« 京都・洛北 梅雨の風景 ~下鴨神社~ | トップページ | 京都・洛東 梅雨の風景 ~真如堂~ »

2010.06.22

京都・洛北 梅雨の風景 ~上賀茂神社~

Kamigamo1006236

下鴨神社から上賀茂神社にやって来ました。この二つの神社は共に賀茂一族の氏神を祀る神社であり、下鴨が親の神、上賀茂が子の神にあたるとされています。

Kamigamo1006231

風そよぐ ならの小川の夕暮れは みそぎぞ夏の しるしなりける   藤原家隆

6月と言えば夏越の祓いですね。上賀茂神社では、既に二の鳥居の内側に茅の輪がしつらえられており、参拝者にお祓いを促していました。この輪を

「みな月の なごしの祓へするひとは ちとせのいのち のぶといふなり」

と心の中で唱えながら、左、右、左の順に3回潜り抜けるのが作法です。

本番は6月30日で、この日は午前10寺から夏越祓の神事、午後8時から人形流しが行われます。

Kamigamo1006233

上賀茂神社に来た目的の一つは、花菖蒲を見る事でした。ところが、橋殿の側にある花菖蒲は、思った程咲いてはいなかったのです。盛りを過ぎたと言うより、二番花が咲く前の端境期だった様ですね。ちょっと残念でしたが、風情だけでもと撮ってきました。

Kamigamo1006232

その橋殿から東側に、ちょっとした山道のような細い道が続いています。あまりここを歩く人は居ないのですが、神さびた風情があって、結構好きな場所になっています。

Kamigamo1006237

その道沿いに流れているのが御手洗川。別名を瀬見の小川とも言い、上賀茂神社の祭神である別雷神を産んだ玉依比売(タマヨリヒメ)が、懐妊の元となった丹塗りの矢を拾った場所だとされています。

Kamigamo1006235

瀬見の小川の南にあるのが「渉渓園」で、4月の第二日曜日に賀茂曲水宴が開かれる場所です。普段は非公開なのですが、花菖蒲の期間限定で一般公開がされていました。私も入ってみたのですが、残念ながらここでも花菖蒲はあまり咲いていなかったのですね。盛りだったら、それなりに風情があったのだけどな。

「渉渓園」の公開は6月30日までで、志納金として300円が必要です。

Kamigamo1006238

上賀茂神社の境内には、檜木が多いですね。針葉樹の新緑というのはあまり話題になりませんが、こうしてみると悪くはないですね。むしろ梅雨時には、この深い緑の方がより映える様な気がします。神域には特にふさわしいのかも知れないですね。

|

« 京都・洛北 梅雨の風景 ~下鴨神社~ | トップページ | 京都・洛東 梅雨の風景 ~真如堂~ »

京都・洛北」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/48677451

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・洛北 梅雨の風景 ~上賀茂神社~:

« 京都・洛北 梅雨の風景 ~下鴨神社~ | トップページ | 京都・洛東 梅雨の風景 ~真如堂~ »