« 京都・洛中 百日紅2010 ~京都御苑 九条池~ | トップページ | 京都・洛東 百日紅2010 ~黒谷~ »

2010.09.03

京都・洛中 百日紅2010 ~拾翠亭~

Shusuitei1009031

拾翠亭は九条家の別邸として建てられたもので、茶会や歌会の場として使われていました。一見して簡素な造りに見えますが、さりげなく凝った演出が随所に施されており、公家好みの優美さを備えていると言えます。

Shusuitei1009032

1階の中心となるのが広間です。10畳の茶室で、正面は広縁を隔てて九条池に面しています。

Shusuitei1009033

その広縁の手前から見た景色です。百日紅が前景になって良い感じですね。一方、冒頭の写真は二階から見た景色で、ここでも百日紅が基調をなしています。

Shusuitei1009035

今度は庭に出てみました。拾翠亭は百日紅に囲まれていると言っても良く、またこの花がよく似合っています。

Shusuitei1009036

池の中央に掛かる反橋が高倉橋です。明治15年に出来たそうですが、途中で改修絵されたために、橋脚は石、橋桁はコンクリート、欄干は木製とハイブリッドな造りになっていますね。この橋脚はかつての三条大橋や五条大橋に使われていたものを転用したものらしく、京都の歴史が染みこんだ橋脚と言えますね。

Shusuitei1009037

百日紅はその名のごとく百日間咲き続けると言われますが、個々の花の寿命は意外と短く、次々に新しい花が開いて来るのでずっと華やかであり続けるのです。ですので、木の下には沢山の花が落ちていますね。

拾翠亭の南側の水路では、落ちたばかりの花が木漏れ日を浴びていました。まるで宙に浮かぶ紅い星であるかの様でしたよ。

|

« 京都・洛中 百日紅2010 ~京都御苑 九条池~ | トップページ | 京都・洛東 百日紅2010 ~黒谷~ »

京都・洛中」カテゴリの記事

コメント

こちらは百日紅のイメージが一番強いですね♪

一度入ってみたいんですが
週末しか公開してないのが残念です。A^^;

投稿: Milk | 2010.09.04 10:34

Milkさん、

ここの公開は基本的に金、土ですね。
ただ、春と秋の御所一般公開の時にはここも一緒に公開されているそうですから、
今年の秋に寄ってみられてはどうですか。

あと、葵祭と時代祭の時にも参観出来るそうです。

投稿: なおくん | 2010.09.04 19:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/49282953

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・洛中 百日紅2010 ~拾翠亭~:

« 京都・洛中 百日紅2010 ~京都御苑 九条池~ | トップページ | 京都・洛東 百日紅2010 ~黒谷~ »