« 京都・洛北 甲子大祭 ~松ヶ崎大黒天~  | トップページ | 龍馬伝38 ~霧島の誓い~ »

2010.09.18

京都・洛北 深泥池

Midoroike1009181

松ヶ崎から山沿いに西へ進み、上賀茂と呼ばれる地域に入ると大きな池が現れます。これが深泥池、氷河期から続くと言われる貴重な水域です。

周囲1540m、面積9.2haの大きさを持つとされますが、見た目半ば陸地化している様に思えます。これは水苔などからなる浮島があるためで、ここに氷河期からの生き残りとされるホロムイソウやミズグモが生息しているのだそうです。

温帯に棲む生物と北方由来の生物が同居するという点で、とても貴重な存在とされる池なのですね。

Midoroike1009182

この日はタヌキモの黄色い花が盛りを迎えていました。小さい花なのですが、水面に沢山並んだ様はなかなか綺麗でしたよ。

このタヌキモは食虫植物なのだそうですね。水中に捕虫嚢があって、ミジンコなどを捕らえて消化吸収しているのだそうです。そして、この様に花を咲かせるのですが、なぜか実は成る事はないのだとか。なんともユニークな植物なのですね。

Midoroike1009183

この池はまたトンボの楽園でもあり、約50種類を見る事が出来るそうです。この日沢山目に付いたのはこの糸トンボの仲間で、様々な種類が飛び交っていました。ただ、一箇所にじっとしている事は少なく、写真を撮るのは大変でしたけどね。

深泥池といえば心霊スポットのイメージが先行し勝ちですが、実は自然の宝庫なのですね。じっくりと時間を掛けて観察すると、きっといろいろなものが見えて来る事でしょうね。

|

« 京都・洛北 甲子大祭 ~松ヶ崎大黒天~  | トップページ | 龍馬伝38 ~霧島の誓い~ »

京都・洛北」カテゴリの記事

コメント

自然の宝庫ということは私にとっては
気をつけないと蚊の餌食になりそうですねA^^;

娘は小学生の時遠足でこちらへ行ってますが
京都通いを始めてから心霊スポットだと知りました。

投稿: Milk | 2010.09.19 15:07

Milkさん、

この日は特に蚊の被害には遭いませんでしたが、
たぶん沢山居る事でしょう。
もし行かれるのなら、防虫スプレーは必須かも知れません。

心霊スポットは、正確には池の周辺の道路や墓場でして、
池そのものではありません。
でも、この雰囲気がそういう話を増幅させるのでしょうね。

せっかくの自然が霞んでしまって残念な気がしています。

投稿: なおくん | 2010.09.20 00:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/49478412

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・洛北 深泥池:

« 京都・洛北 甲子大祭 ~松ヶ崎大黒天~  | トップページ | 龍馬伝38 ~霧島の誓い~ »