« 京都・洛中 京都梅事情2014 ~京都御苑 3.22~ | トップページ | 京都・洛東・洛中・洛北 京都桜事情2014 ~速報 3.29~ »

2014.03.29

京都・洛東 イタリアンレストラン Ristorante t.v.b

Tvb1403281

東山花灯路の夜、祇園のイタリアンレストランでディナーを楽しんできました。選んだのはRistorante t.v.b、2007年にオープンした7年目を迎えるレストランです。

Tvb1403282

場所は祇園女紅場学園の近くで、古い町家を改装して営業されています。ぱっと目には、イタリアンとは思えない佇まいですね。

Tvb1403283

内装はとてもシックな造りで、外観からは想像出来ない誂えになっています。仕切りの向こうにも席があり、とても面白い席配置ですね。

Tvb1403285

まずは前菜の「春キャベツとアサリのスープ 白魚のフリットを浮かべて」。アサリの身がとても大ぶりで、かつ甘みがあって美味しかったですよ。

Tvb1403286

次は季節の野菜料理。ここのシェフは、毎朝自ら鷹峯の畑に足を運び、野菜を収穫して来るのだそうです。この野菜の味が濃厚で、野菜だけでも十分に料理として成立していました。これだけ美味しい野菜を食べたのは久しぶりですね。この鷹峯の畑というのは、恋する京都にも出て来た樋口農園の事らしいです。

Tvb1403287

これは「稚鮎のグリルとフランス産ホワイトアスパラ ハーブのビネグレットで」。稚鮎のほろ苦さとソースが絶妙な調和を見せていました。

Tvb1403288

パスタは二種類でした。まず出て来たのが冒頭の写真である「鷹峯のイチゴとフルーツトマトの冷製カッペリーニ」です。ここは1年ほど前にシェフが交代しているのですが、その先代シェフが考案したパスタだそうですね。イチゴとパスタという取り合わせには驚かされましたが、これがまた絶妙な味わいなのですよ。素晴らしい発想をしたものですね。

二皿目が「ホタルイカとふきのとうのカルボナーラ」。ほろ苦いふきのとうとホタルイカの組み合わせもまた、とても良いハーモニーを奏でていました。

Tvb14032810

メインディッシュが「小牛肉のロースト 花菜・新じゃが芋・ペコリーノ」。ペコリーノというのは、イタリア産のチーズの一種です。底に豆を使ったソースが置いてあるのですが、柔らかい小牛肉と良く合っていて、なかなかの美味でしたよ。

Tvb14032811

最後はデザートのティラミスです。3種類選べて、オレンジのムースやチョコレートのドミノ倒しなんていう遊び心のあるものもありました。

ちなみにt.v.bとはどういう意味かと聞いてみたのですが、イタリアの人が手紙の最後に書く言葉だそうで、ti voglio bene(ティ・ヴォリオ・ベーネ)の略なのだとか。英語のdearに近く、親しい人とかいう意味なのだそうです。

ここは今まで食べたイタリアンの中でもトップクラスと言って良く、とても洗練された味わいの店でした。後から調べて判ったのですが、知る人ぞ知る話題の店だった様ですね。満足の行く、素晴らしい料理の数々でしたよ。お薦めの店の一つです。

|

« 京都・洛中 京都梅事情2014 ~京都御苑 3.22~ | トップページ | 京都・洛東・洛中・洛北 京都桜事情2014 ~速報 3.29~ »

京都・洛東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/59340775

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・洛東 イタリアンレストラン Ristorante t.v.b :

« 京都・洛中 京都梅事情2014 ~京都御苑 3.22~ | トップページ | 京都・洛東・洛中・洛北 京都桜事情2014 ~速報 3.29~ »