« 京都・洛中 桔梗2014 ~廬山寺 7.5~ | トップページ | 京都・洛中 祇園祭2014 曳き初め ~函谷鉾~  »

2014.07.13

京都・洛中 祇園祭2014 ~鉾建て 7.12~

Funehoko1407161

祇園祭も佳境が近付き、10日から13日にかけては鉾建て、山建てが行われました。私が訪れたのは12日、船鉾の鉾建ての真っ最中でした。

Funehoko1407163

山鉾の本体は、木組みと縄がらみだけで作らている事は良く知られています。なまじ釘などでがちがちに固めてしまうより、縄で縛った柔構造の方が巡行時の衝撃に絶えられるという事なのでしょう。先人たちが経験則で得た智恵が、脈々と受け継がれて来ているのですね。

Funehoko1407162

縄の組み方はそれぞれの鉾で異なり、描き出される模様も違います。でも、装飾を兼ねている事は共通しており、まるで工芸品の様に美しいですね。

Funehoko1407165

船鉾の南側にある岩戸山では、丁度縄がらみをしているところでした。ぐるぐると縄を巻いては木槌で叩いて固めるという作業の繰り返しです。見ていてとても手際よく、かつ丁寧な作業ぶりでした。

Funehoko1407166

これが岩戸山の車軸です。さすがに車輪を受け止める部分は金属製ですね。山とその上に乗る人達の全重量を支える部材ですから、見るからに頑丈に作られています。

今年から前祭りと後祭りに分けられた関係で、新町通ではこの二つの山鉾と四条通の北側で放下鉾が組み立てられていました。昨年までなら、さらに南観音山や北観音山も見る事が出来たのですけどね、やはり少し寂しい感じがします。でも、後祭りの時はもっと寂しく感じるのだろうな。でも、年と共に、そういう光景にもだんだんと慣れていくのかも知れませんね。

|

« 京都・洛中 桔梗2014 ~廬山寺 7.5~ | トップページ | 京都・洛中 祇園祭2014 曳き初め ~函谷鉾~  »

祇園祭」カテゴリの記事

コメント

私も今年は鉾建てが見れると思ってたのですが
あいにく台風の通過日にあたってしまい
おでかけを自粛しました。^^;

縄の模様は本当に見事ですよね。

機会があったら組んでいる作業を
一度見てみたいと思ってます。

投稿: Milk | 2014.07.14 12:53

Milkさん、

先週の木曜日は残念でしたね。
鉾建ての職人技は本当に見事ですよ。
思わず見とれてしまいます。

次の木曜日の巡行は今のところ曇りの予報ですね。
今年は私は行けないので、Milkさんのレポートを待つ事にします。

投稿: なおくん | 2014.07.14 20:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/59974091

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・洛中 祇園祭2014 ~鉾建て 7.12~:

« 京都・洛中 桔梗2014 ~廬山寺 7.5~ | トップページ | 京都・洛中 祇園祭2014 曳き初め ~函谷鉾~  »