« 京都・洛東・洛北・洛中 京都梅事情2014 ~速報 3.15~ | トップページ | 京都・洛東 東山花灯路2014 ~二年坂から清水寺まで~ »

2014.03.16

京都・洛東 東山花灯路2014 ~八坂神社から高台寺まで~

Higasiyamahanatouro1403211

京都の早春の風物詩、東山花灯路が行われています。2003年から始まった行事ですから、今年で12回目になるのですね。観光客の少ない時期を活性化させようと始まったイベントですが、今では期間中に100万人が訪れると聞きますから、大成功だったと言えるのでしょう。

Higasiyamahanatouro1403212

まず訪れたのは八坂神社です。ここでは土日、祝日に行われる舞妓の奉納舞踊が人気ですが、私の目的はこの白梅を見る事でした。ほのかな灯りに浮かぶ白い花は、本当に綺麗なのですよ。年によって当たり外れがありますが、今年はご覧のとおり見事な花を咲かせていました。

Higasiyamahanatouro1403213

八坂神社から円山公園に入ると、粟田大燈呂の灯籠が待っています。これは秋に行われる粟田祭に参加する山車で、狐や一つ目小僧など、面白い造形を見る事が出来ます。

Higasiyamahanatouro1403215

円山公園では、火の用心お囃子組と出会う事が出来ました。これは小学生達が拍子木、鐘、太鼓を奏でながら会場内を練り歩くというもので、円山公園では童歌や昔ながらの子供の遊びを再現してくれます。でも、地元に小学生はほとんど居ないはずですから、どこからか集めてきているのでしょうね。子供達も大変だろうな。

Higasiyamahanatouro1403216

円山公園での一番の楽しみは、竹灯り・幽玄の川を見る事です。その名のとおり、小川の中に竹筒を立てて灯りを灯すというもので、とても幻想的なのですよ。最初の頃より距離が短くなったのが残念ですが、やはりとても美しいものですね。

Higasiyamahanatouro1403217

円山公園のもう一つのイベントが、大学のまち京都・伝統の灯り展です。京都ゆかりの5つの芸術系大学の学生達が作った作品が展示されるのですが、毎年ユニークな作品があって楽しみにしているのですよ。今年は展示方法が変わって、外から眺めるようになっていました。

これは見た目どおり「金魚」という作品です。なんだか京都らしくかつ可愛くて、なかなか気に入りました。

Higasiyamahanatouro1403218

円山公園から高台寺方面に歩くと、まず長楽館のライトアップと出会います。ここ数年有料だったのですが、今年は無料で入る事が出来るようですね。人だかりがしていたのが東大谷の参道で、東山の上に浮かんだ月と灯籠に照らされた参道がとても絵になっていました。

そして何より目立つのが祇園閣ですね。ライトアップされると、昼間に見るよりずっと存在感があります。それにとても美しく感じますね。

Higasiyamahanatouro14032110

行灯に照らされた道は風情があります。この灯りに誘われて100万人もの人が訪れる訳ですから、やはり大したものではありますね。

Higasiyamahanatouro14032112

そぞろ歩きと言うには少し人が多すぎるのですけど、こういうイベントは賑やかな方が良いですね。そして、東山花灯路の中で最も人気があるのが狐の嫁入りの行列です。今年は高台寺で行列がやって来るのを待つ事にしました。その様子を動画に撮ってきたのでご覧下さい。

ちりりんという鐘の音が幻想的で良いですね。誰が言いだしたのかはしらないけれど、この行事を考えた人は功労賞ものだと言えるでしょう。

Higasiyamahanatouro14032113

行列は高台寺の天満宮に参拝し、そのあと寺の中に入って終わります。花嫁は途中で人力車から下りて徒歩になるのですが、面を被っていると足下が良く見えないのでしょう、車から下りる時に面を外しそうになり、慌てて周囲から止められていました。こういうハプニングもあるのですね。介添人がずっと付き添っていましたが、花嫁になる人も大変そうです。

明日は二年坂から清水寺までの様子をお届けします。


|

« 京都・洛東・洛北・洛中 京都梅事情2014 ~速報 3.15~ | トップページ | 京都・洛東 東山花灯路2014 ~二年坂から清水寺まで~ »

京都・洛東」カテゴリの記事

コメント

今週のお休みは午後から伝統産業の日のパンフレットを
使って着物で花灯路まで楽しもうと思っていたら
またまた天気予報では雨だそうで、
今月は本当にツキに見放されているようです。

桜までじっとしてようかな^^;


投稿: Milk | 2014.03.18 14:27

Milkさん、

確かに木曜日は雨の予報ですね。
私もこのイベントは良く雨に祟られています。

でも、足の具合さえ良ければ、着物は無理かもしれませんが、
雨の風情を楽しむのも悪くはないと思いますよ。
人出も少なくなるでしょうし、出掛けてみられては如何ですか。

投稿: なおくん | 2014.03.18 20:14

大好きな狐の嫁入りを、今年もなおくんのブログで見ることできて嬉しいです。

でも今年は周りの見物人が多くて、ちょっとにぎやかすぎかも…
私は、もう少し不気味さのある狐の嫁入りがか好きなんだけど、
無理なんでしょうね〜^_^;

投稿: mami | 2014.03.18 23:41

mamiさん、

狐の嫁入りを楽しんで頂けて何よりです。
確かに人が多すぎますよね。
でも、人気イベントなので仕方が無いかと。
平日だったらもう少しましかも知れません。
あまりに人が少なすぎると、不気味で側に居られなくなるかも、ですよ。

投稿: なおくん | 2014.03.19 20:40

こんばんは。
5年ほど前にこちらのblogで狐の嫁入りの事を拝見しました。
同時に大文字送り火の文字だけに雪が積もってるのだかその逆だかのお写真を見て、とても縁起がいいことも教えていただきました!(^ー^)その節はありがとうございました。

そんなわたくしがおかげさまで今年なんと嫁入りすることになりました!!
ミラクルです(笑)

投稿: きょん | 2015.02.05 23:31

きょんさん、

おお、ご結婚ですか。それはおめでとうございます。
挙式はいつごろですか。

次に京都に来られるのはご夫婦でかな。
二人だと独身時代とはまた違った楽しみがあると思いますよ。

お幸せにね。

投稿: なおくん | 2015.02.06 20:32

ふたたびこんにちは!

いえ、だから狐の嫁入りです(笑)

昨日から鬘合わせのため京都入りしてますよ(笑)

いろいろ揃えるものがあって大変です(ToT)

投稿: きょん | 2015.02.07 02:48

きょんさん、

失礼しました。そういう意味だったのですね。
てっきり本当の嫁入りかと早とちりしました。
でも、改めておめでとうございます。

狐の嫁入り、鬘合わせなんてあるのですね。
本番に行くだけじゃなかったんだ。
何かと大変なのですね。

狐の面を付けるとほとんど足下が見えない様なので、
躓かないようお気を付け下さい。

3月が来るのが楽しみですね。

投稿: なおくん | 2015.02.07 21:32

ありがとうございます。
私の出番は2日目です。
よろしくお願いいたします!(笑)
準備するものもあり、買いそろえていかなくては…

そして昨日、上賀茂神社に行きましたが、
式年遷宮なので、権殿に引っ越し中の神様の目の前に特別に入れたり、
本殿の修復中の屋根のとこまで足場が組んであり、
そこまで上らせていただけましたよ。
来週までなので、すごくレア期間に偶然行けて
ほんとに貴重な体験でした!!

今度は神馬の出社日にうかがいたいと思います。

源光庵などにもはじめて行ってみました。

また3月にお邪魔します。

投稿: きょん。 | 2015.02.08 17:41

きょん。さん、

二日目ですね。たぶん行くと思いますので、楽しみにしています。
もっとも、外見では誰が誰だか判りませんけどね。

上賀茂神社、そんな特典がありましたか。
なかなか無い貴重な日に行けて良かったですね。

では3月にお待ちしています。


投稿: なおくん | 2015.02.08 19:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/59301709

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・洛東 東山花灯路2014 ~八坂神社から高台寺まで~:

« 京都・洛東・洛北・洛中 京都梅事情2014 ~速報 3.15~ | トップページ | 京都・洛東 東山花灯路2014 ~二年坂から清水寺まで~ »