« 京都・洛中 祇園祭2013 ~曳き初め 放下鉾~ | トップページ | 京都・洛中 祇園祭2013 宵々々山 ~函谷鉾~ »

2013.07.14

京都・洛中 祇園祭2013 ~曳き初め 北観音山・南観音山~

Kitakannonyama1307141

放下鉾を後にして、新町通を北に向かいます。六角町にある北観音山まで来ると、雨は激しさを一層増して来ました。写真に写った雨筋が判るかな。

Kitakannonyama1307142

あまりの雨の激しさに、世話役の人も曳き初めをどうするか思案気でした。何か事故でもあったら大変だものね。

Kitakannonyama1307143

でも、近くで話しているのを聞いていると、止み間を待って町内だけでも曳こうと結論は出た様です。出来るだけ中止にはしたくはないという事なのでしょう。

Kitakannonyama1307145

その同じ町内にある吉田家住宅では、風変わりな屏風祭が行われていました。「麻田脩二展『祇園祭六角町六連想』」というもので、染織家の麻田氏が町名にちなんだ六角形をモチーフにした作品を展示しているのですね。

Kitakannonyama1307146

吉田家住宅は無名舎という名でも知られる町家です。毎年祇園祭の時には屏風祭に参加されており、風雅な展示を楽しませてもらうところです。今年は一段と変わった趣向を凝らされているのですが、京都人は保守的な様でいて、実はこういう新しいものが大好きなのですね。

Minamikannonyama1307147

さて、六角町から新町通を南に下がり、南観音山まで来ました。雨の中に佇む山というのも、風情があって良いものです。ここに差し掛かった時は、丁度曳き初めの準備をしている所でした。雨の中で曳き初めに参加するつもりは無かったのですが、絶妙のタイミングで綱が現れたため、せっかくだからと曳かせて頂く事にしました。

Minamikannonyama1307148

曳き初めに参加するのは4年ぶりになるのかな。この南観音山は初めてですね。綱を持った頃は、雨はほとんど止んでいました。ただ、雨の中では危ないからと子供は参加出来ず、せっかく来ていた小さい子たちは可哀想でしたね。また、傘を差して綱を曳くのは危ないからと、傘を閉じて開始を待ちます。この間ほんの5分ほどだったのですが、そのわずかの間に雨が本降りになって来ました。当然ぬれねずみとなってしまったのですが、一度綱を持った以上後には引けません。

雨に打たれながら、囃子方が乗り込むのを待ちます。わずかな時間でしたけど、結構長く感じました。音頭取りの方や屋根方はやはりずぶ濡れになっており、大変だったでしょうね。程なく、音頭取りの「えんやらやー」の掛け声が掛かります。最初は3回繰り返す決まりとなっているそうで、このあたりも参加してみないと判らないところですね。やはり素人が曳くからか動いてはすぐに止まるを繰り返し、町内の端までおよそ100m程を5分ほど掛かって曳き終えました。本来はもっと先まで曳くのでしょうね。

この後、元の位置まで引き返す行程があったのですが、私はこれ以上濡れるのが嫌だったので引き上げる事にしました。でも、他のほとんどの人は復路にも参加した様で、皆さん偉いですね。

服もカメラもバックもみんな濡れてしまったのですが、山を曳くのは楽しかったです。雨の中、山を曳く体験なんてそう出来るものでは無いですから、貴重な機会を頂いた事になりますね。良い思い出をありがとうございました。

|

« 京都・洛中 祇園祭2013 ~曳き初め 放下鉾~ | トップページ | 京都・洛中 祇園祭2013 宵々々山 ~函谷鉾~ »

祇園祭」カテゴリの記事

コメント

雨の中の曳き初めご苦労様でした!
でも、貴重な体験ですよね。
うらやましいですσ(^o^)

宵々山も不安定な天気ですね。
気をつけて周ってくださいね(*^_^*)

投稿: Milk | 2013.07.15 15:19

Milkさん、

本当に良いタイミングで南観音山にたどり着いたものです。
濡れたのは自分の酔狂からですから仕方がなく、
それよりも面白い体験が出来た事が嬉しかったです。

今日は明日仕事があるので行きません。
本当は行きたいのですけどね、ここはじっと自粛しておきます。

投稿: なおくん | 2013.07.15 16:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/57782999

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・洛中 祇園祭2013 ~曳き初め 北観音山・南観音山~:

« 京都・洛中 祇園祭2013 ~曳き初め 放下鉾~ | トップページ | 京都・洛中 祇園祭2013 宵々々山 ~函谷鉾~ »