« 京都・洛北 ロウバイ2013 ~京都府立植物園~ | トップページ | 京都・洛北 雪景色2013 ~大原1.19 寂光院への道~ »

2013.01.19

京都・洛北 冬の散歩道 ~京都府立植物園~

Syokubutuen1301181

冬の植物園なんて楽しみがないと思われるかも知れませんが、私は結構好きですね。一見して冬枯れの世界ですが、人の居ない静かな園内を歩くのは落ち着いた気分になれて良いものです。それに植物園だけあって、少し探せばそこかしこに花が咲いているのですよ。

Syokubutuen1301182

冬の植物園の代表的な景色が蘇鉄の薦巻きですね。南方系の植物である蘇鉄を寒さから護る為の措置ですが、この独得の造形を見ると如何にも冬なんだなという気分がしてきます。

Syokubutuen1301183

この澄み切った青空もまた、冬ならではですね。比叡山が見えるこのポイントはお気に入りの場所の一つなのですが、冬枯れの木々と青空の組み合わせは、この季節らしい景色だと思っています。

Syokubutuen1301185

もう一つのお気に入りの場所である山茶花の小道もまだ花盛りでした。どちらかと言うと晩秋のイメージの方が強いこの花ですが、この時期でも満開と言って良い咲きっぷりでした。たぶん、今月いっぱいくらいは保つんじゃないかな。

Syokubutuen1301186

椿は早咲きの種類が咲いていますね。これは桃色雪中花で、雪中花よりも花色が濃く、これはこれで美しいですね。花の形も上品で良い感じです。

Syokubutuen1301187

こちらは淡妙蓮寺。妙蓮寺椿の近縁種になるのかな。花の形はほとんしど同じで、色合いが確かに淡い感じがします。本家の妙蓮寺ではまだ咲いていませんでしたが、こちらは一足早かった様ですね。

Syokubutuen1301188

球根ガーデンでは、早春の使者であるスノードロップが早くも咲いていました。まだスプリングエフェメラルの出番には早すぎると思われるのですが、この花を見ると季節は着実に春に向かって動いているのかなという気がしてきますね。

冬枯れの中にも季節の移ろいが感じられる、そんな植物園の散歩道を歩いてみるのも良いものですよ。

|

« 京都・洛北 ロウバイ2013 ~京都府立植物園~ | トップページ | 京都・洛北 雪景色2013 ~大原1.19 寂光院への道~ »

京都・洛北」カテゴリの記事

コメント

この時期、植物園はありがたいですよね

とても寒いとすぐ温室に入っちゃうんですが
カメラのレンズが曇って困ってしまいます(*^_^*)

スノードロップはかわいいですよね。
好きな花の一つです。

ところで植物園は昨年あちこち工事してましたが
工事は終わったんでしょうか?

投稿: Milk | 2013.01.20 15:32

Milkさん、

この時期は温室に入る時は要注意ですね。
なるべく温度が馴染むまでカメラをバッグに仕舞っておく様にしているのですが、
それでも結露を防ぐのは容易ではありません。
一度曇るとなかなか取れないですからね、困ったものです。

園内の工事はまだ行われていますよ。
特に、元の有用植物園の周辺は工事真っ盛りという感じですね。
なんでも新しい出入り口が出来るのだとか。
植物園もどんどん変わっていく様ですね。

投稿: なおくん | 2013.01.20 22:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/56538412

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・洛北 冬の散歩道 ~京都府立植物園~:

« 京都・洛北 ロウバイ2013 ~京都府立植物園~ | トップページ | 京都・洛北 雪景色2013 ~大原1.19 寂光院への道~ »