« 京都・洛東 紫陽花2014 ~智積院 6.21~ | トップページ | 京都・洛東 半夏生の庭2014 ~両足院 6.21~ »

2014.06.25

京都・洛東 沙羅2014 ~智積院 6.21~

Tisyakuinteien1406251

智積院には何度も来ていますが、庭園に入るのは久しぶりです。たぶん、6年ぶりになるのかな。桃山期と江戸期に渡る二つの庭が融合した庭園で、国の名勝に指定されています。

Tisyakuinteien1406252

二つの庭が作られたのは智積院の成り立ちに由来しており、まず桃山期に豊臣秀吉によって祥雲禅寺が建てられ、豊臣氏が滅んで後、徳川家康が祥雲禅寺を智積院能化に寄進したという経緯に依ります。

Tisyakuinteien1406253

智積院は元は紀州の根来寺の学問所だった寺で、秀吉の根来攻めによって焼き払われたという歴史を持ちます。家康は、秀吉によって滅ぼされた寺に秀吉が建てた寺を寄進する事で再興させた訳ですが、そこには豊臣氏の痕跡を徹底的に消したいという政治的思惑があったと言われます。何とも灰汁の強い事をするものですね。

滝組みのある北半分が江戸期の庭、さつきの大刈り込みのある南半分が桃山期の庭で、今では渾然一体となった調和を見せており、徳川氏と豊臣氏のせめぎ合いは遠い時の彼方になったと感じさせてくれます。

Tisyakuinteien1406255

この季節にこの庭に入ったのは、中庭にある沙羅の木を見たかったからです。沙羅双樹と言われる様に双幹仕立てにするのがこの木の倣いなのかな、とても美しい樹形ですね。満開という程でもなかったけれど、この清楚な花を見る事が出来て良かったです。

Tisyakuinteien1406256

梅雨らしい蒸し暑い日でしたが、時折一陣の風が吹き抜けて涼しさを感じさせてくれました。次はこの大刈り込みが赤く色付く頃に来たいですね。きっと、また違った美しさを見せてくれるだろうと思います。

|

« 京都・洛東 紫陽花2014 ~智積院 6.21~ | トップページ | 京都・洛東 半夏生の庭2014 ~両足院 6.21~ »

京都・洛東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/59852677

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・洛東 沙羅2014 ~智積院 6.21~:

« 京都・洛東 紫陽花2014 ~智積院 6.21~ | トップページ | 京都・洛東 半夏生の庭2014 ~両足院 6.21~ »