« 京都・洛東 京都新緑事情2012 ~真如堂 4.29~ | トップページ | 京都・洛中 一初2012 ~御霊神社 4.29~ »

2012.05.02

京都・洛北 競馬会足汰式2012 ~上賀茂神社~

Asizorosiki1205021

5月1日はお休みをもらって、上賀茂神社の競馬会足汰式に行って来ました。足汰式とは5日の本番に先立って行われる予選会のようなものです。

Asizorosiki1205022

競馬(くらべうま)と言っても単純に馬が走るだけではありません。そこは900年以上の歴史を持つ神事ですから、決まり事や約束事が数多くあります。例えばこれは走る前に馬の歯を見て、年齢と健康状態を診ているところです。このあと馬場に向かうのですが、途中で必ず芝生の角を踏むなど、細かいところまで作法が決められているのだそうです。

Asizorosiki1205023

こちらは、競馬の乗尻にだけに許される下馬しないでの遙拝で、馬上拝と呼ばれる仕草です。二の鳥居を通る度に行われ、あぶみを外して鞭を顔前にかざし、神に祈りを捧げるのですね。

Asizorosiki1205025

足汰式は、乗尻の技量と馬の能力を見るための儀式で、まず12頭の馬が単騎で馬場を疾走します。この様子を見て採点が行われ、上上から下下まで9ランクに分けられます。そして、本番での技量に見合った組み合わせを決めるのですね。

Asizorosiki1205026

単騎での試走が終われば、今度は本番どおりの試走が行われます。最初の組では左方が先行するのも本番どおりですね。この鞭を後方に指し示す動作は一番馬独得のもので、右方の乗尻を付いてこいと挑発している姿です。

Asizorosiki1205027

そして、先着した左方の馬が、埒から身体を半分出した時が右方の馬のスタートの合図となります。これも挑発的な行為ですね。

Asizorosiki1205028

挑発された右方は、鞭を前方に差し出して、猛烈な勢いで駆けていきます。出来レースではありますが、負けてたまるかという意気込みを示しているのでしょうね。

Asizorosiki12050210

2組目からはガチの勝負となります。この日は勝負の楓の前に居たのでスタートの様子は良く見えなかったのですが、馬の顔が合った瞬間がスタートのタイミングとなります。そこからはひたすら馬を疾駆させるのですが、迫力は満点ですよ。

Asizorosiki12050211

勝負が終わったら、御所舎の前に行って報告をします。そこから下がる時も袈裟乗りという作法があるそうですよ。

Asizorosiki12050213

最後の締めは庁ノ舎での乾杯となります。これ以外にもならの小川で馬の脚を清めたりなど、作法はいくつもある様ですね。

Asizorosiki12050215

この日は神馬の神山号も神馬舎に出ていたのですが、沢山の馬が居たせいで興奮したのでしょうか、あまりに暴れるので途中退場となりました。普段はおとなしい馬なのですけどね、仲間が走っているのに刺激されたのでしょうか。

Asizorosiki12050216

連休とはいえ、さすがに平日だったせいか人出は少なめでした。有料観覧席は、最前列がやっと埋まった程度でしたからね。ただし、昨年まで出来ていた埒ぎりぎりに立っての撮影は出来ませんでした。席のない西側のスペースは、プレス専用になっていたのですよ。その点は少し残念だったな。

次は5月5日の本番ですね。これも毎年観覧しているので、今年もまた行って来ようかなと思っているところです。

|

« 京都・洛東 京都新緑事情2012 ~真如堂 4.29~ | トップページ | 京都・洛中 一初2012 ~御霊神社 4.29~ »

京都・洛北」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、ご無沙汰しております。
神事での競馬、初めて拝見しました。
900年も歴史のある神事なのですね。
装束姿での競馬、どこか貴族の優雅さがあり、そして勇ましいですね。
とてもよいものを見させていただきました。

投稿: まこ | 2012.05.02 22:39

お馬の走る行事は見に行けないので、いつもこちらで楽しませて頂いてます。
いつぞやは「馬はカメラに向かって走ってくる」というのを見てびっくりしましたっけ。

かっこいいなぁ~
見目麗しい義清あたりが乗ってくれるとさらに絵になりますね(´∀`)

投稿: まきぼう | 2012.05.02 22:43

まこさん、

本番は5日に行われ、その時には衣装が舞楽のものになるので、
より風情がありますよ。
必ず連休中になるので、一度見に来られては如何ですか。

投稿: なおくん | 2012.05.02 22:52

まきぼうさん、

埒の側に行けなくなったのは、
素人がやたらとカメラを馬に向けて危ないからかも知れません。
実際、去年はすぐ前を馬が走り抜けて、怖いくらいでしたからね。

ところで、義清は本当にこの競馬で走った事があるそうです。
昨日、現地の解説で教えてくれました。
歌も残っているそうで、さぞかし絵になった事でしょうね。

投稿: なおくん | 2012.05.02 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/54610361

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・洛北 競馬会足汰式2012 ~上賀茂神社~:

« 京都・洛東 京都新緑事情2012 ~真如堂 4.29~ | トップページ | 京都・洛中 一初2012 ~御霊神社 4.29~ »