洛西 嵐山花灯路2014

Togetukyou1412151
(写真は昨年に撮影したものです。)

今年も嵐山花灯路が開催されています。今年で10回目となる行事で、すっかり師走の風物詩となっていますね。最初はこんな寒い時期に来場者なんてあるのかと思っていたのですが、昨年は期間中に100万人以上が訪れたと言いますから、一大イベントとして大成功を収めていると言えるのでしょう。

この行事の魅力は、なんと言ってもライトアップの美しさでしょうか。青く浮かび上がる嵐山、妖しく照らし出される竹林の小道は、何度見ても素晴らしいですね。

協賛行事も年々充実しており、今年はクイズラリーが開催されています。五カ所の出題ポイントでクイズに答えると、賞品が貰えるそうですよ。その賞品が何かまでは判らないのですが、お子様連れには楽しい企画なんじゃないかな。また、嵐電嵐山駅には、京都水族館の協賛としてクラゲが展示されているそうです。ちょっと突飛な組み合わせという気もしますが、ゆらゆらとクラゲが揺れる姿には癒やされるものがある事でしょう。

注意すべき点は竹林の小道が一方通行になっている点で、一度入ると常寂光寺まで行かないと帰る事が出来ません。ここは承知しておかないと慌てる事になりますよ。

嵐山花灯路は12月21日までの開催となっています。終了時間が20時30分と早いので、余裕を持って早めに出かけられる事をお勧めします。

詳しいイベント内容については、公式ホームページをご覧になってください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.13

京都・洛東 京都紅葉事情2014 ~建仁寺 11.29~

Kenninji1412081

平成26年の紅葉めぐり、最後は建仁寺で締めくくりたいと思います。建仁寺は町中にあり、最も遅く紅葉が進む場所の一つですが、今年は11月末で既に見頃の終盤を迎えていました。

Kenninji1412082

境内の紅葉はまずまずだったかな。少し傾きかけた日を受けて、美しく輝いていました。

Kenninji1412083

既に散ってしまっていたもみじも多く、特に望闕楼前の木が落葉してしまっていたのは残念だったな。

Kenninji1412085

一方、潮音庭はまだ紅葉半ばで、この次の週くらいに見頃になっていたものと思われます。京都で最後の紅葉の一つだった事でしょうね。

Kenninji1412086

今年の紅葉は、夏の天候が不順だった事から程度が良くないかと危惧されていましたが、結果から見ればそう悪くない年回りでした。展開は読み難くどこから見頃になるのか判からなかったのですが、これも結果から見れば11月後半に見頃を迎えたところが多かった様です。そして、終焉は唐突に訪れた感じでしたね。もう少し余韻を楽しみたかったところだけれど、一度に冬になってしまったのでは、どうしようも無いところでした。

今年は平日に休みが取れなかったのが痛かったな。東福寺などは平日でないと無理ですからね、また来年の楽しみとする事にします。

皆様には長々と紅葉巡りにおつきあい頂きありがとうございました。これからは、ねこづらどきも歳末モードに入っていく事としますので、引きつつきおつきあいのほど、お願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.12

京都・洛東 京都紅葉事情2014 ~二年坂 11.29~

Ninenzaka1412081

平成26年11月29日の二年坂界隈です。この日の東山は紅葉が見頃を迎えており、大勢の人で賑わっていました。

Ninenzaka1412082

中でも二年坂周辺は、人混みでごった返すといった表現がぴったりと来ます。清水寺門前の混雑と良い勝負になっていますね。まあ、あれだけ店が増えれば当然の結果とも言えますが、それにしても混みすぎで、風情も何もあったものではない感じです。

Ninenzaka1412083

そんな中で静かに過ごせるのが興正寺別院なのですが、残念ながらこの日はこの木が紅葉していだだけで、他はほとんど終わっていました。今年は紅葉が始まるのが早かった様ですね。

Ninenzaka1412085

そして、高台寺への登り口から見た八坂の塔です。紅葉の裾模様が綺麗ですね。

来年は、早朝を狙って東山界隈を歩いてみたいと思っています。そうすれば人混みを避けて、静かな風情を味わう事が出来るでしょうからね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.11

京都・洛西 京都紅葉事情2014 ~祇王寺 11.22~

Giouji1412121

平成26年11月22日の祇王寺です。この日は紅葉が見頃を迎えつつあるところでした。

Giouji1412122

ここは日当たりの関係か、西側のもみじから色づく様ですね。東半分はまだ色づきが浅く、盛りと言うにはまだ少し早い感じでした。

Giouji1412123

この翌週あたりには、先に色づいた葉が苔の上に落ち、のこり半分が見頃を迎えて丁度良くなっていたのでしょうね。出来れば毎週の様に訪れたいものですが、そうも行かないのが辛いところです。

Giouji1412125

この日は拝観開始からそう遅くない時間に入ったのですが、結構な数の人が訪れていました。帰り際には団体客が入ってくる所でしたから、もう少し遅かったら人混みに揉まれる事になっていたでしょうね。

Giouji1412126

来年は敷き紅葉の頃に訪れて見たいと思っています。タイミングを計るのが難しいですけど、ここと厭離庵の敷き紅葉を見る事が出来たら嬉しいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.12.10

京都・洛東 京都紅葉事情2014 ~今熊野観音寺 11.16~

Imagumanokaqnnonji1412121

来迎院と同じく泉涌寺の塔頭に今熊野観音寺があります。ここもまた紅葉が美しい事で知られています。

Imagumanokaqnnonji1412122

今熊野観音寺は、弘法大師によって創建されました。そのため境内には大師堂があり、階段の登り口には大きな大師の像があります。この像の足下には四国八十八カ所の砂がまかれており、一回りすれば八十八カ所を巡ったのと同じ功徳があるとされています。

Imagumanokaqnnonji1412123

また西国三十三カ所札所巡礼の十五番札所でもあり、巡礼に訪れる人も多く見かけられます。ここは観光寺院と言うより、信仰に重きを置いた寺という印象を受けますね。

Imagumanokaqnnonji1412125

紅葉は本堂周りと鳥居橋周辺に大別出来るのかな。この日は本堂周りがほぼ見頃となっており、鳥居橋周辺はまだ緑のままでした。鳥居橋周辺が見頃になっているのはまだ見た事がなく、いつか機会を得たいものだと思っています。

Imagumanokaqnnonji1412126

ここは札所巡りの人たちなどが多く、紅葉目当ての人は比較的少ないです。決して静かな場所ではないですが、参拝がてら紅葉狩りに訪れて見るのも良い場所ですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.12.09

京都・洛東 京都紅葉事情2014 ~来迎院 11.16~

Gansuitei1412101

平成26年11月16日の来迎院です。ここは山門内にもみじが植わり、そこが紅葉のメインだと思っていたのですが、そうでもなかった様ですね。奥に有料の含翠の庭というのがあるのですが、そこから見る紅葉はまるで違ったものでした。

Gansuitei1412103

含翠の名は、茶室「含翠軒」に由来します。これは大石内蔵助が建てたと言われるもので、ここに同士を集め、仇討ちの密議を交わしていたと言われます。そこに掛けられているのがこの掛け軸で、この茶室の名の元になった大石自筆の書ですね。

Gansuitei1412102

この庭は、密議にふさわしい隠れ家の様な風情があります。紅葉は少し浅めでしたが、逆光に透かした色合いが素敵でした。

Gansuitei1412105

含翠の庭は拝観料が300円と安く、来迎院に行かれたらぜひ入ってみる事をお勧めします。訪れる人も少なく、心逝くまで紅葉を楽しむ事が出来る穴場ですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.12.08

京都・洛東 京都紅葉事情2014 ~黒谷 11.15~

Kurodani1412111

先週末は都合で京都に行けなかったので、今週は蔵出しの写真を元に構成して行きます。まずは、紅葉が見頃を迎えつつあった黒谷からです。

Kurodani1412112

この日綺麗だったのは、山門南側のもみじでした。これは黒谷幼稚園の卒園生が記念に植えたものだそうで、まだ若木ですが良い色合いに染まっていました。

Kurodani1412113

本坊への登り口は、まだ少し浅い色付きでしたね。黒谷の紅葉は、紫雲の庭がメインになるのでしょうか。まだ盛りの時には入った事がないので、来年はタイミングを見計らって訪れてみたいと思っています。

Kurodani1412115

塔頭の栄摂院の紅葉は、まずまずの見頃となっていました。ここも最近は有名になって来た様で、訪れる人も多くなっていますね。

黒谷の紅葉は、この翌週あたりが見頃だったのかな。隣の真如堂ほどは混み合わないので、静かに紅葉を楽しみたい人にはお勧めの場所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.07

京都・洛東 京都紅葉事情2014 ~円山公園 11.29~

Maruyamakouen1412071

東山の紅葉散策、最後は円山公園に立ち寄りました。ここも見頃の終盤に入っており、盛んに葉を散らしていましたね。

Maruyamakouen1412072

ここの紅葉は池の東側、奥に行くほど残っていました。葉が残り少なくなっているぶん、晩秋の風情を感じる事が出来ましたよ。

Maruyamakouen1412073

そしてさらに奥に入り、長楽寺に隣接する一角に行くと、それは見事な敷き紅葉になっていました。とても広い公園ですから、ここまで掃除の手が回らないのかな。

Maruyamakouen1412075

池の周辺は観光客で賑わっていましたが、ここまで来る人は希で、とても静かな時間を過ごす事が出来ました。円山公園の紅葉スポットとしては、穴場と言って良い場所でしょうね。

Maruyamakouen1412076

円山公園の紅葉も、もう終わってしまった頃かな。京都の紅葉は、冬の到来とともに終焉を迎えようとしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.06

京都・洛東 京都紅葉事情2014 ~圓徳院 11.29~

Entokuin1412061

高台寺を出て圓徳院に入りました。圓徳院は高台寺の塔頭で、北政所が晩年を過ごし、一説には終焉の地ともなったと伝わるところです。

Entokuin1412062

ここには北庭と南庭の二つの庭があり、この南庭は徳村宗悦氏作で、比較的新しい庭ですね。紅葉はほぼ盛りで、この日の午前中に降った雨で沢山の葉が散っていました。

Entokuin1412063

北庭は伏見城から移した安土桃山時代の庭で、賢庭が作庭し、小堀遠州が手を加えたと言われます。紅葉は右のもみじが見事な色彩を見せてくれていました。左の木が今ひとつだったのが惜しまれますね。

Entokuin1412065

圓徳院の紅葉は、そろそろ終焉を迎える頃でしょうか。でも14日までライトアップが行われているので、わずかでも紅葉が残っていればそれなりに楽しめるかと思われます。

Entokuin1412066

圓徳院を出ると、向かいの月震真院でも紅葉を見る事が出来ました。ここは非公開なので庭園には入れませんが、山門内にまでは入る事が出来る様になっているので、立ち寄ってみるのも良いかも知れませんよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.12.05

京都・洛東 京都紅葉事情2014 ~高台寺 11.29~

Koudaiji1412051

静かな清閑寺から、観光客で賑わう高台寺へとやって来ました。途中の道筋はどこも人混みで溢れており、さすがに観光シーズンだけの事はありますね。

Koudaiji1412052

高台寺も相当に混んでいるかと覚悟していたのですが、思っていたほどではなかったです。ここはライトアップの方が人気があるのかな。

Koudaiji1412053

高台寺では、山鹿灯籠特別展を行っており、その一環として和傘が展示されていました。山鹿市は、かつては和傘の産地として有名だったそうで、最近はその復興のために様々な取り組みをされているそうですね。この展示もその一環という訳なのでしょう。

Koudaiji1412055

高台寺の紅葉は既に散った木も目立ち、最終盤を迎えているところでした。そろそろ見頃も終わりを迎えている頃なんじゃないかな。

Koudaiji1412056

でも、ライトアップとなれば別で、まだ見応えはある事でしょう。夜間拝観は14日まであるので、まだ訪れていない人は行ってみられては如何ですか。紅葉は終わっていたとしても、和傘の展示だけでも綺麗だと思いますよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014.12.04

京都・洛東 京都紅葉事情2014 ~清閑寺 11.29~

Seikanji1412051

清水寺から清閑寺へとやって来ました。清水寺は多くの観光客で賑わっていますが、その奥にあるこの寺にやって来る人はめったに居ません。この日は先客が数人居ましたがすぐに帰ってしまい、この紅葉を独り占めする事が出来ました。

Seikanji1412052

清閑寺の紅葉は、この日が盛りだったと思われます。色合いは今ひとつで、並の紅葉といったところでしたが、とにかく静かで、晩秋の風情に溢れていましたよ。

Seikanji1412053

清閑寺と言えば小督が出家した場所として知られますが、その供養塔も境内にあります。高倉天皇との悲恋の物語が、この寺の情緒をいっそう際立たせているのかもしれません。

Seikanji1412055

清閑寺の紅葉は、この日の雨でかなり葉が落ちていました。それに、風が吹くたびに葉がサーッと散るといった具合だったので、そろそろ終わりに近づいている頃かなと思われます。

Seikanji1412056

それでもまだいくらか紅葉は残っていると思われ、晩秋の寂しさを感じるには丁度良いんじゃないかな。静かに京都の情緒を楽しみたいという人には、お勧めのポイントです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.12.03

京都・洛東 京都紅葉事情2014 ~清水寺 11.29~

Kiyomizudera1412031

智積院から清水寺へとやって来ました。南側から清水寺に行くときは、五条坂を通らずに西大谷の墓地沿いの道を歩く事にしています。そうすれば、混雑とは無縁に静かに散策を楽しみながら、境内までたどり着く事が出来るのですよ。

Kiyomizudera1412032

清水寺の紅葉は見頃となっていました。ほぼ全面的に色づいており、見応えはありましたね。ただ、本堂周りの紅葉がオレンジ色で今ひとつなのと、あちこちで工事中のため景観が損なわれているのが残念でした。

Kiyomizudera1412033

この日特に綺麗だったのが錦雲渓でした。舞台から見下ろすと一面に赤く染まっており、とても美しい景観でした。

Kiyomizudera1412035

その畔にあるアテルイ・モレの碑の周辺も綺麗に色づいていました。普段は通り過ぎる人ばかりなのですが、この日は記念写真を撮る人も多かったですよ。

Kiyomizudera1412036

清水寺の紅葉は、ほぼ終盤に入っていると思われます。相次ぐ雨や風で散ってしまい、昼間見るとかなり物足りないんじゃないかな。でも、ライトアップされればまた別で、それなりに綺麗に見えますよ、たぶんですけど。夜間拝観は7日までありますから、まだ今年の紅葉を見ていないという人は、出かけられては如何ですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.02

京都・洛東 京都紅葉事情2014 ~智積院 11.29~

Tisyakuin1412021

養源院から智積院にやって来ました。智積院の今年の紅葉の始まりは早かったと聞いていましたが、確かに既に散った木も見られ、見頃も最終盤に入ったと思わせるものでした。

Tisyakuin1412022

ここでも雨で散った散り紅葉が見られ、とても美しかったですよ。一面に赤く染まった様は、目が痛いと感じる程でした。

Tisyakuin1412023

智積院は数年前に庭園が整備され、もみじが沢山植えられたのですが、紅葉の名所という認識まではされていなかったと思います。ところがこの日は沢山の人出で賑わっていました。

Tisyakuin1412025

その原因は観光バスにあった様です。次々にバスがやって来ては、観光客を下ろしていくのですね。この時期の観光バスは決まったコースを行くのではなく、その日の見頃の場所を選んで走る様で、智積院もその情報の中に入っていた様です。

Tisyakuin1412026

智積院の場合は境内が広いから別に良いのだけれど、およそ団体客にふさわしくない小さな場所でも、お構いなしに運んでくるものだから始末が悪いです。妙心寺の大法院などはその典型ですね。ただでさえ狭い場所に団体が押し寄せるものだから、風情も何もなくなってしまいます。少しは考えてくれれば良いのにと思うのだけれど、商売のためにはそんな事は言ってられないのかしらん。

普段の静かな智積院とは違いましたが、紅葉そのものは美しいものでした。次は清水寺を目指す事とします。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.12.01

京都・洛東 京都紅葉事情2014 ~養源院 11.29~

Yougenin1412011

平成26年11月29日の養源院です。この日は紅葉が見頃を迎えていました。

Yougenin1412012

この日の天気は午前中に雨が降り、午後からは青空が広がる小春日和になるという晩秋らしい変わりようでした。秋の空というのは、本当に移ろいやすいですね。

Yougenin1412013

その雨に打たれて、せっかく見頃を迎えた紅葉が散ってしまったのは少し残念でしたが、その反面散り紅葉の美しさを味わう事も出来ました。

Yougenin1412015

養源院の紅葉はまだ色づきが少し浅く、もう少し赤くなるものなのでしょうね。でも、今日の雨でまた散ってしまったものと思われ、かなり寂しい姿になっているかも知れません。

Yougenin1412016

どうにも紅葉が盛りになると雨が降るとしたもので、見頃は長続きしない事が多いですね。その短さが紅葉をより美しく感じさせるとも言えるのかな。

養源院の紅葉を楽しんだ後は、智積院へと向かう事とします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »