« 平清盛 第18回 「誕生、後白河帝」 | トップページ | 京都・洛北 京都新緑事情2012 ~曼殊院 5.3~ »

2012.05.07

京都・洛北 賀茂競馬2012 ~上賀茂神社~

Kamokurabeuma1205071

平成24年5月5日、上賀茂神社で行われた賀茂競馬に行ってきました。2008年に訪れて以来病み付きとなり、今年で4回目の観覧となります。

Kamokurabeuma1205072

4回目にも係わらず、まだまだ知らない部分は沢山あります。今年初めて見たのが境内外末社の藤木社へのあいさつで、乗尻と12頭の馬が社家町の外れにある社にまで往復するのですね。これは社家町の景色とあいまって、なかなか絵になる光景でしたよ。

Kamokurabeuma1205073

藤木社から帰ると、一度乗尻たちは庁ノ舎に帰ります。その後、境内への参進となるのですが、その前にも一つの儀式が行われます。それがこのならの小川を渡った場所で行われる遙拝で、馬上拝を行った後一度輪乗りをしてから一の鳥居前に進むという手順を踏みます。この儀式にどういう意味があるのか、実は良く判っていないとも聞きますね。

Kamokurabeuma1205075

馬上拝は、馬場を北から南へと進む九折南下の際にも行われます。これは馬場脇に来られている神に対する拝礼ですね。賀茂の神様もまた、この儀式を見る為に本殿から頓宮へと渡御されているのです。

Kamokurabeuma1205076

馬場を何度か行き来する三遅、巴、小振の儀が終わると、いよいよ本番です。最初の組が必ず左方が勝つ様に先行するのは足汰式の記事にも書いたとおりですが、その由来は江戸時代に遡るそうです。この馬を提供してくれるのが京都所司代だったそうで、幕府の権威を傷付けない為に、わざと勝たす事にしたのが始まりなのだとか。以来、連綿と受け継がれているのですね。

Kamokurabeuma1205077

足汰式は勝負の楓の前で観覧したので、今回はスタート地点により近い見返りの桐の前で観覧する事にしました。ここならスタートの駆け引きと加速する馬の迫力を同時に楽しめると思ったのですが、まずまずの場所でしたね。

Kamokurabeuma1205078

スタートは、乗尻が被っている冠が合った時とされています。世話役が「合うーた」と叫ぶと同時に駆け出すのですが、この時のタイミングに合わせられるかどうかで、後の結果が大きく変わってきます。

Kamokurabeuma12050710

この組では、左方が綺麗なスタートを切ったのに対し、右方は馬が入れ込みすぎてスタートが遅れてしまいました。

Kamokurabeuma12050711

右方も懸命に馬を駆けさせたのですが、この時は左方の圧勝に終わっています。如何にスタートが肝心かが判るケースですね。

他の組になりますが、動画にも撮って来たのでご覧下さい。

「合うたー」の掛け声とタイミングの取り方、その後の加速の迫力をお判り頂けたでしょうか。

Kamokurabeuma12050712

乗尻は、走り終わった後は自分の組の念人の所に行き、結果を聞く事になります。負けた場合は「お負けでござる。」と言われてすごすごと帰る事になりますが、勝った場合は「お勝ちでござる」と祝福されて、禄という白い布を貰って鞭で受け取り、頭上高く振り回す事になります。その様子も動画でご覧下さい。

この後乗尻は嬉しそうに馬から下り、労る様に馬の背を叩いて行きましたよ。

Kamokurabeuma12050713

勝った乗尻は、先程の録を肩に掛けて、頓宮へと勝利のあいさつに行く事になります。この時は引き分けだったので二人で訪れていますね。

Kamokurabeuma12050715

これらの他にも、まだまだ知らない儀式や決まり事が幾つも有る様です。それを一般人が全て知るのは至難の業の様ですね。でも、そうした儀式に彩られているという事を知っておくだけでも、この行事を見る面白さが深まると思います。

なお、この日の勝負の結果は、3勝2敗1引き分けで左方の勝ちでした。左方が勝つと豊作年となると言われており、今年は安泰の年となると良いですね。

Kamokurabeuma12050716

最後に観覧のマナーですが、今年もあまり良いとは言えませんでした。私の横はとある儀式のための通路になっていたのですが、その儀式が終わった後は空きスペースとなります。そこに大勢の人が入り込んで来て、立ったままで観覧を始めたのですよ。当然後ろの人は見えなくなりますが、そんな事はお構いなしに最後まで立ち続けていました。私には直接の被害は無かったのですが、あまりの厚かましさにちょっとあきれましたね。よく後ろの人たちが黙っていたものだと思いますが、人数が多かったので言いにくかったのかな。トラブルが起こってもおかしくないケースで、周囲への配慮が出来ない自己中心的な人を見ると本当に厭になります。また、カメラのフラッシュも最後まで無くならなかったな。ほとんど名指しで注意されていたのですけどね、効き目は無かった様です。

こういう行事に行く度に、マナー違反には厭な思いをさせられますね。取材に行く意欲も削がれてしまうのですが、それでもこの競馬にはやはり来年も行くだろうな。それだけ面白い、魅力的な行事という事です。

|

« 平清盛 第18回 「誕生、後白河帝」 | トップページ | 京都・洛北 京都新緑事情2012 ~曼殊院 5.3~ »

京都・洛北」カテゴリの記事

コメント

なおくんのわかりやすいレポートありがとうございます。
私はバスが遅れて2時過ぎについたので
有料観覧席には入らず頓宮後方の
竹矢来の間から見ておりました(^^ゞ

初めて見たのですが藤森神社とはまた違って迫力がありました。

また機会があったら今度はもう少し前で見たいですヾ(^^;

投稿: Milk | 2012.05.08 01:38

Milkさん、

賀茂競馬は初めてでしたっけ。
単純な駆け比べですが、結構面白いでしょう。
有料席は11時30分から受け付けなので、
その頃に行けば十分間に合いますよ。
来年は是非、前列で迫力を味わって下さい。

投稿: なおくん | 2012.05.08 20:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/54639378

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・洛北 賀茂競馬2012 ~上賀茂神社~:

« 平清盛 第18回 「誕生、後白河帝」 | トップページ | 京都・洛北 京都新緑事情2012 ~曼殊院 5.3~ »