« 京都・洛中 クリスマスイルミネーション2013 ~京都駅ビル~ | トップページ | 京都・洛中 クリスマスイルミネーション2013 ~新風館~ »

2013.12.22

女子第25回全国高校駅伝競走大会

Jyosiekiden1312221

年末恒例の全国高校駅伝競走大会が開かれました。今年の女子は第25回の記念大会という事で、例年より11校多い58校が出場しています。

Jyosiekiden1312222

今日の京都は、日が差しているのに小雨がぱらつくという、如何にも冬らしい天気でしたが、駅伝には丁度良い感じだったかも知れません。少し風が強かったところもあった様ですけどね。 

Jyosiekiden1312223

戦前の予想では、豊川高校、興譲館高校、それに立命館宇治などか優勝候補とされていましたが、一区を制したのは筑紫女学園でした。そして、私が観戦していた2区では筑紫女学園が落ちて須磨学園と豊川の一騎打ちとなり、わずかな差で須磨学園が制しています。期待された地元の立命館宇治はここでは6位でしたね。

Jyosiekiden1312225

記念大会枠である地区代表校も様々で、初出場校も居ればこの白鵬女子高校の様に3年連続10回目という強豪校も居ます。数が増えた事でレベルが落ちるかと思ったのですが、そうでもなかった様ですね。

Jyosiekiden1312226

実際、中段から下位にかけてはかなりの激戦でした。2区の終盤でこれだけの集団になっているのですから、レベルが拮抗している事が窺えます。

Jyosiekiden1312227

たぶん、個々の選手の実力も拮抗しており、その日の体調や気分で結果は大きく左右されるのでしょう。でも後に残るのは記録だけであり、厳しい世界なんだなと思います。

Jyosiekiden1312228

沖縄は今年も最下位に終わりましたが、この京都の気候はかなりのハンデとなっている事でしょう。南の島では考えられないような寒さでしょうからね。ちょっと気の毒に思えてきます。

Jyosiekiden13122210

連覇を狙った立命館宇治は、序盤の劣勢を少し回復したものの4位に終わっています。やはり勝ち続けるというのは難しいという事なのでしょう。また、序盤で健闘していた大阪の薫英女学院は8位でした。

Jyosiekiden13122211

私が観戦していたのは、昨年に引き続き紫明通です。ここは折り返し点に近く、2区と3区の選手を短時間の内に見る事が出来るというのが何よりの利点になります。あと、写真的には、背景が殺風景な街並みではなく、絵になる並木となる事もメリットの一つと言えるでしょう。

Jyosiekiden13122212

今回優勝したのは豊川高校でした。2年ぶり4度目となるそうですね。短期間で選手が入れ替わる高校という環境において何度も優勝を重ねるというのは難しい事だと思いますが、それだけ指導力が優れているという事なのでしょう。素晴らしい実績だと思います。

毎回思う事ですが、駅伝は何度見ても良いものですね。また来年も観戦に来たいなと思っているところです。


|

« 京都・洛中 クリスマスイルミネーション2013 ~京都駅ビル~ | トップページ | 京都・洛中 クリスマスイルミネーション2013 ~新風館~ »

京都・洛中」カテゴリの記事

コメント

なおくんの写真は動きがありますね~
いまにも飛びだして走っていくような選手達!
本当にリアル

私は動いている人とか動物とか撮ると必ずプレます。
こんなに綺麗に撮れたことありませんよ~

投稿: mami | 2013.12.24 00:15

mamiさん、

ぶれない様に撮るには、シャッター速度を上げると良いですよ。
この日は800分の1に設定して撮りましたが、駅伝程度なら大体止まってくれます。
あとは、歩留まりを上げるのに連写ですね。

まずは、撮った写真のテータを見て、
ぶれ具合とシャッター速度の関係を意識される事から始めると良いと思います。
そしてさらにカメラの設定で、露出の補正や絞り値の変更などをしてみて下さい。
その結果シャッター速度がどう変化するかを確かめて行くと、
写真がもっと面白くなりますよ。

投稿: なおくん | 2013.12.24 21:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/58799736

この記事へのトラックバック一覧です: 女子第25回全国高校駅伝競走大会:

« 京都・洛中 クリスマスイルミネーション2013 ~京都駅ビル~ | トップページ | 京都・洛中 クリスマスイルミネーション2013 ~新風館~ »