« 京都・洛東 東山花灯路2010 ~清水寺から三年坂まで~ | トップページ | 京都桜事情2010 ~洛中・洛東 3.28~ »

2010.03.27

京都桜事情2010 ~洛中・洛東・洛北 3.27~

平成22年3月27日現在の桜情報をテキストベースでお届けします。

今年は咲き始めが早く、特に3月20日の異様なまでの陽気で一気に花開いた桜が多かったのですが、その後続いた長雨によって大半が散ってしまうのではないかと危惧していました。ところが今日回った限りでは、私の心配は杞憂に終わった様ですね。雨と共に真冬並みに冷え込んだ事が桜の開花にブレーキを掛けたらしく、ほとんどのところが見頃を保っていましたよ。これは嬉しい誤算となりました。

1.真如堂

縦皮桜が満開・見頃になっています。20日に二分咲き程度だったのですが、冷たい雨の中をじわじわと咲き進み、一週間掛けて満開となったのですね。薄墨色と言いますか、少し色の濃い、独特の風合いを持った桜ですよ。

次に枝垂れ桜も満開で、見頃を保っていました。ただし、こちらはピークを過ぎてしまったらしく、かなり色抜けをしていますね。見頃と言うにはぎりぎりの所かな。

そして、山門前の桜が綺麗に咲いています。豪華さではここが一番かな。あと、境内の染井吉野は全体として3分咲きといった程度でしょう。

2.本満寺

3月22日には既に満開となっていた枝垂れ桜ですが、依然として見頃を保っていました。さすがに色落ちは激しく、間もなく艶のない白色に変わる事でしょう。でも、4日も続いた雨の中でよくここまで保ったものだと思いますね。

3.相国寺

境内に何本かある染井吉野(または山桜?)が見頃を迎えつつあります。この寺は元々桜の数が少ない上に、花が咲くのが高い木の上部に限られているので、あまり世間には知られていない様です。派手さは無いですが、その代わりに落ち着いた風情がありますよ。

4.妙覚寺

この寺の枝垂れ桜は本満寺とほぼ同時に満開になったのですが、今日現在でも十分に美しい花を愛でる事が出来ます。ここは枝ごとの差が顕著に見られ、3月20日の時点で開花していた枝は色抜けが始まっているのですが、それ以後に開花した枝が、盛りの色を見せていてくれました。

5.本法寺

門前の染井吉野がほぼ満開、境内の染井吉野が3分咲き程度になっています。

6.水火天満宮

奥の枝垂れ桜が、満開・見頃になっています。長雨の影響はほぼ見られず、今年も素晴らしい花色を見せてくれました。

7.千本釈迦堂

阿亀桜がなんとか見頃を保っていました。ピークは既に過ぎていた感じですが、とても豪華な印象を受けましたよ。

8.平野神社

魁桜はまだ満開をキープしていました。この花はさすがに駄目だろうと思っていたのにね、驚きの一言です。色は抜け落ちて真っ白ですけど、それはそれなりに綺麗に見えるものですよ。

境内では陽光が満開でした。また、鳥居の直後にある紅枝垂れ桜が4分から5分咲き程度です。

一方、桜苑では屋台が建ち並んでいて、一気に花見モードに突入しています。ここの染井吉野は5分咲き態度、枝垂れ桜が満開となっていました。

9.上賀茂神社

御所桜が満開・見頃となっています。ただ、厳密には満開とは言い難いのかもしれません。なぜって、ちゃんと開花しておらず、まだ半開きの花が大半を占めているという状態でした。たぶん寒さのせいでしょうけど、これからちゃんと開いてくれるのか、ちっょと気掛かりです。

9.半ら木の道

大半は蕾が膨らんだ状態で、開花はまだこれからという状況でした。ただ、全部で4本の木が満開である事を認めており、全てが同じペースでは無いのが興味深いところです。

|

« 京都・洛東 東山花灯路2010 ~清水寺から三年坂まで~ | トップページ | 京都桜事情2010 ~洛中・洛東 3.28~ »

京都・洛中」カテゴリの記事

コメント

なおくんさん、はじめまして。
いつも拝見しています、まきぼうと申します。

京都の寺社の花や紅葉が大好物で(^^;)
年に3回ほど、千葉から上洛しています。
どこを回ろうかと毎回気象情報とにらめっこして一喜一憂しながら、地元のかたのサイトやブログを参考にさせていただいてるのですが、
特にこちらのブログの情報は、も~びっくりするほど細かく繊細で、京福 じゃない、敬服させられております。
いつも本当にお世話になっております。ありがとうございます。

今季は、先日の連休に上洛しました。
やや中途半端な時期になってしまいましたが、御苑の糸桜と平野神社の魁桜を中心に堪能してきました。
地元のかたには負けてしまいますが、いずれ京都の桜の目利きになれたらいいなぁと思っています(^^;)

またお伺いすると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: まきぼう | 2010.03.27 23:04

なおくん 沢山の情報を教えて頂きまして 有り難うございます。 明日 もう一度 御苑に出かけ 続いて水火天満宮に 移動しようと思っています。 今週は 京都に通いづめの日々になりそうです。train
これで なおくんの様な ステキな写真が撮れれば
最高に嬉しいのですが。 思うばかりで 腕が付いて
無いのが 悩みの種です。 いっぱい失敗をして
経験を積んで いつか気がつけば 良いのが撮れている
私に気づく日を楽しみに 日々頑張っていきます。
また ご指導を宜敷お願い致します。happy01

投稿: yooko | 2010.03.28 12:08

まきぼうさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

連休中ですと、魁桜と糸桜が見頃だった事でしょうね。
さすがに良い場所を選んでおられます。

遠くから来られるのなら、天気や旬の情報は気になるところですね。
その情報収集に私のサイトが少しでもお役に立っているとしたら嬉しい限りです。
週末ごとに京都を走り回っている甲斐があるというものですよ。

コメントは何時でも歓迎していますので、気軽に書き込んで下さい。
これからもよろしくお願いいたします。

投稿: なおくん | 2010.03.28 17:07

yookoさん、

近衛邸跡は今日見てきましたが、既に盛りを過ぎており、
あまりお薦めではありません。
苑内でしたら、ヤマザクラが見事でしたよ。

水火天満宮は、まだ綺麗なままでしょう。
たぶん人も少なく、じっくりと写真を撮る事が出来ますよ。

せっかくですから、近くの妙覚寺と本法寺にも行って下さい。
妙覚寺は少し盛り過ぎになっているかも知れませんが、
本法寺はソメイヨシノが咲き進んでいるはずです。
盛りとは言えないまでも、それなりの景色が見られるはずですよ。

投稿: なおくん | 2010.03.28 17:13

おはようございます、なおくん様

この日は、ほぼ一緒のコースを廻っていたようですね。
逆順でしたら、お目にかかれたのかもしれませんねぇ。残念。
私、半木の道は、対岸からの観察だったので分からなかったのですが、いくつか開花があったのですね。

拙ブログには速報載せておりませんが、雨宝院へも参りました。
桜たちは、まだまだ蕾。
去年は門が修理中でしたが、今年は井戸の奥の建物が修復中のようです。
境内に沢山の足場が運び込まれておりました。
桜までにどうなるのか・・・ですが。
ご近所ですので、また確認して参りますわ。

投稿: いけこ | 2010.03.29 09:37

いけこさん、

東山雑記を見て驚きました。どこかで会ってないかしらんと思ったのですが、
写真の日の当たり加減から察して、どうやら逆順だったらしいと気が付いた次第です。

半木の道は、南の端の3本ばかりの幼木と中程の1本が咲いていました。
ほとんどの木は1輪、2輪という咲き方だったのですけどね。

雨宝院は、週末ごとに門前を通っては中を覗いています。
枝垂れ桜の蕾がわずかに膨らんでいませんでしたか。

ここの八重桜が咲くのが楽しみですね。
ご近所ならではの速報を参考にさせて頂きます。

投稿: なおくん | 2010.03.29 21:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/47924714

この記事へのトラックバック一覧です: 京都桜事情2010 ~洛中・洛東・洛北 3.27~:

« 京都・洛東 東山花灯路2010 ~清水寺から三年坂まで~ | トップページ | 京都桜事情2010 ~洛中・洛東 3.28~ »