« 京都桜事情2011 ~洛東 4.10~ | トップページ | 京都・洛東 京都桜事情2011 ~岡崎界隈 4.7~ »

2011.04.10

江~姫たちの戦国~13 花嫁の決意

(秀吉から嫁入りを命じられ、困惑する江達。)

(江の嫁入りについて、秀吉を詰問するおね。そこにやって来た江姉妹。彼女たちとおねに責められ、江の嫁入りについての説明を始める秀吉。江の相手は尾張大野城の城主、佐治一成でした。その名を聞いて驚く茶々。佐治家には、市の方の姉、お犬の方が嫁いでいたのです。つまり、一成は江の従兄弟にあたる人物なのでした。一成は織田家御一門格の中では筆頭にあたると説く秀吉。)

佐治一成はドラマで説明があったとおり、江の従兄弟にあたる人物でした。大野城は知多半島の中程にあり、佐治家は伊勢湾の水軍を握っていたのです。この時点では信雄の家臣であり、領地も5万石程度しかなかったのですが、かつては尾張の有力勢力の一つであり、信長がその懐柔策として妹のお犬の方を嫁がせている事からもその位置付けの程が窺えます。一成はそのお犬の方の息子という訳ですね。

ちなみにお犬の方は、夫である佐治信方が戦死した事を機に織田家に引き取られ、改めて細川昭元という大名の下に再嫁させられています。一成は父を失うと共に母とも引き離されて育ったという事になりますね。江紀行で似たもの同士と言っていたのは、このあたりの事情があるからです。

ただ、江を佐治家に嫁がせたいと言い出したのは信雄の方だとする説もあります。つまり、佐治家と織田家の繋がりを強化したいという思惑からですね。秀吉はそれを承知で同意し、信雄に恩を売ると共に、あわよくば一成の寝返りを期待したとも言われます。この説の方が、私的には納得が行く気がしますけどね。

(さらに、信長が夢枕に立ったと猿芝居を始める秀吉。その様子をあきれて見ているおね。信長は、信雄と仲良くせよ、戦はするなと秀吉に頼んだと言うのです。いくさとは、と聞く江達。秀吉に代わって、信雄が徳川家と手を組み、秀吉を攻めようとしているという噂があると説明するおね。だとすれば信雄を討たなければならないと秀吉。)

(そんな事になれば、織田家が滅びてしまうと驚く江。そこです、と畳みかける秀吉。一成は信雄の家臣である、江が嫁ぐ事によって戦を防ぐ事が出来るかもしれないと説く秀吉。さらには残された者達が手を携えて、織田家を盛り立てて行って欲しいと信長が望んでいたのかも知れない、猿、織田家を頼むぞと言われた様な気がすると秀吉。)

(秀吉の言葉を真に受けた様子の江。醒めた様子で聞いている茶々。彼女はなぜ末娘の江なのか、嫁に行くなら長女の自分が行くと言い出します。それではと口ごもる秀吉。自分が邪魔なのだと立ち上がる江。その姿に信長の面影を見る秀吉。江は嫁には出さないと言い捨てて去る茶々。後に従う初と江。)

三姉妹の中で、なぜ江から嫁がされたのかについては、その理由は判っていません。茶々は秀吉が手元に置きたいと考えていたとしても、初から先にと考えるのが普通ですからね。何とも説明の付けようが無いところではあります。

なお、言うまでもない事ですが、ドラマの展開はほとんどが創作です。

(山崎城。江の嫁入りを名案だと褒める官兵衛。一成は伊勢湾では最も有力な水軍を担っており、もしこれが味方に付けば俄然有利になるのでした。また、寝返るまでには至らなくても、信雄陣営の内幕を探る事が可能となるはずです。官兵衛に合戦の支度を進めよと命ずる秀吉。)

(何とか江に嫁入りを納得させなければと考える秀吉。そこに乗り込んできたおね。彼女は、江を戦の道具にしようとする夫を責めますが、もくろみの無い縁談など無いと嘯く秀吉。いきりたつおねを尻目に、佐治家に使者を立てよと三成に命ずる秀吉。末娘の江を姉たちが引き離すなど可哀想ではないかと迫るおね。姉妹でもいつかは別れが来る、自分のやる事に口を挟むな、そもそもお前は女房ではないかと言い捨てて去る秀吉。)

(雪の降る安土城。猿の言った事など気にするなと茶々。戦は避けなければと江。婚儀とは別だと茶々。)

(浜松城。江の縁談を家康に知らせる信雄。秀吉は佐治の水軍が欲しいのだろうとその狙いを見抜いている様子です。その上で、江の縁談には反対しないと言い、決して寝返りなどはさせないと言い切る信雄。逆らわずに聞いている家康。)

(かつて、秀吉に食ってかかった江の姿を思い出し、江を嫁に出そうとする理由が判らなくもないとつぶやく家康。)

(安土城。寝支度わしている茶々達。秀吉は何も言って来ない、きっばり断ったのが効いたのだろうかと初。その一方で、戦は嫌だとも言う初。それをたしなめる茶々。黙って窓から雪の降る外を見ている江。)

(眠れぬまま、母や姉の言葉を思い出している江。)

(山崎城。佐治家が承知したとい知らせに喜ぶ秀吉。そこにやって来たおね。彼女は突然離縁して呉れと迫ります。驚いて引き留める秀吉。掴まれた着物を振り回すおね。もんどり打て転がる秀吉。そこに現れた江。彼女は安土から馬を飛ばしてやって来たのでした。)

(秀吉に話があると切り出す江。信長が夢枕に立ったのは本当かと問い質す江。本当だと白を切る秀吉。辛そうに横で効いているおね。戦を止めよと言ったのも本当かと聞く江。嘘偽りはないと答える秀吉。織田家を再び盛り返すと言うのはと質す江。一身をなげうつ覚悟と返答する秀吉。あきれた様子のおね。)

(嫁に行く事に決めたと言う江。秀吉の言う事など聞かなくても良いとおね。自分で決めた事と答えるおね。喜ぶ秀吉。ただ、願い事があると切り出す江。)

(安土城。江から嫁に行くと聞かされ、驚く茶々と初。自分で決めた事と答える江。引き留める茶々に、一成は従兄弟であり、訳の判らぬ家に嫁ぐよりはずっと良いと笑顔で答える江。)

(宗易に茶を点てて貰っている江。その茶を飲みながら、涙ぐむ江。痛ましげに見つめる宗易。姉たちと別れるのは悲しいが、その前では泣けないと言う江に、ここで存分に泣けばよいと答える宗易。彼女が持っているのは、信長お気に入りの茶碗でした。その茶碗にひび割れを見つける江。本能寺の変があった日に割れてしまったと説明する宗易。その茶碗を嫁入り道具として持って行けと勧める宗易。有り難く頂く江。)

(江の嫁入りの朝。姉たちに別れの挨拶をする江。抱きつく初。別れの品にと櫛を手渡す茶々。江が帰って来る気がしてならないからと、何も渡さない初。最後まで不吉な事をと文句を言う江。私が母の代わりだ、私の居るところがそなたの家だと心得よと言って聞かす茶々。茶々に抱きついて泣き崩れる初。初に寄りかかる江。二人を抱きしめる茶々。)

(初を乗せた輿が旅立ちます。見送る茶々と初。ご息災でとつぶやく江。見送りに出たおね。通り過ぎていく行列。江に付き従うヨシ。)

(江を思いやる初と茶々。その茶々の下におねがやって来ました。おねは、一通の書き付けを示します。それは江が秀吉に書かせたものでした。茶々には決して邪な気持ちを抱かないと一筆書いて欲しいと頼んだのです。その為に嫁に行くのかと確かめるおね。織田家を守りたい気持ちもある、しかし、姉を守ると誓った以上、それを果たしたいのだと答える江。)

(一筆を書き終わった秀吉。それを江に手渡すおね。それを確かめた上で、おねに預ける江。姉たちの行く末を見守って呉れる様、おねに頼む江。承知するおね。平伏する秀吉。)

(書き付けを手に、なぜ止めてくれなかったのかとおねを責める茶々。あの覚悟ではとても無理だったと答えるおね。すぐに連れ戻してくれと迫る茶々。江は覚悟を決めたのだ、茶々もそれを受け取って欲しいと説くおね。)

(全ては夫、秀吉のせい、もはや詫びる言葉も無いと頭を下げるおね。妹の事を思っていたのに、それ以上に気遣われていたと知り、情けない事だと涙ぐむ茶々。)

(大野城に到着した江。新居に着き、はしゃぐ江の一行。窓から海が見え、その向こうに伊勢上野城があると知り、家族で遊んだ日々を思い出す江。これも縁かもしれないとヨシ。母が見守ってくれている様だと江。)

(一成にはいつ会えるのかと聞く江。婚礼までは会えないだろうと答えるよし。その時、客がやってきました。ヨシが出迎えに出ると、それは一成でした。慌てて出迎えの用意をする江。きさくに声を掛け、自分たちは従兄弟同士、織田、佐治両家繁栄のために歩んで行こうと江の肩を抱く一成。はいと笑顔で答える江。)

ドラマでは大人同士にしか見えないのですが、実際には一成はこの時16歳、江は12歳でした。何とも幼い夫婦だったのですね。

(山崎城。信雄が秀吉への内通を疑い、三人の家老を殺してしまった、もはや戦は避けられぬと言う秀吉。ならば江はどうなると迫るおね。一成が寝返ればともかく、どうにも出来ないと答える秀吉。腹立ちまぎれに秀吉を張り飛ばすおね。)

信雄が秀吉に近付いた三家老を斬ったのは史実にあるとおりです。秀吉得意の懐柔策だったのですが、信雄を説得するはずの家老達が斬られた事によって、戦突入は避けられない事態となりました。結果として、江は市の方と似た様な境遇となってしまったのですね。戦国の世の習いとは言え、何とも因果な事ではあります。

(大野城。嫁入り支度に忙しい江達。その江に絵図をもって夫婦の交わりを説明するヨシ。驚いて倒れ込む江。)

|

« 京都桜事情2011 ~洛東 4.10~ | トップページ | 京都・洛東 京都桜事情2011 ~岡崎界隈 4.7~ »

江~姫たちの戦国~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/51354650

この記事へのトラックバック一覧です: 江~姫たちの戦国~13 花嫁の決意:

» 江 -姫たちの戦国- 第13回「花嫁の決意」 [あしたまにあーな]
※先週は、選挙特番の特別時間枠のおかげで、視聴が1週間遅れになりました>< 話は、江の嫁入り問題から始まります。あまりにもわかりやすい展開で、茶々と親しくなりたいにも関わらずそれを邪魔しようとする江のことを煙たがって、外に出したかったのだとわかります。また、江の後ろには今回も信長が登場し、ぐっとにらみつけるのですから安心することなどできないでしょう。豊川悦司も直接自分の場面ではないのに登場回数が積み上がっていきます。 ここからは、徐々に江の気持ちが変わっていく様子を描いています。織田家を守りたいとい... [続きを読む]

受信: 2011.04.16 15:40

« 京都桜事情2011 ~洛東 4.10~ | トップページ | 京都・洛東 京都桜事情2011 ~岡崎界隈 4.7~ »