« 龍馬伝6 ~松陰はどこだ?~ | トップページ | 京都・洛北 雪のふりたるは2010 ~勝林院~ »

2010.02.08

京都・洛北 雪のふりたるは2010 ~三千院~

Sanzenin1002081

雪の大原で真っ先に目指したのが三千院、それもこの景色を見たいが為でした。冬の京都を代表する景色の一つと言っても良い、雪の往生極楽院ですね。凛とした空気の中に佇む、いかにも山寺らしい風情が素晴らしかったですよ。

Sanzenin1002082

この時期の大原は、秋の観光シーズンとは違って訪れる人も少なめです。この庭も貸し切り状態でした、と言いたいところなのですが、タイミング悪く団体客と重なってしまったのです。もう少し時間がずれていれば本当に静かな庭が楽しめたのですけどね、ちょっと残念でした。

Sanzenin1002083

でも、写真からは厳しい冬の空気が判って貰えるかな。がやがや、ざわざわという雑音は入らないものね。

Sanzenin1002085

境内に出てしまえば雑音も消えて、まさに雪の山寺ですね。厳しい空気に、文字通り身が引き締まる思いがします。

Sanzenin1002086

雪に埋もれたわらべ地蔵です。雪のせいで、顔立ちが判らなくなっていますね。

Sanzenin1002087

こちらのわらべ地蔵は、まるで昔話の笠地蔵の様な佇まいですね。思わず笠を被せて上げたくなるような風情です。

Sanzenin1002088

この日の大原は、雪が積もってもすぐに溶け出すといった具合で、それほど深い積雪にはなりませんでした。しかし、断続的に降り続き、時には吹雪になるといった具合でしたので、雪景色が途絶えるという事はなかったですね。そのあたりが、京都市内との大きな違いかな。

でも、この時点では早くも雪が消えてきたという印象が濃く、せっかくの景色を見逃しては大変と急いで勝林院へと向かいました。以下、明日へと続きます。

|

« 龍馬伝6 ~松陰はどこだ?~ | トップページ | 京都・洛北 雪のふりたるは2010 ~勝林院~ »

京都・洛北」カテゴリの記事

コメント

おはようございます、なおくん様

静謐な白銀の世界、何と清浄なのでしょう。
わらべ地蔵様、仰るとおり、笠地蔵の様。
大原ですと、紫蘇をお礼に持ってきて下さるかしら?
あぁ~、岡山へ帰省してまして、京都の雪を逃してしまいました(泣)。
恐らく、今年はもう市内に雪は無理でしょうからねぇ。トホホ。
なおくん様のお写真で、しっかり堪能させて頂く事に致しますわ。

投稿: いけこ | 2010.02.09 09:25

雪の三千院いいですね~
11日には高校時代の友達と行く予定なのですが
雨の三千院になりそうですA^^;

投稿: Milk | 2010.02.09 09:59

いけこさん、

思わず頭の雪をどけて、笠を被せてあげたくなるでしょう?
御礼は、柴漬けならぬ柴そのものだったりして。
頭に乗せてきたら面白いですね。

京都の雪は3月に降る事が多いですから、
まだ諦めるのは早いですよ。
何と言ってもいけこさんが地元に住んでいるのは強みなのだし、
西陣の雪景色なんていうのも期待してます。

投稿: なおくん | 2010.02.09 20:51

Milkさん、

11日は雨の予想ですね。うーん、大原は寒いですし、
雪に変わらないかな。

まあ雨なら雨で、それなりの風情はありますよ。
お友達となら、足湯に浸かって来るのも良いかも、ですね。

投稿: なおくん | 2010.02.09 20:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/47502593

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・洛北 雪のふりたるは2010 ~三千院~:

« 龍馬伝6 ~松陰はどこだ?~ | トップページ | 京都・洛北 雪のふりたるは2010 ~勝林院~ »