« 京都・洛西 京都紅葉事情2013 ~二尊院 11.22~ | トップページ | 京都・洛北・洛中 京都紅葉事情2013 ~ 11.30 速報~ »

2013.11.29

京都・洛北 京都紅葉事情2013 ~野仏庵 11.23~

Nobotokean1311281

平成25年11月23日の野仏庵です。この日は紅葉が見頃を迎えていました。

Nobotokean1311282

野仏庵は順正の創始者、上田堪庵氏によって建てられた別荘でした。主屋は淀にあった庄屋の建物を移築したもので、紅殻で染めた赤い壁が印象的です。内部の襖に画かれた堪庵自ら描いたものとされ、歌は松永安左ェ門という事業家が書かれたものだとか。他に3つの茶席を備えており、いかにも数寄者が建てた別荘らしいという気がします。

Nobotokean1311283

今は悟心会という宗教法人の手に渡り、寺として管理されています。拝観料は500円ですが、抹茶と菓子付きなので格安とも言えるでしょう。ただ、水曜日、土曜日、日曜日のみ開庵されているので、訪れる際には注意が必要です。

Nobotokean1311285

野仏庵を訪れるのは、昨年の4月以来となります。その時にもみじが沢山植わっている事に気付き、紅葉時分に訪れてみたいと思っていたのでした。

Nobotokean1311286

実際に来てみると、期待以上の美しさでしたね。紅葉のタイミングは良く判らなかったのですが、丁度良い時に来る事が出来た様です。

Nobotokean1311287

ごく狭い庭なのですが、埋め尽くすようにもみじが植えられており、密度の高い紅葉を楽しむ事が出来ますよ。

Nobotokean1311288

特に綺麗だったのは、石段を下りた所にある待合いの横にあるもみじで、美しい黄色に染まっていました。

Nobotokean13112811

さらにもう一段下りたところから見上げるとこんな感じで、紅葉に包まれた感じが素敵でした。ここはあと少しで、盛りという感じだったのかな。

この日初めて気付いたのですが、このすぐ下が圓光寺の庭園で、いつも十牛の庭の竹藪越しに見上げていたのは野仏庵の建物だったのでした。

Nobotokean13112810

野仏庵は詩仙堂のすぐ前にあるにも関わらず、ほとんど誰も訪れる事がないという静かなポイントです。この日の詩仙堂はラッシュアワー並の混雑だったのに、ここに来る人は誰も居ないというのは不思議なくらいでした。ただ、バスの予約もあるとの事でしたので、タイミングによっては混み合う事もあるようです。

Nobotokean13112812

野仏庵の紅葉は、そろそろピークを過ぎた頃でしょうか。でも、静かな環境は捨てがたいものがあり、詩仙堂の喧噪に疲れたのなら、一休みをしに立ち寄るのも良いと思いますよ。

|

« 京都・洛西 京都紅葉事情2013 ~二尊院 11.22~ | トップページ | 京都・洛北・洛中 京都紅葉事情2013 ~ 11.30 速報~ »

京都・洛北」カテゴリの記事

コメント

23日は折角宇治に宿泊しているのでまず、
●平等院:中に入っても何も見れないので、表参道の高い銀杏の木が朝日を受けて美しい
●塔の島:ここは桜の名所なので桜の木が多く色づいた葉は散ってしまったが、少ないモミジは赤く染まって見頃。
●宇治神社:初めて来たが七五三多い
●宇治上神社:ここも初めてだが七五三多い。国宝で七五三さんとは羨ましい。モミジは少しだけ
・・・・・11時になったので、京都駅へ出て北行きのバスに乗る。たまたま乗ったバスで
●下鴨神社:葵祭で糺の森まで来たが人が多くてここまで来たのは初めて。七五三に加え、結婚式も多い。御手洗池太鼓橋の大きな銀杏が見事に染まる。橋上にピンクの銀杏が散っていた。
 ○糺の森:やはりまだ少し黄色くなった程度。それにしても馬場の森のトンネルは見事。贅沢な大型バス駐車場だ
 ○河合神社:ここでは一番染まっていた。橙モミジに陽が透けて美しい
・・・・・高野川の橋の上でタクシー拾って山登り。徒歩はキツイ
●赤山禅院:予定と1日ずれたので、数珠供養で人も多かったが、紅・橙・黄グラデーションモミジが陽に映えて美しい。初めて来たが雑然とした境内も自然な感じ
・・・・・既に午後2時を過ぎて陽が曇ってしまった。山麓を南へひたすら歩く
●修学院離宮:大学の研修で夏休みに来たのは30年前。今回は中に入れないので、門から中を除くが、流石に手入れが行き届いた美しいモミジ
●曼殊院:川沿いの坂を苦労して登り、やっと着いたが長蛇の列。時間も金も掛るので入らずとも土手と弁天様で充分美しい。真紅というより橙中心。しかし、駐車場の位置が問題でこの絶景場所は車の往来が多い
●圓光寺:サツキを見に来た土曜日は他に客が一人もいなかったのだが、信じられないくらいの人がいた。日差しが戻ったが宝物殿の影で庭は陽が差さない。中心は十牛の岩だが、囲んで小路があり人が写ってしまう。モミジは橙中心だが広い範囲に植えてあり圧巻。住職自ら庭手入れをしているのを前回見たが、地蔵の頭に一葉モミジ乗せる演出とか一寸やり過ぎか?
●詩仙堂:もう夕刻のせいか、そんなに並んでいなかった。山側のモミジに陽が当って美しい。ココは建築が素晴らしい。嘯月楼に紅のモミジが良く映える。凹の庭はもう暗く次へ急ぐ。
●金福寺:ほとんど暗くなってしまったが、まだ開いていたので入った。芭蕉庵は高台なので、少し明るい。モミジは庭は紅が中心だが、暗くて良く見えない。この時間は黄のほうが良い
・・・・・ここで日没。このHPで存在を初めて知った源光庵・真如堂・黒谷・法然院等の名所にもう一度行きたがったが、疲労困憊。今年の京都は全て終了。御気付きの通り、このHPに影響を受けすぎてなんと管理人さんとほぼ同じ時に同じ場所にいた2日間。来年、梅が咲いたらまた京都に来たい
連日の長文、ご容赦。

投稿: michael | 2013.11.29 21:30

michaelさん、

宇治の紅葉はまだ見た事が無いですが、
宇治川に映えて綺麗な事なのでしょうね。
平等院は工事中で残念な事でした。
下鴨神社も、糺の森以外は綺麗でしたか。
河合神社は意外と紅葉の穴場的存在ですね。
赤山禅院は、丁度良いタイミングだった様で、何よりです。
数珠供養は人が多かったでしょうけど、
護摩焚きを見るのも面白かったのではありませんか。
曼殊院はそんなに人が多かったですか。
でも、たぶん中はまだ盛りではなかったと思われるので、
素通りして正解だったと思われます。
山門周りの紅葉を堪能されたのなら、それで十分ですよ。
圓光寺は、野仏庵から様子を見ていて、
とても混んでいるのが判ったので敬遠しました。
ここも朝一番か、閉門間際でないと、混むようになりましたね。
詩仙堂も入られたのですね。
空いていた様で、何よりです。
私が行った時は、本当にラッシュアワーの様でしたよ。
金福寺は暗くて良く見えなかったのですね。
でも、人が少なくて、かえって良かったかもです。
ここも混み合うと、どうしようもないですから。

充実した京都観光で良かったですね。
来年はまた違ったコースでお楽しみ下さい。
まだまだ見所は沢山ありますよ。

その前に梅ですね。
何と言っても北野天満宮が第一、他にも名所が沢山あります。
私は、小野随心院に行ってみようかと思っています。
梅を見に行くのは初めてなので、今から楽しみにしているところです。

投稿: なおくん | 2013.11.29 22:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/58634487

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・洛北 京都紅葉事情2013 ~野仏庵 11.23~:

« 京都・洛西 京都紅葉事情2013 ~二尊院 11.22~ | トップページ | 京都・洛北・洛中 京都紅葉事情2013 ~ 11.30 速報~ »