« 祇園祭2011 宵々山 | トップページ | 祇園祭2011 宵山 ~保昌山~ »

2011.07.17

江~姫たちの戦国~27 秀勝の遺言

(文禄元年冬。江の子を抱き、可愛がる秀次。名付け親にはおねがなり、完と呼ばれる様になりました。)

(弟を殺した秀吉を許さぬと秀次。)

(浜松城。相変わらず寝そべっている秀忠。その秀忠に朝鮮で日本軍が苦戦になっていると報告する正信。最初から判っていた事、秀吉の気まぐれのせいで、多くの将兵は死に場所を求めて海を渡った様なものだと秀忠。さらに秀勝の死を告げられ、驚く秀忠。病で死んだと聞き、何やら思うところがある様子です。)

(文禄2年、聚楽第。まだ秀勝の死から立ち直れていない江。我が子の完でさえ、秀勝と一緒でなければと抱けない江です。)

(そこに見舞いに現れた初。何とか妹を元気づけようとする初ですが、どうしても江は元気を出せないどころか、死にたいとまで言い出します。)

(初を連れて龍子の下を訪れた初。同じ夫を亡くした者同士、上手に励ましてくれるのかと期待していたのですが、龍子はとんちんかんな事ばかり言って全くの逆効果でした。)

(見舞いに現れたガラシャ。皆には頼れる夫がいる事が羨ましいと江。自分には夫は居ないと言い切るガラシャ。本能寺の変の折、謀反人の娘として幽閉され、夫にすら見捨てられた境遇にあり、あまりの孤独故に何度も自害しようとしたが、糸に引き留められキリシタンへの道を歩むようになった。その後、細川家に戻されたが、もはや忠興は自分の夫ではなくなっていたと言うガラシャ。)

(江は今、道を見失っているだけだ、自分の強さを信じて行きなさいとと忠告するガラシャ。やっと救われた思いがした初。)

(亡くなった人達は遠い空の上で見守ってくれていると思ってはどうかと初。それでも側に居て欲しかったと泣き崩れる江。そこに、淀殿が九州から帰ったという知らせが入ります。)

(大坂城で姉と対面する江と初。父母の時と違い、今度は江一人の戦いだと思いやる淀殿。でしかし、彼女もまた我が子の鶴松を亡くした痛みを持っているのでした。あの時も一人だったと淀殿。)

(また子供が出来たと淀殿。それは鶴松の死に負けなかったからだ、江も希望を持てと諭す淀殿。無理だと渋る江に、無理でも無茶でも、そこからしか道は始まらない、完もまた希望ではないかと淀殿。)

(聚楽第。完の寝駕籠の前に座り、手をさしのべかねている江。そこに秀勝の遺品が届きます。)

(遺髪と短刀を手に涙ぐむ江。そして、箱の中には秀勝の遺言が入っていました。)

(病を得て、失意に沈む自分を救ってくれたのは朝鮮の子供達だった。子供と一緒に居ると、この戦が如何にむなしいものだったかが判る。そして、いつも海の向こうの江の事を考えている。江を妻と出来た事は何より素晴らしい事だったが、江には何を残してやれたのだろう。)

(夫の遺言を読み、完の下に戻ってきた江。夫の残してくれたものとして、やっと我が子を抱けた江。)

(文禄2年8月、二人目の男の子を産んだ淀殿。その子は秀吉により拾と名付けられました。)

拾とは棄の反対で、拾った子という意味ですね。つまりは捨て子であり、鶴松の時と同じ縁起をかついだのです。この時は家臣に命じて本当に道ばたに棄てさせ、すぐさま拾って帰るという手の込んだパフォーマンスまでしています。その甲斐あってか拾は無事に育ち、後に秀頼と名付けられて豊臣家の跡継ぎとなるに及びます。

(九州から我が子の下に駆けつけた秀吉。彼は江の手を握って、そなたの姉は菩薩だ、観音様だ、二度までも子を授けてくれたと喜びます。その一方で秀勝の事があり、今ひとつ晴れない江。それと気づき、秀勝の事はすまなかったと頭を下げる秀吉。)

(秀勝の遺言には、彼の地での戦のむなしさが綴られていたと告げる江。そして、戦を止める事が秀勝への何より供養だと秀吉に迫ります。)

(戦は中休みだと秀吉。とにかく一度話し合ってみようという事になったが、明国が調停を受け入れなかったらまた戦は続くと秀吉。)

(この戦のばかばかしさが判らないのか、だとしたら秀吉は本物の大うつけだと叫ぶ江。誰に言っているのかとにらみを利かす秀吉。さすがに目を反らす江。その時、拾が声を上げたため、秀吉の機嫌は一度に直ります。)

(拾に向かって、そなたは豊臣の跡取りだ、関白になるのだぞと言い聞かせる秀吉。そう言った後で、もう関白は居たのだったと気付く秀吉。どういう事かと問い掛ける江ですが、秀吉は拾をあやす事で誤魔化してしまいます。)

(一月後、聚楽第。秀次の娘と拾を夫婦とし、豊臣の柱としたいという手紙をもらったと秀次。それはなぜと問う江に、秀吉の真意は判らないが、逆らえば自分の地位が危うくなると考えて承知したと答える秀次。)

拾と秀次の娘の婚約は、本当にあった事とされます。秀次と秀吉の間の融和策と言われ、秀吉の死後に拾の保護者となるべき秀次に対し、娘婿相手なら悪いようにはしないだろうという配慮があったと考えられます。

(拾に関白の座を奪われるのではないかと気にしているらしい秀次に、きっと秀次の後を拾に継がせたいと考えているのだと話す江。その頃には秀吉はこの世に居ない、自分が生きている内になんとかしたいと考えているのではないかと秀次。)

(まだ口も利けぬ子に関白が継げるはずもないと江。秀吉が居ると秀次。とにかく気を強く持ち、関白を辞めてはいけないと迫る江。)

後世から見れば、秀次はさっさと関白職を降りるべきでした。そうして秀頼の為に道を空けて置いてやれば、後の悲劇はなかっただろうと思われます。でも、江は辞めてはいけないと言うのですね。赤子の拾のために、現職の関白が辞職するなど筋が通らないと言いたいのでしょうか。でも、その一方で秀吉は異常だとも言っているのですから、筋の通らない相手にいくら理屈を言っても無駄だと判りそうなものなのですが。どうも、歴史の流れに棹を差すのが江の役所になっている様です。

(これが秀勝なら、関白の座など蹴り飛ばして平然としているだろう、しかし、今の自分は地位にしがみついて汲々としている、笑ってくれ江と秀次。痛ましげに秀次を見る江。)

(大坂城。拾を関白に据えるため、秀次を追い落とすつもりてはないのかと姉に迫る江。まだ拾は赤子だと一蹴する淀殿。しかし、秀吉は朝鮮へ執着するなどおかしくなっている、どうか淀殿からも強く言ってもらいたいと江。同意する淀殿。)

(拾に母乳を含ます淀殿。いぶかる江に、拾は自分の思うように育てたいとのだと淀殿。その姿に不安を覚える江。)

秀頼には乳母が居たとされますが、淀殿が自分でも母乳を与えていたらしい事は、淀殿の母乳の出を気遣う秀吉の手紙から推測されます。当時の上流階級としては珍しい事なのでしょうね。先の子を亡くしているぶん、愛情が深かったという事なりでしょうか。

一方の江は、抱こうともしなかったという演出ですから、当然全ては乳母任せという設定なのでしょう。だから姉の姿に異様なものを感じたのですね。つまりは、秀頼を溺愛して離さない淀殿という将来に向けての伏線でしょうか。

(冬。朝鮮から帰ってきた諸将。)

(江戸に戻った家康。)

(拾が生まれた事で、秀次に関白を譲ってしまった事を秀吉が後悔していると家康。今後は秀次を追い落とそうとする動きがあるかも知れないと正信。同意する家康。そうなると、義理の妹にあたる江が悲しむだろうと秀忠。秀忠が他人を気に掛けるとは珍しいと家康。そういう訳ではないと誤魔化す秀忠。)

(聚楽第。完と遊ぶ江。その最中にも秀吉のつぶやきが気になって仕方がない江。そして雨の庭を見やり、嵐が来るかもしれないとつぶやきます。)

あっという間に2年が過ぎているという早い展開のため単純化されている秀次と秀吉の葛藤ですが、実際にはもっと紆余曲折があった事と思われます。それに、双方の側近団同士の対立もあった事でしょうし、相当な暗闘があった事てじょう。

でも、突き詰めてしまえば秀頼に跡を継がせたいと願う秀吉の意向が強く働いた事は確かであり、それを単純化して描いたドラマの手法は、有りと言えば有りでしょうか。ただ、あまりに安っぽくはあるのですけどね。

次週はもう秀次の切腹なのか。殺生関白という汚名はどうなるのかな。その妻妾への仕打ちは描かれるのかしらん?秀吉の生涯で最も見たくないシーンなので、楽しみにしてますとはやっぱり言えないです、はい。

|

« 祇園祭2011 宵々山 | トップページ | 祇園祭2011 宵山 ~保昌山~ »

江~姫たちの戦国~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/52232661

この記事へのトラックバック一覧です: 江~姫たちの戦国~27 秀勝の遺言:

« 祇園祭2011 宵々山 | トップページ | 祇園祭2011 宵山 ~保昌山~ »