« 龍馬伝 龍馬を殺したのは誰か4 | トップページ | 京都紅葉事情2010 ~洛東 11.21~ »

2010.11.20

京都紅葉事情2010 ~洛北 11.20~

平成22年11月20日の京都の紅葉速報です。今日は鷹峯の四ケ寺と京都府立植物園を回って来ました。どことも見頃になっており、素晴らしい紅葉を堪能する事が出来ましたよ。

1.光悦寺

Kouetuji1011201

参道以外はほぼ今が見頃です。特に光悦垣の周辺が素晴らしい色付きでした。参道は外側はわりあい色付いているのですが、中はまだ緑がほとんどですね。まあ、これは例年通りの進行ですが。

2.圓成寺

光悦寺の向かいにあるお寺ですが、素晴らしい紅葉が見られる事で知られます。ただ、写真撮影が禁止されているせいか、訪れる人はあまり居ないという穴場ですね。今日の紅葉はほぼ見頃と言って良い程度に染まっていました。盛りの一歩手前と言うのが正しいのかも知れません。

3.源光庵

Genkouan1011201

庭園は良い感じで染まっていました。ただオレンジ色が強いので、まだ盛りには至っていない様です。

悟りの窓は奥のもみじが黄色と赤に染まっていて、とても綺麗でしたよ。手前のもみじがまだ色付いていないのが残念でしたが、そこまで欲張るのは贅沢というものですよね。迷いの窓の方のもみじも赤く色付いていましたが、まだほんの少し浅い感じです。

山門内の大もみじはまだ色付き半ばで見頃には至っていません。あと、参道付近は綺麗に色付いていました。

4.常照寺

Jyousyouji1011201

ここも参道以外はほぼ見頃と言って良いでしょう。正確にはやや盛りが過ぎてきた所かも知れません。参道から山門内にかけても色付いているのですが、所々に緑の木が残っているので少し物足りない感じがします。

また、特別拝観の一環として茶席の遺芳庵の内部が公開されており、吉野窓を見る事が出来ますよ。

なお、この2から4にかけては、鷹峯小学校の工事による騒音のせいで、風情が台無しになっていました。地域の子供達のための大切な工事だと言うのは判りますが、せめて秋の連休中くらい静かに出来ないものなのかしらん。観光京都の名が泣くというものですよ。

5.京都府立植物園

Syokubutuen10111201

なから木の森周辺のもみじはほぼ見頃になっています。正確には緑のままの木から盛りの木までが混在しており、6分から7分程度といたところでしょうか。

フウの木は三分程度ですが、雰囲気は出てきていますね。園内で今一番鮮やかなのが銀杏でした。あちこちに散在しているのですが、どの木も今が盛りといった感じでしたよ。あと、ハナノキも綺麗に色付いていました。

北山門のトウカエデはまだ色付き半ばといったところです。大芝生地のヌマスギも色付いていますが、まだ色は浅いですね。一方、正門前のケヤキは、盛りを過ぎてしまっていた様です。

|

« 龍馬伝 龍馬を殺したのは誰か4 | トップページ | 京都紅葉事情2010 ~洛東 11.21~ »

京都・洛北」カテゴリの記事

コメント

光悦垣に源光庵の悟り窓が良い感じになりましたね♪(*^_^*)

投稿: Milk | 2010.11.21 16:31

Milkさん、

ようやく念願が叶って、ピーク時の鷹峯に行く事が出来ました。

源光庵は盛りとまでは行かなかったですが、
あれだけ綺麗な紅葉が見られたのですから満足です。

光悦寺はほぼ最高潮と言って良く、上手くタイミングが合いました。
後は参道の紅葉を見たいけど、これは来年以降ですね。

投稿: なおくん | 2010.11.21 22:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/50080997

この記事へのトラックバック一覧です: 京都紅葉事情2010 ~洛北 11.20~:

« 龍馬伝 龍馬を殺したのは誰か4 | トップページ | 京都紅葉事情2010 ~洛東 11.21~ »