« 京都・洛中 京都梅事情2010 ~北野天満宮 3.13~ | トップページ | 京都桜事情2010 ~洛中・洛東 3.20~ »

2010.03.20

京都・洛北 京都桜事情2010 ~京都府立植物園 3.13~

Syokubutuen1003201

少し古いですが、平成22年3月13日の京都府立植物園で咲いていた桜です。

Syokubutuen1003202

まずは寒緋桜。最も早く咲く桜の一つで、沖縄に多い事で知られますよね。元は寒緋桜と呼んでいたのが、彼岸桜と紛らわしい事から今の呼び名に変わってきたのだとか。

Syokubutuen1003203

遠目に見ると、濃い花色のおかげでとても美しいですね。如何にも南国の青空が似合いそうな花です。

Syokubutuen1003205

次は寒桜。やはり早咲きの桜で、寒緋桜と山桜の自然交配種なのだとか。如何にも桜らしい花の形と、濃いめの花色が美しいですね。花びらが散った花が多いのは盛りが過ぎたと言うよりも、鳥が食い散らしたせいでしょう、だぶん。

Syokubutuen1003206

これはカラミザクラです。漢字で書けば唐実桜で、さくらんぼが成る木ですね。これは有用植物園近くの木ですが、桜園近くにも同じ木があって、そちらは大半が蕾でしたから、今頃は丁度見頃になっているかと思われます。

Syokubutuen1003207

そして、これが東海桜です。唐実桜とコヒガン桜の交配種と言われ、美しい花色と共に香りが楽しめる数少ない桜の一つです。

Syokubutuen1003208

私にとってはこの時期に植物園を訪れる楽しみの一つなのですが、この日はまだ3分咲きといった程度でした。今頃はまさに見頃になっているのではないかな。

京都では既に早咲きの枝垂れ桜が咲き出しており、この三連休の内に見て回ろうと思っています。情報に依れば京都御苑の糸桜や出水の桜が既に見頃になっているとの事ですし、そのレポートは追ってアップしますね。(今日は花灯路に出掛けているので無理。この記事は予約投稿になっています。)

Syokubutuen10032010

最後は桜ではないけれど、あんまり綺麗だったので柳の新緑をアップします。この銅像、まるで春が来たのが嬉しくて、ウキウキと歩いている様に見えません事?


|

« 京都・洛中 京都梅事情2010 ~北野天満宮 3.13~ | トップページ | 京都桜事情2010 ~洛中・洛東 3.20~ »

京都・洛北」カテゴリの記事

コメント

柳の新芽がかんざしのようで素敵です♪

植物園にも行きたいと思いながら
なかなか行く間がありません^^;

投稿: Milk | 2010.03.20 22:35

Milkさん、

柳の新芽が素晴らしく綺麗で、
この銅像のために誂えたかのごとくマッチしていました。

タイミングが無かったのでアップしていませんが、
早春の草花展もなかなか見事でしたよ。

集客のために様々な仕掛けを考えてくれる植物園は、
植物と触れ合う以上に、とても楽しいスポットになってますね。

投稿: なおくん | 2010.03.20 23:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/47829395

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・洛北 京都桜事情2010 ~京都府立植物園 3.13~:

« 京都・洛中 京都梅事情2010 ~北野天満宮 3.13~ | トップページ | 京都桜事情2010 ~洛中・洛東 3.20~ »