« 京都・洛北 紀元祭2010 ~上賀茂神社~ | トップページ | 龍馬伝7 ~遥かなるヌーヨーカ~  »

2010.02.13

京都・洛北 早春の花2010 ~京都府立植物園 2.11~

Syokubutuen1002131

平成22年2月11日の京都府立植物園です。まだ季節は冬とは言え、2月も中旬になると咲いている花の数も増えてきます。だんだんと春の足音が聞こえて来るかの様ですよ。

この花はセツブンソウ。1月30日に訪れた時はやっと蕾が顔を出したばかりでしたが、この日は花盛りを迎えていました。ちょっとした群落と言って良い程の数が咲いており、まさに今が見頃ですよ。

Syokubutuen1002132

梅林では、早咲きの木がだんだんと咲いてきています。まあ、見頃と言えるのはごく一部なのですが、撮り方によってはあたかも盛りの様に見えなくもありません。

Syokubutuen1002133

白梅も、枝によっては結構咲いていますね。

Syokubutuen1002135

梅林全体としてはまだまだ寂しい状態と言って良いのですが、早春の雰囲気を味わうには丁度良いのかも知れません。

Syokubutuen1002136

こちらはマンサクですね。正確にはシナマンサクかな。ロウバイと同じく、遠目には木全体が黄色く染まって見え、この周りはほんのりと暖かい様な錯覚を覚えます。

Syokubutuen1002137

この日はあいにくの雨。2月に、それも雨の日に植物園を訪れる人はさすがに少なく、ほとんど貸し切りの様な状態でした。いつもなら何人ものカメラマンが狙っているこのスノードロップの周りにも誰も居らず、じっくり撮る事が出来ましたよ。

Syokubutuen1002138

この赤い実が成る木はアリドオシ。その鋭く細いトゲは蟻をも突き通すという意味らしいですが、確かに見るからに鋭利そのもののトゲですね。

センリョウ、マンリョウ、アリドオシ(有り通し)、と3つ並べると縁起の良い植物とされ、正月の生け花に使われるそうですね。別名はイチリョウとも良い、身近にあるとなんだかお金持ちになれそうな気がして来ます。ベランダでも栽培出来るのかしらん?

|

« 京都・洛北 紀元祭2010 ~上賀茂神社~ | トップページ | 龍馬伝7 ~遥かなるヌーヨーカ~  »

京都・洛北」カテゴリの記事

コメント

セツブンソウ見たいと思ってたんですが
今年もまた見送りそう。。。A^^; ヾ(^^;)

投稿: Milk | 2010.02.14 10:12

Milkさん、

セツブンソウの花期は長いですから、今週の木曜日でも十分間に合いますよ。
多分、来週でも良いかも。帰りは地下鉄北山駅がありますから、
京都行きの中に植物園を入れてみてはどうですか。

投稿: なおくん | 2010.02.14 21:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/47557940

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・洛北 早春の花2010 ~京都府立植物園 2.11~:

« 京都・洛北 紀元祭2010 ~上賀茂神社~ | トップページ | 龍馬伝7 ~遥かなるヌーヨーカ~  »