« 夏の旅2012 ~萩 木戸孝允旧宅~ | トップページ | 夏の旅2012 ~下関 高杉晋作の足跡~ »

2012.08.24

夏の旅2012 ~萩 高杉晋作旧宅~

Takasugi1208221

高杉晋作の旧宅は、菊屋横丁と呼ばれる一角にあります。晋作は、天保10年(1839年)8月20日に、高杉小忠太の長男としてここで生まれました。高杉家は200石取りの上士の家柄で、代々毛利家に仕えてきた名門でした。世が世なら、晋作も上級藩士として穏やかな一生を送った事でしょうね。しかし、時代がそうはさせませんでした。

Takasugi1208222

晋作は8歳の時に寺子屋・吉松塾に入っているのですが、ここで久坂玄瑞と出会っています。この事が、後の晋作の生涯に大きな意味を持って来ます。14歳の時に藩校の明倫館に入学し、ここでは秀才として通っていました。そのまま行けば藩のエリートコースまっしぐらだったのでしょうけど、19歳の時に大きな出逢いが待っていました。松下村塾に入り、吉田松陰の門下生となったのです。この時、晋作を松下村塾に誘ったのが久坂だったのでした。

Takasugi1208223

松陰の影響を受けた晋作は、やがて尊皇攘夷運動に身を投じる事になります。彼の波乱に満ちた人生の始まりでした。そして、抜擢、脱藩、謹慎、入牢、逃走、帰藩を繰り返しながら、奇兵隊の創設、外国艦隊との交渉、長州藩を勤皇藩へと旋回させた功山寺の挙兵、幕府軍との戦いと勝利など、大きな足跡を残していきます。

Takasugi1208225

晋作は下関で、29歳の生涯を閉じています。「動けば雷電の如く発すれば風雨の如し」と称えられた革命児である一方、父母には忠孝の道を貫いたと言われ、妻のまさとの間に一子を儲けて高杉家を存続させ、その恩に報いたとされます。現在を基準とすると、およそ捉えきれない生き方をした事は確かでしょうね。晋作については、下関でもう一度触れる事になります。

Takasugi1208226

高杉晋作旧宅の付近も、白い土塀が残る風情のある区域です。木戸旧宅と違って部屋の中には入れませんが、萩に行けば押さえておきたい場所の一つですね。

Hagi1208221

萩には20数年前にも訪れているのですが、その間に大きく変わっていました。当時は江戸時代の地図があれば間に合うと言われ、信号も市内に一カ所しかないなどと喧伝されるほど旧体然としていたのですが、今は大きな道路が郊外を貫き、市内も随分と開発されています。主な観光名所は変わっていないのですが、時代の流れを感じさせられた旅でもありました。

やはり1日で山口と萩を見て回るというのは無理があり、省略した場所が沢山ありました。今度はじっくりと腰を落ち着けて、時間を掛けて回りたいですね。見逃した秋芳洞や秋吉台にも行きたいな。心残りではありましたが、次の目的地である下関へと向かいます。

|

« 夏の旅2012 ~萩 木戸孝允旧宅~ | トップページ | 夏の旅2012 ~下関 高杉晋作の足跡~ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
冬以来のコメントですがいつも読ませていただいています。

山口をご旅行されているということで、「もしかして…」と今回の記事密かに楽しみにしていました(笑)萩は今一番行きたい場所なので嬉しいです!

松下村塾は東京で復元を見たことがあるのですが「こんな狭い部屋で…」と私も同じように感じました。町並みからも穏やかそうなところですし、出身の志士たちとのギャップをおもしろく感じます。私も早く彼らの面影を確かめに行きたいです!
また、幕末ネタ楽しみにしていますね^^

投稿: sakura | 2012.08.25 18:34

sakuraさん、お久しぶりです。

旅行記を読んで下さり、ありがとうございます。
萩は20数年ぶりでしたが、やはり維新の町ですね。
今回はあまり時間が無かったのですが、
それでも志士たちの息吹は感じる事が出来ました。
萩の記事としては3回だけですが、
下関編でも幕末は取り上げますので、
よろしければご覧に鳴って下さい。

投稿: なおくん | 2012.08.25 21:28

萩は4年ほど前に泊ったことがあります。
前日に萩城跡、松蔭神社にお参りし、翌朝に旅館のミニ観光バスで古い市街地をのんびり回って、、、と歴史に触れ合う観光をしました。
こうやって見ますとまだまだ見るところがあったかな、、と思います。

投稿: まこ | 2012.08.27 21:25

まこさん、

萩は見るべきところが多いですね。
前回は自転車で回ったのですが、今程の知識はなく、
今回は時間がありませんでした。
どうにも中途半端ですね。
今度はもう一度一泊して、自転車でじっくりと回りたい
と思っています。

投稿: なおくん | 2012.08.27 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/55435234

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の旅2012 ~萩 高杉晋作旧宅~:

« 夏の旅2012 ~萩 木戸孝允旧宅~ | トップページ | 夏の旅2012 ~下関 高杉晋作の足跡~ »