« 新選組血風録の風景~胡沙笛を吹く武士 その6~ | トップページ | 江~姫たちの戦国~21 豊臣の妻 »

2011.06.04

京都・洛北 京都皐月事情2011 ~詩仙堂 6.4~

Sisendou1106051

平成23年6月4日の詩仙堂です。今日は庭園の皐月がほぼ見頃となっていました。

Sisendou1106052

座敷から眺めた景色はご覧のとおりで満開とは言えないのですが、全ての木が一度に咲く事はないので、この状態で見頃だと言えるでしょう。これからは順に盛りの木が移って行くので、暫くは見頃が続くものと思われます。

Sisendou1106053

今日一番咲いていたのは鹿威しへと続く階段脇のこの木で、まさに満開でした。

Sisendou1106055

全体としてこの階段付近が一番咲いており、ここで記念写真を撮る人が絶えなかったですね。きっと美しい良い思い出として残る事でしょう。

Sisendou1106056

池の畔ではキショウブが咲いていました。でも、写真に撮るには今ひとつの咲き方だったのですよね。そこで皐月に添える色としてだけ頂いてきました。

Sisendou1106057

これはテッセンで良いのか、それともクレマチスと呼ぶべきなのか。この庭にあるのだから在来種だとは思うのですが、なかなか見分けが付きません。でも、詩仙堂に相応しい深みのある綺麗な花でしたよ。

Sisendou1106058

こちらはシランです。あちこちで見かける花ではありますが、この庭で見るとより美しく感じてしまいますね。

Sisendou11060510

今日はもっと混んでいると覚悟していたのですが、それほどでもなかったです。上に掲げた額縁写真が撮れたくらいですからね。

Sisendou11060511

外国人が少ないからだとも聞きますが、今日は結構あちこちで会ったのですけどね。ただ、確かに中国の方は少なかったかも知れません。

こんな綺麗な景色があるのに、見に来て貰えないのは残念ではありますね。

|

« 新選組血風録の風景~胡沙笛を吹く武士 その6~ | トップページ | 江~姫たちの戦国~21 豊臣の妻 »

京都・洛北」カテゴリの記事

コメント

なおくんさんこんばんは。

いよいよ詩仙堂も見頃ですね!
今年はやっぱり遅れてますね。
私は8日に行く予定なのですが、見頃後半かな…

この時期に額縁写真が撮れるとは驚きました。
外国のかたが少ないとしても…
いつもは縁側最前列に座って絶対動かない人が必ずいるのに。
例年より時期が少し遅いからでしょうか。

私も運良く額縁写真が撮れるといいのですが、
もし撮れなくても下の庭園でいろんな花を見逃さずに愛でたいと思います。

投稿: まきぼう | 2011.06.04 21:16

まきぼうさん、

あまりに天気の悪い日が続いたのでどうかと思っていたのですが、
幸い見頃のサツキと出会う事が出来ました。
私も今年は遅れていると思っていたのですが、
去年と競べるとほぼ同じ程度、一昨年と競べると一週間程度遅いといった感じです。
この花に関しては案外ペースを乱されていないですね。

8日なら十分に見頃だと思いますよ。
今日残念だったのは京鹿の子がまだつぼみだった事で、
上手くすれば丁度咲いているかも知れません。
ただ、花菖蒲が今ひとつだったなあ。

後は天気ですが、今のところ晴れマークになってますね。
まきぼうさんの京都旅行が、良い日和にめぐまれた楽しい旅と成ります様に。

投稿: なおくん | 2011.06.04 21:35

サツキが随分と咲きそろいましたね(*^_^*)

今度のお休みには見頃すぎるかな^^;

投稿: Milk | 2011.06.05 00:53

なおくん こんばんは

皐月きれいですね~
まあるく剪定されているのも何だか愛らしいです。
まるで、大きなマリモの上にヒラヒラと皐月の花びらが舞っているように見えました ^m^
テッセンの紫色もお庭に映えてますね!
私の大好きな花の一つで、実家の庭にも咲くんです。

お座敷から見たお庭の写真を額縁写真と言うのですね!
よくポスターや雑誌で見ますが、そう言えば人が写らないように撮るのは大変ですよね ^_^;

やはり京都と言えども、外国からの観光客は減っているのですか?
北海道は今とても良い季節を迎えているのに、観光客が減少して、閉館するホテルも出てきています。
困ったものですね~

事情があって休んでいたブログを、新たなサイトで少しずつ始めました。
いっぺんに咲き始めた北海道の春の花々を載せていますので、お暇な時に遊びにきてくれたら嬉しいです♪

投稿: mami | 2011.06.05 01:52

Milkさん、

雨続きで今年のさつきはどうなるかと思っていたのですが、
ちゃんと綺麗に咲いてくれました。
盛りはこれからで、今週の木曜日くらいには丁度見頃ではないでしょうか。
右手の木は終わっているかも知れませんが、
左の木がだんだんと咲いてくると思いますよ。

投稿: なおくん | 2011.06.05 13:17

mamiさん、

なるほどマリモですか。さすがは北海道の方ですね。
言われてみれば、そんな風にも見えてきます。

ところで、この花はやはりテッセンで合ってますか。
ぱっと目にはクレマチスと区別が付かなくて、自信が持てなかったのですよ。

この写真の様に、建物の枠を通した写真は額縁写真と呼ばれます。
丁度、絵を飾る額縁をはめた様に見えるでしょう。
和式の庭は座敷の奥に座って眺める様に設計されているところが多く、
それを実践すると額縁写真になるという訳です。
でも詩仙堂の様に拝観者が多いとタイミングが難しく、
そう簡単に撮る事が出来ないのが難点ですね。

京都も観光客が減って困っているとこが多いようです。
早く原発事故が収束して、元に戻って欲しいですね。

ところで、ブログを再開されたのですね。これは嬉しいなあ。
早速遊びに行きますから、待っていて下さい。

投稿: なおくん | 2011.06.05 13:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/51853519

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・洛北 京都皐月事情2011 ~詩仙堂 6.4~:

» 白砂とサツキ(詩仙堂) [京・花壺螺暮]
白砂に浮かぶ花の波かな [続きを読む]

受信: 2011.06.07 20:01

« 新選組血風録の風景~胡沙笛を吹く武士 その6~ | トップページ | 江~姫たちの戦国~21 豊臣の妻 »