« 京都・洛東 六道まいり2010 | トップページ | 京都・洛中 蓮2010 ~相国寺~ »

2010.08.10

京都・洛中 京の七夕 鴨川会場

Kyonotanbata1008101

京都には七夕のイベントが少ないとぼやいていたのですが、嬉しい事に今年から「京の七夕」が始まる事になりました。市内を南北に流れる鴨川と堀川を天の川に見立て、笹に結んだ短冊に書かれた願いを光の演出と共に夜空に届けるという趣旨なのだそうです。

Kyonotanbata1008102

イベント会場は鴨川と堀川の2カ所に別れており、まずは鴨川会場から訪れてみる事にしました。ここでは7日と8日については、以前から行われている鴨川納涼とタイアップ行事となっていました。

Kyonotanbata1008103

メインの行事はほぼ鴨川納涼と同じと言っても良く、七夕飾りがそこかしこに飾られている程度です。来ている人も、あまり七夕を意識していなかったんじゃないかな。

Kyonotanbata1008105

鴨川納涼は各地の物産を扱うブースがずらりと並び、それぞれ熱心に売り込んでいました。その熱気は素晴らしく、お祭りムードにふさわしいものでしたよ。普段はお目に掛かれない名産品も多く、見て歩くだけで楽しい会場ですね。

Kyonotanbata1008106

この巨大なきぐるみはイメージキャラクターの「まゆろう」ですね。生糸を採る繭のイメージなのでしょうけど、何ともユーモラスで良いですね。ただ、前を見る場所が少ないらしく、とても歩き難くそうでした。中の人が気の毒だったな。

Kyonotanbata1008107

七夕独自の行事としては、この友禅流しの実演があります。昭和40年代の初め頃まで続いていた友禅流しは、水質悪化の一因であるとして禁止となり、今は工場内の水路で行われています。今回はイベントの一つとして鴨川で復元されたもので、6人の職人さんがその技を見せてくれました。

環境保全が叫ばれる今日においては復活は無理というものなのでしょうけど、何とも絵になる作業ではあり、日常的に見たいという気もします。

Kyonotanbata1008108

光の演出という部分では、この竹駕籠がメインとなります。中には風鈴が吊されており、りーん、りーんという涼しげな音が鳴り響いていましたよ。この灯りはLEDであり、中には香の匂いのする駕籠もあったらしいのですが、気づかなかったです。

Kyonotanbata10081010

光の演出という意味では、春の花燈路において円山公園で行われている「竹灯り」が、御祓川にも施されています。場所は先斗町歌舞連場の前なのですが、この日はほとんどテントに隠れてしまっており、あまり目立ってなかったですね。あと、対岸の笹飾りもライトアップされており、銀色の帯が出来ていました。

このイベントは15日まであるのですが、鴨川納涼が終わってしまうとかなり寂しくなるのではないかな。友禅流しは13日と14日にも行われますが、その間は竹灯りと灯篭だけですからね、初日がこれだけ賑やかだと落差が激しすぎるのではないかしらん?まあ初めての試みなので、最初から何もかもは上手く行かないでしょうけど。

あと、歌舞練場で行われている舞妓茶屋も面白そうだったのですが、行列が出来ていたので諦めました。会期中に行けたら良いのだけどな。

次は堀川会場に行ってみようと思っています。光の天の川があるそうなのですが、どんな感じなのでしょうね。

|

« 京都・洛東 六道まいり2010 | トップページ | 京都・洛中 蓮2010 ~相国寺~ »

京都・洛中」カテゴリの記事

コメント

竹かごの風鈴を見たかったけれど
10時ごろにはすべて消灯されてました^^;

大阪の天の川イベントを少しだけ見ましたがとても綺麗でした。堀川は川幅が狭い分星が密集して、もっと綺麗なんだろうなぁって思ってますが人の密集度も凄いでしょうね^^;

投稿: Milk | 2010.08.10 21:48

Milkさん、

点灯時間は21時30分までとなっていますね。
私は反対に早く着き過ぎて、時間を潰さなくてはいけませんでした。
まあ、その間にミニコンサートなどで楽しませて頂きましたが。

堀川会場に行けるかどうかは、ちょっと微妙です。
最終日だと、かなり混みそうですしね。
でも、やっぱり見ておきたいし、どうしたものかなあ。

投稿: なおくん | 2010.08.11 20:20

友禅流し、子供の頃よく見ていました、夏はええけど、あの寒い寒い京都の冬の時には、子供心にえらいたいへんやなあと思ってた思い出があります。それで、赤や青などの染料が
流れて鴨川が紫色になって、今とはぜんぜん違う汚い川でした。
このイベントような風情があるものでなく、もっと生々しかった記憶あります。

投稿: タフ | 2010.08.12 17:46

タフさん、

私は鴨川の友禅流しは見た事が無いのですが、
染料で染まった白川を見て驚いた記憶はあります。
確かにあの色に染まる川は嫌ですね。

こんな具合に観光化された姿を見ているが一番良いのかもしれませんね。

投稿: なおくん | 2010.08.12 20:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/49093155

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・洛中 京の七夕 鴨川会場:

» 新しい京都・夏の風物詩「京の七夕」 [極もん底値ブログ]
昨日は、「京の七夕」を見てきました。 「京の七夕」は、旧暦の七夕に合わせて開催される京都の新しい夏のイベント。観光客数が落ち込む五山の送り火前の期間を盛り上げようと、今年から始まりました。堀川と鴨川の2会場でLEDの光による幻想的な演出が楽しめます。…... [続きを読む]

受信: 2010.08.14 03:31

« 京都・洛東 六道まいり2010 | トップページ | 京都・洛中 蓮2010 ~相国寺~ »