« 龍馬伝28 ~武市の夢~ | トップページ | 祇園祭2010 ~鉾建~ »

2010.07.12

祇園祭2010 ~神用水清祓式~

Sinyousui1007121

平成22年7月10日午前10時、祇園祭の行事の一つである御輿洗いに先立ち、神用水清祓式が行われました。

Sinyousui1007122

御輿洗いとは祇園祭の御神輿を鴨川の水で清める儀式であり、そのための水を鴨川から汲み上げる儀式が神用水清祓式です。実は私もこれを見るのは初めてであり、知らない事ばかりでした。

八坂神社を出発した一行は、まず目疾み地蔵で知られる仲源寺を訪れます。おそらくですが、この寺の本尊である地蔵尊は鴨川の氾濫を沈める為に祀られたものである事から、鴨川の水を使うにはお許しが必要という事なのでしょうか。このあたりは、かつての神仏混交の名残が濃厚に残っていますね。

Sinyousui1007123

四条大橋の上には斎竹によって結界が張られています。ちなみに、上流側にも同じように斎竹がしつらえられていました。ここでお祓いの後、神用水と書かれた木桶を使って鴨川の水が汲み上げられるのですが、その様子は動画でご覧下さい。

ちょっとカメラアングルが悪くて、川の中の様子が写ってなかったですね。そのぶん、トップの写真をご覧になって頂く様、お願いします。

それにしても、今はきれいになった鴨川ですが、昭和40年代から50年代にかけては、御輿洗いに使うのも憚られるような汚れた水でした。その頃にも同じ様に儀式は行われていたのだろうけど、相当に抵抗は感じていた事でしょうね。

Sinyousui1007125

水を汲み上げた一行は、今度は宮川町沿いの堤へと場所を移します。ここで神水を祭壇に供え、祝詞が奏上されました。こうして清められた水が、この日の夜に御輿に掛けられ、御輿洗いが行われるのです。

Sinyousui1007126

神水の桶は全部で6個あり、うち3個がこの場所に安置されました。残りの3個はというと、仲源寺に保管されるのですね。

ちなみに、鴨川の中でも四条大橋から松原橋までの間は宮川とも呼ばれるのですが、それはこの行事が元にっなている様ですね。花街の一つである宮川町の名もまた、ここに由来している様です。

Sinyousui1007127

桶の前にはここが聖域である事を示す盛砂が築かれ、さらに大麻が立てられていました。

御輿洗いは7月28日にもう一度行われ、神用水清祓式もまた同じ様に行われます。興味のある方は見に行かれれると良いですよ。

|

« 龍馬伝28 ~武市の夢~ | トップページ | 祇園祭2010 ~鉾建~ »

祇園祭」カテゴリの記事

コメント

祇園祭は奥が深いですね。
山鉾巡行、神幸祭、還幸祭以外の儀式は
あまり知らないので勉強になります(^o^)丿

投稿: Milk | 2010.07.13 11:38

こんにちは、なおくん様

是非とも、昼のこの神事も見たかったのですが。残念でした。
なおくん様の記事にて、楽しみました。
なるほど、仲源寺へも参られるのですね。
なんだか不思議な趣きです。
こういうのも、日本の歴史を濃厚に感じられますね。

ではでは、夜の神輿洗いをトラバさせて頂きます。
なおくん様と共同作業です(嬉)。
うふふ。

投稿: いけこ | 2010.07.13 13:01

Milkさん、

私も京都に住んでいたくせに、
祇園祭に関しては知らない事の方が多いです。
人混みばかりと、敬遠していたからなあ。

今にして思えば、もっと参加しておけば良かったです。

投稿: なおくん | 2010.07.13 21:15

いけこさん、

仲源寺での神事に出会ったのは偶然でして、
八坂神社に向かって行けばどこかで行列にぶつかるだろうと歩き出したとたんに遭遇したのでした。
まるで予想していなかった事なので、ちょっとした驚きでしたよ。
祇園祭はいつまで経っても発見の連続です。

また、トラックバックをありがとうございました。
四条大橋で繰り広げられる御輿洗いの様子が良く判りましたよ。
でも、やっぱり直に見たかったなあ。

投稿: なおくん | 2010.07.13 21:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/48849319

この記事へのトラックバック一覧です: 祇園祭2010 ~神用水清祓式~:

» 祇園祭2010 神輿洗い [東山雑記]
7月10日の土曜日八時からは、祇園祭の神事、神輿洗いが執り行われました。 八坂神社にある3基の神輿の [続きを読む]

受信: 2010.07.13 13:01

« 龍馬伝28 ~武市の夢~ | トップページ | 祇園祭2010 ~鉾建~ »