« 京都・洛東 知恩院除夜の鐘試し撞き 2010 | トップページ | 京都・洛北 冬景色2010 ~糺の森~ »

2010.12.28

京都・洛東 冬景色2010 ~真如堂~

Sinnyodou1012282

年の瀬を迎え、すっかり元の静けさを取り戻した真如堂です。

Sinnyodou1012281

もみじが散った後には大量の落ち葉が残ります。さすがに乾燥して瑞々しさは無くなっていましたが、まだわずかに色味は残していました。

Sinnyodou1012283

この斜面には銀杏があるので、赤と黄色が混ざり合った独特の色合いになっていたのですね。ちなみに、元気な緑色の葉は彼岸花です。

この落ち葉もこの日の午後には綺麗に片付けられた様でした。

Sinnyodou1012285

本堂の裏には名残のもみじが残っていました。私、このわずかに残った紅葉が好きなのですよ。この初冬(と言う様な寒さではありませんが)の風情がまた真如堂の境内には似合うのです。

Sinnyodou1012286

そして、サンシュユの実も本来の赤い色になりました。苦いせいか、なかなか鳥には食べて貰えない様ですが、それでもいつの間にか消えて無くなるという不思議な実です。

Sinnyodou1012287

不思議と言えば、今年はこんな種を見つけました。なんだかお面の様な形をしていますが、本堂の南側で沢山落ちていたのですよ。正体が判らなかったものですから掲示板で聞いたのですが、オオモクゲンジの種だと判りました。あの黄色い花を咲かせる木の種だったのですね。

枝に付いている時は袋状に包まれているのですが、その中の部分だけがこうして地上に落ちてくる様です。

Sinnyodou1012288

山茶花は今が盛りですね。真如堂のそこかしこで咲いていますが、絵になる花はなかなか無いです。それに痛んだ花が多いのは、鳥に突かれているからなのでしょうか。

Sinnyodou10122810

境内に誰も居なかったせいでしょうか、珍しくミーコがニャア、ニャアと鳴きながら近付いてきました。人恋しかったのか、それとも餌が欲しかったのかな。暫く喉をなでていたのですが、この寒空に猫の暖かさは気持ち良かったですね。

出来ればカイロ代わりに猫を懐に抱いて連れ歩きたいと思ったのですが、そんなに大人しくしてくれるはずはないですよねえ、はい。

|

« 京都・洛東 知恩院除夜の鐘試し撞き 2010 | トップページ | 京都・洛北 冬景色2010 ~糺の森~ »

京都・洛東」カテゴリの記事

コメント

静かな真如堂に戻りましたね(*^_^*)

またボチボチとあの界隈を訪ねてみよう~っと♪

投稿: Milk | 2010.12.28 21:33

Milkさん、

真如堂はいつもの静けさを取り戻しました。
華やかさこそ無いですが、散歩するにはうってつけの季節ですよ。

投稿: なおくん | 2010.12.28 23:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/50411790

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・洛東 冬景色2010 ~真如堂~:

« 京都・洛東 知恩院除夜の鐘試し撞き 2010 | トップページ | 京都・洛北 冬景色2010 ~糺の森~ »