« 京都・洛北 冬景色2011 ~曼殊院 1.22~ | トップページ | 平成23年(2011年) 今年の恵方は南南東  »

2011.01.28

京都・洛北 冬景色2011 ~常林寺 1.22~

Jyourinji1101271

冬の散歩道、最後に立ち寄ったのは出町柳にある常林寺、秋の萩で知られる寺ですね。

Jyourinji1101272

今の季節は萩がすっかり刈り取られ、がらんとした印象を受けます。まるで違う場所にきてしまった様ですね。この状態になった初めて気付いたのが冒頭の石碑「念ずれば花開く」です。坂村真民さんの詩の一句で、その言葉に共感する人が多いのでしょう、全国に700以上あるそうですね。

Jyourinji1101273

一見殺風景に見える境内でも、ちゃんと花は咲いています。私が見たかったのはこの椿の花。雪中花に似ているけれど違う様でもあり、自信はありません。でも気に入っている花の一つではあります。

Jyourinji1101275

もう一つ、別の椿も咲いていました。獅子咲きと言うのかな、花の中にまた花が幾つもある様な、不思議な咲き方をする椿ですね。

Jyourinji1101276

そして、ここでも山茶花が咲いていました。そこにあるだけでほっとする様な、身近に感じる花ですね。

Jyourinji1101277

ここではロウバイが開花していました。あまり香りがしなかったのは寒すぎたせいでしょうね。それでも町中にあるぶん、修学院よりも季節の針がほんの少し早く進んでいる気がしました。

|

« 京都・洛北 冬景色2011 ~曼殊院 1.22~ | トップページ | 平成23年(2011年) 今年の恵方は南南東  »

京都・洛北」カテゴリの記事

コメント

私も先日、門からすっきりと様変わりした
常林寺さんの境内の写真を撮りました^^;

椿や蝋梅があったのですね。
気がつかなかったわヾ(^^;

投稿: Milk | 2011.01.29 01:05

Milkさん、

確か京さんぽの方にアップされてましたよね。
萩がないと、本当にガランとした印象の境内になってしまいます。
秋の様子を知らない知らない人が見たら、
なんて間の抜けた庭だと思ってしまう事でしょう。

椿は本堂のすぐ近くで咲いています。
ぱっと見、判り難いですよね。

ロウバイは写真の左手の方にあるのだけれど、
まだ咲いてなかったのではないでしょうか。

また今度行かれる時があったら見てきて下さい。
結構綺麗な花ですよ。

投稿: なおくん | 2011.01.29 21:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/50665192

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・洛北 冬景色2011 ~常林寺 1.22~:

« 京都・洛北 冬景色2011 ~曼殊院 1.22~ | トップページ | 平成23年(2011年) 今年の恵方は南南東  »