« 京都・洛東 東山花灯路2010 ~石塀小路と狐の嫁入り~ | トップページ | 京都・洛中 京都梅事情2010 ~北野天満宮 3.13~ »

2010.03.18

京都・洛東 東山花灯路2010 ~二年坂から八坂の塔~

Higasiyamahanatouro100315181

毎年の事ですが、花灯路の会場を端から端まで一度に回ろうとするとかなり無理があります。やはり混んでいて歩きにくいのと、イベント会場などに足を止めてしまうからですね。ですので、なるべくなら2回に分けて訪れる事をお勧めします。

Higasiyamahanatouro100315182

2回に分けるとしたら、清水寺がポイントとなるでしょうね。ここは行き帰りの時間が掛かる(とにかく混雑する)のと、境内が広いので見て回るだけでも大変だからです。ですので、清水寺をメインに1日、もう一日は円山公園界隈から高台寺辺りまでを見て回るのが良いのではないでしょうか。その分岐点になるのが二年坂かな。

Higasiyamahanatouro100315183

もう一つのポイントは、八坂の塔をどこに入れるかですね。ここは円山から清水までのメインストリートから外れており、1日では回りきれない要因の一つになっています。でも、ここは外せないのですよね。

Higasiyamahanatouro100315185_2

今回は二年坂を通り、三年坂には向かわずに八坂の塔を目がけて下りていきました。やはり、冒頭の景色は見たいものね。

八坂の塔は、パンフレットでは夜間拝観は無しとなっているのですが、この日はお茶の接待と無料拝観が実施されていました。塔の内部には入れませんが、1階にある仏様を拝む事は出来ましたよ。これが毎日なのかは確認出来てないのですけどね。

Higasiyamahanatouro100315186

各地に置かれた生け花もまた、このイベントの見所の一つになっています。ここに展示されていたのは御室流で、鳥が飛び立つ様な生け方が、背後の塔に良くマッチしていました。

Higasiyamahanatouro100315187

八坂庚申堂もまたライトアップされています。どういう訳か、ここはエアポケットみたいに誰も居ない空間になっていました。それにしても、ライトに照らされて浮かび上がった三猿が、なんとも幻想的ですよね。

Higasiyamahanatouro100315188

八坂の塔を下から見上げて、一日目はこれで終了です。次は三連休のうちに清水寺へ行く予定をしています。西方浄土を照らすビームに今年も会えるかな。

|

« 京都・洛東 東山花灯路2010 ~石塀小路と狐の嫁入り~ | トップページ | 京都・洛中 京都梅事情2010 ~北野天満宮 3.13~ »

京都・洛東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/47825721

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・洛東 東山花灯路2010 ~二年坂から八坂の塔~:

« 京都・洛東 東山花灯路2010 ~石塀小路と狐の嫁入り~ | トップページ | 京都・洛中 京都梅事情2010 ~北野天満宮 3.13~ »