« 桜事情2011 ~延暦寺 4.29~ | トップページ | 江~姫たちの戦国~16 関白秀吉 »

2011.05.01

京都・洛東 戒壇めぐりと一初鑑賞会 ~得浄明院~

Tokujyoumyouin1105011

大型連休二日目は、一初を求めて得浄明院を訪れてきました。普段は非公開なのですが、毎年一初が咲くこの季節には一般公開が行われているのです。

Tokujyoumyouin1105012

得浄明院があるのは知恩院の境内のすぐ隣になります。一見すると知恩院の塔頭の様に思ってしまうのですが、この寺は浄土宗ではなく信州善光寺の別院であり、場所が近いというだけで直接の関係は無い様ですね。

Tokujyoumyouin1105013

得浄明院への道すがら、見事な木香薔薇が咲いていました。今年は寒い日が多いため開花が遅れる花が続出する中で、この木香花はペースを守っている様です。丁度花盛りに当たったらしく、とても綺麗な花でしたよ。

Tokujyoumyouin1105015

そして肝心の一初ですが、これがあまり咲いていないのですよ。平野神社ではそこそこ咲いていたので期待していたのですが、全部で10数輪程が咲いていただけでした。ただ、つぼみそのものが無かった昨年に比べると、今年はまだ遅れているだけの様子なので、これから先は期待出来ると思います。

Tokujyoumyouin1105016

今年は特別展として、和紙制作者の山崎吉左衛門さんと折師の山根一城氏による壇紙の展示が行われています。残念ながら私は見る事が出来なかったのですが、折形の実演も行われている様でした。

Tokujyoumyouin1105017

ややこしいのは、この一初鑑賞会とは別に古文化特別公開展が開かれている事で、受付が二つに分かれてはいるものの、事情を知らずに来た人は、きっととまどう事でしょうね。特別公開では作者不詳の孔雀の屏風や開山ゆかりの人形等を見る事が出来ますが、わざわざ見に行くほどでも無い様な。

戒壇めぐりは例年通り行われています。何度体験しても、何も見えない暗闇には慣れる事がないですね。それだけに、最後に錠前を見つけた時は嬉しくなりますよ。それだけに御利益も大きい様な気がしますと言ったら、罰が当たるかな。

(写真は知恩院の塔頭で咲いていた霧島ツツジです。この花も気候に振り回されずに咲いていますね。こうなると、曼殊院の花がどうなっているかが気になります。)

|

« 桜事情2011 ~延暦寺 4.29~ | トップページ | 江~姫たちの戦国~16 関白秀吉 »

京都・洛東」カテゴリの記事

コメント

昨年の得浄妙院の一初は淋しかったですからね^^;
今年は特別展で紹介されていたので
どうしようか迷っているところですヾ(^^;

投稿: Milk | 2011.05.02 00:50

Milkさん、

昨年程では無いにせよ、今年も花は遅れています。
行かれるのなら、なるべく会期遅くが良いでしょう。

特別展ですが、折形に興味が有るのなら楽しめると思いますよ。

また、特別公開の方ですが、孔雀図は確かに鮮やかだったけれど、
特別と言う程のものかは判りません。
他の場所に比べると、ちょっと物足りないという気がしましたね。
まあ、私の見る目が無いだけかも知れませんが。

投稿: なおくん | 2011.05.02 22:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/51536886

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・洛東 戒壇めぐりと一初鑑賞会 ~得浄明院~:

« 桜事情2011 ~延暦寺 4.29~ | トップページ | 江~姫たちの戦国~16 関白秀吉 »