« 京都・洛北 ロウバイ2013 ~京都府立植物園 1.26~ | トップページ | 京都・洛中 厳冬2013 ~鴨川~ »

2013.02.01

京都・洛北 椿2013 ~京都府立植物園 1.26~

Tubaki130201

京都府立植物園で、冬咲きの椿が咲いています。一口に椿と言っても品種は様々で、秋に咲く花から初夏に咲く花まで多様ですね。その中で、この時期に咲く花はそれほど多くはありませんが、そこは植物園だけあっていくつもの花を見る事が出来ます。

これは高桐院では見る事が出来なかった雪中花です。こうしてみると、やはり上品で綺麗な花ですね。こうなったら、どうしても本家の花も見ておかないと収まりがつきますまい。

Tubaki130202

こちらは散姫。椿ではなく、山茶花の一品種なのだとか。姫という名にふさわしく、小ぶりで可愛い花です。

Tubaki130203

この綺麗な花は加賀詫助。詫助と名の付く割には大柄だなと思っていたのですが、調べてみると「詫助」の系列ではないのだとか。椿の品種は奥が深くて、なかなか素人には判らない世界の様です。

Tubaki130205

この斑入りの艶やかな花は千代田錦。元は白花の秋風楽という種類から出た変種なのだとか。千代田と名にあるからてっきり東京原産かと思っていたのですが、愛知県の旧千代田村から来た名前なのだそうですね。思い込みはいけないという一例でした。

Tubaki130206

花色は桃色雪中花に似ていますが、これは数寄屋という種類です。これは詫助の系統にはいるらしく、そう言えば花の形が詫助ぽいですよね。上品で、いかにも茶花という感じの花です。

Tubaki130207

ちょっと派手な感じのこの花は京唐子。江戸椿との事ですから、江戸で作出された京都ぽい椿という事になるのかしらん?どちらかというと、吉原という感じがするのですけどね。綺麗な事は綺麗です。

Tubaki130208

山茶花もまだ、そこかしこで花盛りでした。そろそろ花期も終わる頃かと思うのですが、結構頑張りますね。椿の銘花と違って希少価値はありませんが、馴染みの深い、綺麗で良い花だと思っています。

|

« 京都・洛北 ロウバイ2013 ~京都府立植物園 1.26~ | トップページ | 京都・洛中 厳冬2013 ~鴨川~ »

京都・洛北」カテゴリの記事

コメント

椿は種類が多いですね~
いろいろな情報が入りすぎて最近は
椿と山茶花の区別が難しくなってきましたA^^; ヾ(^^;)

投稿: Milk | 2013.02.02 13:02

Milkさん、

椿は本当に種類が多いですね。
プレートが無ければ、何が何だか判らないものばかりです。

私は未だにカンツバキとサザンカの区別が曖昧です。
背丈でだいたいの区別は付くのですが、
中くらいの木だとお手上げですね。
椿の仲間は難しいです。

投稿: なおくん | 2013.02.03 00:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/56637147

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・洛北 椿2013 ~京都府立植物園 1.26~:

« 京都・洛北 ロウバイ2013 ~京都府立植物園 1.26~ | トップページ | 京都・洛中 厳冬2013 ~鴨川~ »