« 京都・洛北 梅雨の風景 ~上賀茂神社~ | トップページ | 京都・洛東 半夏生の庭2010 ~建仁寺塔頭・両足院~ »

2010.06.23

京都・洛東 梅雨の風景 ~真如堂~

Sinnyodou1006251

6月の真如堂の花と言えば、菩提樹ですね。花そのものは小さくて地味なのですが、木全体を覆うようにして咲き、かつ芳香が素晴らしい事から人気があります。

今年は、つぼみが付くのは早かったのですが、開花までには随分と時間が掛かりました。例年よりも一週間ほど遅い開花だった様ですね。この花も今年の異常気象によって、ペースを狂わされた一つだった様です。

Sinnyodou1006252

待ちに待った開花だったのですが、とにかくミツバチの数が半端ではなく、この下に居ると顔にぶつかって来る程でした。刺されはしないと判っていても、さすがに気持ちの良いものではなかったですね。

この写真を撮ったのが6月19日でしたから、その後の雨でかなり散ってしまったものと思われます。まだ残ってはいるでしょうけど、盛りは既に過ぎてしまったんじゃないかな。

Sinnyodou1006257

そして、もう一つの6月の花が夏椿、通称「沙羅の花」ですね。こちらはほぼ例年通りの開花で、菩提樹と両方を楽しめたのは嬉しい誤算と言うべきなのかも知れません。

この花は咲き出したばかりであり、蕾もまだまだ沢山有りましたので、これから盛りを迎えるものと思われます。

Sinnyodou1006253

真如堂では、紫陽花にも力を入れている様ですね。境内のそこかしこで咲いていますが、特に多いのが鐘楼の周囲です。年々充実して来ており、今年はかなり見応えがある様になってきました。ただ、奥まった場所になるので、その存在を知らない人も多いのではないかな。

Sinnyodou1006255

塔頭の東陽院では、柏葉紫陽花が咲いています。ただ、今年は少し花が小さいような気がしますね。その向こうでほんのり赤く見えるのはシモツケです。ただ、残念ながら既に盛りは過ぎていたので、色だけを頂いて来ました。

Sinnyodou1006256

柏葉紫陽花の向かい側では、ビョウヤナギが鮮やかな花を咲かせていました。この繊細なおしべの線描が素晴らしいですね。

雨のイメージからは遠いけれど、その美しさで憂鬱な気分を忘れさせてくれる貴重な梅雨の花です。

|

« 京都・洛北 梅雨の風景 ~上賀茂神社~ | トップページ | 京都・洛東 半夏生の庭2010 ~建仁寺塔頭・両足院~ »

京都・洛東」カテゴリの記事

コメント

真如堂さんは一年中お花が楽しめるお寺ですね(*^_^*)

本日、今熊観音寺の菩提樹を見てきましたが
お花はまだたくさんついていたんですが
あまり香りがしなかったんですよね。
やはりピークはすぎていたのかな?^^;

投稿: Milk | 2010.06.24 20:37

Milkさん、

真如堂は何時行ってもなにがしかの見所があるという、
有り難い場所です。

今熊観音寺さんにも菩提樹がありましたか。
たぶん、開花時期は真如堂と同じ様なものでしょうから、
雨続きのせいもあってピークが終わってしまったのでしょう。

やはり咲いてすぐの頃が一番香りが良いのでしょうね。

投稿: なおくん | 2010.06.24 22:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/48677471

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・洛東 梅雨の風景 ~真如堂~:

« 京都・洛北 梅雨の風景 ~上賀茂神社~ | トップページ | 京都・洛東 半夏生の庭2010 ~建仁寺塔頭・両足院~ »