« 江~姫たちの戦国~3 信長の秘密 | トップページ | 京都・洛北 冬景色2011 ~詩仙堂 1.22~ »

2011.01.24

京都・洛東 第45回 京の冬の旅 ~金戒光明寺~

Kurodani1101241

今年も恒例の京の冬の旅が開催されています。定期観光バスで決められたコースを巡るというのがメインですが、特別公開寺院については一般客でも参観する事が出来ます。今年は大河ドラマ「江」にちなんだコース設定がされており、江の供養塔のある金戒光明寺も特別公開の対象とされています。

Kurodani1101242

実を言えば金戒光明寺の特別公開には以前来た事があり、今回は素通りするつもりでした。ところが案内看板をよく見ると、伊藤若冲の「鶏図屏風」と書かれているではありませんか。これはと思って急遽立ち寄る事にしました。

Kurodani1101243

鶏図屏風は水墨画で描かれた鶏の絵ですが、大胆な構図に魅了されて、見飽きる事がありませんでした。だって、餌をついばむ鶏を頭の方から見た構図なんて、普通有り得ないでしょう?一見して丸っこくてふわふわした毛玉の様な絵が、よく見ると確かに鶏なのですからね。若冲は鶏を実際に飼って観察していたと聞きますけど、確かに余程見慣れた人でなければ思いつかない構図だと思います。尾羽の曲線も見所ですよ。

Kurodani1101245

冒頭の看板に使われている文殊菩薩像は運慶作との伝承があるそうですが、バランスが取れている中にも見る者に迫る迫力があり、緻密な細工とあいまって、とても見応えのある名作です。この文殊菩薩が、秀忠の供養塔とされる三重塔の本尊として祀られていたそうですね。さすがに権勢を極めた将軍のために奉納されただけの事はあると言えるでしょうか。

Kurodani1101246

他にも久保田金僊作の虎の仕掛け絵、信長の天下布武の印鑑が押された書状など、みどころは沢山ありますよ。江の供養塔に立ち寄られる際には、拝観も一緒にされる事をお薦めします。

|

« 江~姫たちの戦国~3 信長の秘密 | トップページ | 京都・洛北 冬景色2011 ~詩仙堂 1.22~ »

京都・洛東」カテゴリの記事

コメント

伊藤若冲の「鶏図屏風」はいつもの鶏図とはタッチの感じがぜんぜん違って面白かったですね(^◇^)
若冲の遊び心が見える楽しい屏風図でした。

しかしあの迷いのない線はなんなんでしょう!

投稿: Milk | 2011.01.25 15:37

Milkさん、

ねえ、面白い絵でしたよね。
説明の合間に人が居なくなった時を見計らって、
しばらくじっと見入っていました。

若冲の人気の理由が判る様な気がします。

投稿: なおくん | 2011.01.25 19:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/50664254

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・洛東 第45回 京の冬の旅 ~金戒光明寺~:

« 江~姫たちの戦国~3 信長の秘密 | トップページ | 京都・洛北 冬景色2011 ~詩仙堂 1.22~ »