« 比叡山 延暦寺 ~夜間特別拝観 「法灯花」~ | トップページ | 京都・洛中 「京の七夕」が今年も開催されます »

2011.07.31

江~姫たちの戦国~29 最悪の夫

(伏見城。完と遊ぶ江の下に三成がやってきます。用件は秀忠との婚儀についてでした。秀吉の道具になる事を嫌がり結婚を渋る江。)

(伏見、徳川屋敷。秀忠に江との結婚を勧める家康。気の進まないまま、引き受ける秀忠。この縁談は豊臣のためにはなっても、徳川のためになるのかと訝る正信。これは徳川のためになるのだと信じると言う家康。自分の人生は父上の思うままだからと捨て台詞を残す秀忠。)

(伏見城。江に秀忠との縁談を薦める初。まだ秀勝の事が忘れられないと江。秀忠は既に受けている、完も連れてきて良いとも聞いていると初。さては秀吉に説得する様に命じられたのかと江。五万石の加増が決まっていると思わず本音を漏らす初。一方で三成の指揮の下、着々と進む輿入れの準備。そこに現れた家康。)

(家康の用件とは、秀忠に嫁いで欲しいというものでした。三度目の結婚である事、年上である事、完が居る事など不利な条件を並べる江に、すべて受け入れると家康。そこまで秀吉に頭を下げる事はないのではと江。)

(家康が江に来て欲しいのは、秀忠との関係が上手く行っていない、江が嫁に来てくれれば秀忠も変わるかもしれないという期待からでした。なおも渋る江に、秀忠が嫌なら徳川家に嫁ぐのだと思って貰えないかと家康。)

(なぜそこまで自分を買ってくれるのかと江。判らぬが、江は宝を持っている気がする、その宝を徳川家にくれないかと頭を下げる江。)

(嫁に行くと初に告げる江。あきれつつも、それは良かったと初。初は秀吉の良いなりになる事が悔しくないのかと江。決めた事ではないかと初。江は完を連れてきて良いと言ってくれた、そして信長と同じく宝を持っていると行ってくれた事が嬉しかったのでした。)

(江の嫁入りの事は聞いていないと怒る淀殿。この縁談は豊臣と徳川のために必要なのだと秀吉。淀殿はまた、秀次とその一族に対して取った仕打ちに対しても怒っていたのでした。何としても淀殿と拾を守りたいのだと本音を漏らす秀吉。江は喜んで嫁に行くのかと淀殿。家康自ら望まれたゆえ、喜んでいくと聞いたと秀吉。)

(江の部屋に渡る途中、三成に呼び止められた淀殿。三成の用件とは、完を淀殿の手元に置けという事でした。完は秀勝の娘である以上立派な豊臣の姫である、拾に万一の事があればどうすると迫る三成。演技でもない事を言うなと席を立つ淀殿。淀殿は豊臣の母、次の代に引き継ぐ事を真剣に考えて欲しいと食い下がる三成。)

(一月後、完の着物を見立てている江。)

(淀殿に呼ばれた江。ところが部屋に入ると秀吉と三成が待っていました。あまりの嫌さに、黙って出て行こうとする江。呼び止める淀殿。渋々部屋に入る江。)

(豊臣と徳川の間が盤石となる様に粉骨砕身尽くせと言いかける秀吉。それを遮り、自分は家康に請われていくのだ、だから徳川の為になる事だけを考えていると江。それで良いと助け船を出す淀殿。)

(完を置いて行けと用件を切り出す秀吉。とっさに、この婚儀は辞めると言う江。その江に、完は秀勝の子である以上豊臣の子である、連れて行く訳にはいかないと説得する淀殿。驚きつつも、子を持つ女の気持ちを知りつつも言うのかと淀殿に迫る江。そうだと答える淀殿。豊臣の女になってしまったのかと江。黙って江を見つめる淀殿。無言のまま立ち去る江。)

(呼び止める秀吉。それを遮り、江は徳川に嫁に行く以上、その意味が判らないはずがないと言う淀殿。)

(部屋に帰って、完を抱きしめる江。)

(夜、完の寝顔を見つめる江。そこに現れた三成。)

(三成の用件とは、完を置いていく様に言い出したのは自分だという事でした。何故、その様な事を言い出したのかと詰問する江。利休や秀次を追い詰めたのと同じ事かと追求する江に、そんな自分の言う事を淀殿は受け入れてくれた、完を置いていけと言ったのは相当な覚悟があっての事、それを知って欲しかったのだと三成。その様子を見て、もしやと言い出す江。)

(そこに現れた淀殿。淀殿に命じられ、下がる三成。)

(淀殿の気持ちが判らなくなったと江。家康に請われていくとは、これ以上の縁は無い、。それを断って欲しくないのだと淀殿。ならば完を連れて行くと江。)

(完は置いていかなければならない、それは完のためだと淀殿。徳川と豊臣がいつ争うか判らない、その時豊臣の姫として辛い目に遭うのは完だと淀殿。まさかと江。そんな世の中を見てきたのが自分たちではないかと淀殿。決心の付かない江に、よく考えてみよと淀殿。)

(嫁入りの日。欄干に風車が無いのを見て、異変を感じる完。母と遊ぶのだと駆け出す完。)

(風車を手に、昨夜を回想する江。淀殿に、自分の子として完を育ててくれるか、守ってくれるかと問い掛ける江。守るともと誓う淀殿。完を置いて行く以上、もう二度と完とは会わないと誓う江。)

(母を求めて走る完。完に黙って出て行く江。見送る淀殿。母を捜し求める完。)

(目の前に現れた淀殿に母の居場所を聞く完。今日から私が母だと言い聞かせる淀殿。叔母上は母ではないと答える完。完を抱きしめる淀殿。母を求めて泣きじゃくる完。輿の中で涙をこらえる江。)

(数日後、徳川屋敷で行われた婚儀。何時になくかしこまって、落ち着かぬ様子の秀忠。三度目ゆえか、落ち着いたものの江。)

(その夜の寝所。型どおりのあいさつをする江。まさかあなたを嫁にするとは思っていなかったと秀忠。最初に言っておきたい事があると言いかける江。三度目の結婚である事かと秀忠。それもあるが6歳年かさである事、娘が居てそれを豊臣に置いてきた事を言い立てる江。娘は連れてくれば良かったのにと簡単に言う秀忠。私は身を切られる思いで置いてきたのだと江。)

(そういう事情で言いかける江に、だから嫁に来たくは無かったと言い足し、正直に行きましょうと言う秀忠。とかくこの世はままならない、しかし目に見えない大きな力が働いているのなら、それに従う事にしたのだと江。ただ流され、漂う葉のごとくですか、それは私と似ていると秀忠。)

(私は自分の信じるままに生きようとした、しかしも何一つ実現しなかった、ならば天の作る流れに自分の意思で乗ろうと決めたのだと江。感心して見せる秀忠。ただ流される訳ではない、あなたとは違うと言い張る江。詰まるところは同じだと思うと秀忠。違うと頑張る江。)

(そこまで言い張るのなら、私の妻になりたいと思うまで待つ事にすると秀忠。困惑する江に、天の流れだか何だか知らないが私の妻にはなりたくないという事だろう、この先私の妻になりたいと思ったら言って下さい、その時私たちは夫婦になろうと言って、さっさと寝てしまう秀忠。とまどう江。急に起き直って、これは勝負だ、先に夫婦になろうと望んだ方が負けだと言ってまた寝てしまう秀忠。憤然として布団を離し、背中を向けて寝る江。)

今回はあまり書く事が無いのですが、淀殿が完を引き取り手元で育てたのは史実にあるとおりです。理由はやはり、江の娘というより豊臣の姫であったという事なのでしょう。淀殿は完を立派に育て上げ、九条関白家に嫁に出していますから、豊臣の母としての勤めはちゃんと果たしたと言えるのでしょうね。

でも、娘と離ればなれにされる母親の気持ちは如何ばかりのものだったのでしょうか。戦国の世ですから今よりもっとドライだった様にも思えるし、親子の情愛はそう変わらないとも思えるし、非情なものであったであろう事だけは確かです。今なら冗談ではないと大騒ぎになる事でしょうね。

面白いのは向井理の演じる秀忠で、およそこれまでの観念とはまるで違った姿で描かれています。と言うより、型どおりでない秀忠を描くのは史上初めてではないのかしらん?まあ、史実の秀忠がどういう姿であったかまでは誰にも判らない訳ですからどう描いても良く、近代的な自我を持った人物としての演出しても良い事にはなります。大河と言うよりほとんどホームドラマですが、向井理の演技は面白く、今後の展開が楽しみな部分ですね。

|

« 比叡山 延暦寺 ~夜間特別拝観 「法灯花」~ | トップページ | 京都・洛中 「京の七夕」が今年も開催されます »

江~姫たちの戦国~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/52356275

この記事へのトラックバック一覧です: 江~姫たちの戦国~29 最悪の夫:

» 江 -姫たちの戦国- 第29回「最悪の夫」 [あしたまにあーな]
前回の終わりに秀吉に、秀忠のもとに嫁ぐように言われて頑なに拒む江ですが、今回はそれが現実になっていくまでの様子を描いています。おそらくこの時代にあって、天下人の命令ともいえる言葉を拒むことなどできないとわかっていても、そんな秀吉に従うこと自体許すことができないという思いが一番強い江。 そんな江の説得に再び登場するのが姉の初でした。この方はいったいどのくらい暇なんでしょうか。何かと江や淀のもとにやってきては何かと世話を焼きます。きっと、これは脚本家のこだわりなのでしょう。市が最後に残した言葉の中で「初... [続きを読む]

受信: 2011.07.31 22:27

« 比叡山 延暦寺 ~夜間特別拝観 「法灯花」~ | トップページ | 京都・洛中 「京の七夕」が今年も開催されます »