« 京都・洛北 ロウバイ2010 ~京都府立植物園~ | トップページ | 京都・洛西 冬はつとめて2010 ~嵐山・渡月橋~ »

2010.01.22

京都・洛北 早春の花2010 ~京都府立植物園~

Sousyun1001221

それほど雪が降らない京都では、冬景色と言ってまず頭に浮かぶのは、冬枯れの木々の姿ではないでしょうか。中でも私が好きなのは、青空を背景にしたこんな景色ですね。

寒々とはしていますが、不思議と調和の取れたシルエットを見ていると、そこに秘められた生命の躍動を感じたりもします。

Sousyun1001222

その冬枯れの木々の下では、早くも早春を告げる使者が咲き始めていました。雪にその色を分けてあげたというスノードロップですね。この花が雪の中で咲くところをみたいのですが、なかなかそのチャンスは巡ってきません。

Sousyun1001225

その近くではスイセンが咲いていました。早春に多いという黄色の花が鮮やかですね。

ところで、この花を見ると、「新選組!」の一場面を思い出してしまいます。

「新選組を抜け出した山南が、明里を連れて山道を歩いていると、斜面一面にこの花が咲いていました。思わずその花を摘んで山南に差し出す明里。彼女は「菜の花!」と言って花を手渡すのですが、山南は花も葉の形も咲く時期も、何もかも違う、これはスイセンだとにべもありません。菜の花も咲いているよと食い下がる明里に、そんなはずはないと言い切る山南。」

Sousyun1001223

「その山南は壬生の屯所に連れ帰られ、切腹を命じられます。山南に菜の花を見せたい一心の明里は、あたりを駆け回ってひとむらの菜の花を見つけて来ます。死の直前、窓越しに明里からその花を示された山南は、私の負けだと言って、笑って受け取ったのでした。」

菜の花は、この時期確かに咲いていますね。ちょっと意外な感じがしますが、この花期の重なりを上手く取り入れたドラマの見事な演出でした。それにしても、美しくも悲しいシーンでしたねえ。

そんな儚さを湛えたところが、早春の花にはあるのかな。冬独特の斜光線がそんなふうに見せるのかも知れませんね。


|

« 京都・洛北 ロウバイ2010 ~京都府立植物園~ | トップページ | 京都・洛西 冬はつとめて2010 ~嵐山・渡月橋~ »

京都・洛北」カテゴリの記事

コメント

こんばんは! もう菜の花が咲いているのですね!
梅の花まで… びっくりです。
札幌は毎日雪が降り積もり、みんな除雪で筋肉痛になっていますよ ^_^;
京都は本当に絵になる町ですね♪
冬の京都も、なおくんのブログを見ていたら興味がわいてきました。
今日の夕刊に2泊3日京都の旅29800円と超格安ツアーが出ていたので、真剣に考えてしまいました ^m^

投稿: mami | 2010.01.24 00:58

mamiさん、

札幌の雪はさぞかし凄いのでしょうね。
京都は雪景色が無いから寂しいなんて言っていると、罰が中りそうです。

2泊3日で29800円ですか。
今の時期はさすがに見所が少ないので、安くなっているのでしょうね。
でも、ものは考えようで、
人が少ない京都をじっくりと楽しむには、今が一番だと言えます。
もし来られるのなら、ご希望に応じてコースを考えますよ。

投稿: なおくん | 2010.01.24 09:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14874/47346712

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・洛北 早春の花2010 ~京都府立植物園~:

« 京都・洛北 ロウバイ2010 ~京都府立植物園~ | トップページ | 京都・洛西 冬はつとめて2010 ~嵐山・渡月橋~ »