« 祇園祭2010 山鉾巡行 ~南観音山~ | トップページ | 祇園祭2010 山鉾巡行 ~北観音山~ »

2010.07.31

祇園祭2010 ~疫神社夏越祭~

Nabgosimaturi1007311

平成22年7月31日、祇園祭最後の神事である疫神社夏越祭が行われました。疫神社とは八坂神社の摂社の一つで、祇園祭と縁の深い蘇民将来を祀ります。

Nabgosimaturi1007312

蘇民将来とは「備後風土記」の説話に出てくる人物です。

昔、素戔嗚尊が南海に旅をした時、一夜の宿を求めようとしました。その地で最も富み栄えていたのは巨旦将来でしたが、彼は尊の頼みをすげなく断ってしまいます。一方、巨旦の兄である蘇民将来は貧しかったのですが、尊の願いを聞き入れて宿を貸し、心を込めてもてなして、粟飯をふるまいました。後にこの地に疫病が流行したとき、素戔嗚尊は蘇民将来の子孫には茅の輪をつけて災から免れさせたのですが、その他の者はことごとく死に絶えたのでした。

この故事にちなみ、祇園祭では「蘇民将来子孫也」の護符を身につけて祭りに奉仕するとされています。

Nabgosimaturi1007313

蘇民将来を祀る疫神社において行われる夏越祭は、厄気を祓う神事とされます。いわば、祇園祭の最後の総仕上げと言うわけですね。

神事は午前10時から行われるのですが、これに参加出来るのは祇園祭の関係者とされています。一般の参拝者が参加出来るのはこの神事が終わった後からですね。

Nabgosimaturi1007315

参拝者は、神社の前に設けられた茅輪を潜り、神前に詣でる事になります。これとは別に、千円以上の初穂料を納めればお祓いを受ける事も出来ます。たぶんですが、このお祓いを受けた人には茅野和守が授けられ、さらに粟餅が振る舞われるのではないかな。

Nabgosimaturi1007316

この茅輪は直径が2mと言われる立派なものですが、大きさとしては標準的な物でして、取り立てて言う程ではありません。でも、この丁寧な作り方は他には見あたら無いかも知れませんね。

Nabgosimaturi1007317

境内には沢山の茅が供えられてあり、参拝者は厄除けの印として持ち帰る事が出来ます。どれだけ持って帰るかは自由なのですが、一束を丸ごと持って行く人も多く居ました。私は貰っても扱いに困るので遠慮をしましたが、見ているとこれを縄の様になっている人が多く、最終的には自分で茅輪を作って祀るという事なのでしょうか。

Nabgosimaturi1007318

神事の後の宮司さんの挨拶に、祇園祭はこの行事で終焉を迎えたとあったのですが、舞殿にあった御輿も既に片づけられてられており、境内はすっり仕舞い支度になっていました。祭りの熱気が高ければ高い程、終わった後は寂しく感じられるものですね。

今は祭りの後の感慨に浸っている様な状態ではありますが、祇園祭にはまだまだ知らない部分が多く、また一年後の夏にこの祭を追えたら良いな思っています。

|

« 祇園祭2010 山鉾巡行 ~南観音山~ | トップページ | 祇園祭2010 山鉾巡行 ~北観音山~ »

祇園祭」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、なおくん様

長かった祇園祭も、無事に終了ですね。
何年も祇園祭に寄せてもらっておりますが、毎年、なにかしら新しい発見がございます。
こちらの夏越祓も今年初めて参加しましたが、朝はバタバタしておりましたので、3時頃に茅の輪をくぐらせてもらいました。
一本いただいて帰って、くるくる小さな茅の輪を作って、ただ今、玄関につるしております。

プロフィールのお写真も祇園祭から、大文字に変わりましたね。
今年も御所へお出かけですか?

投稿: いけこ | 2010.08.02 13:44

いけこさん、

東山雑記の写真では茅が沢山ある様に見えたのですが、
実際は午後3時だったのですね。

私は茅の輪にする自信が無かったので、貰うのを止めました。
失敗したからと言って、まさか捨てる訳には行きませんからね。

来年は御輿関係を追ってみたいです。
今年は暑さに負けて、御輿洗いの前に帰ってしまいましたからね。

大文字は、今年はどこに行こうかと考慮中です。
まだ近くでは見た事がない鳥居形や左大文字も面白いかなと思うのですけどね。
もう少し考えてみようと思っています。

投稿: なおくん | 2010.08.02 20:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/49019421

この記事へのトラックバック一覧です: 祇園祭2010 ~疫神社夏越祭~:

« 祇園祭2010 山鉾巡行 ~南観音山~ | トップページ | 祇園祭2010 山鉾巡行 ~北観音山~ »